ベジタリアン【菜食】主義が心の健康を保つために超オススメ

steak-353115_960_720

どうも久々の更新になりました。

OGURI鈴木です。しばらく更新をさぼっていたのですが、ちょっと自分がまさに実践していることをシェアしたくなり、本記事を投稿しました。

この記事を読んでほしいのは、主に、肉が大好きで肉ばかり食べている人に見てほしいです。

「で、何がいいたいのよ?」と思う人もいるので、

テーマとしては、ベジタリアンの素晴らしさという点でシェアしていきます。

わたくしOGURIもベジタリアンを実践しているのですが、実践することによって

  • 体調が大幅に改善される
  • イライラがなくなる
  • 首のコリが大幅に軽減された
  • モチベーションがあがる

など、うれしい効果が自分でも実感することができました。

Sponsered Link

ベジタリアン【菜食主義者とは】

「で、そもそもベジタリアンなんてことばすらしらないんだけど」と、言う人もいるかもしれません。

ベジタリアンとは基本的に菜食主義者ということです。菜食を中心に牛や豚などの肉類を一切食べない人と言うことです。

ただし、ベジタリアンには様々な種類があります。肉は一切食べない、動物由来の乳製品も一切とらないという厳格主義もいますし、鶏肉だけは食べているというソフトなベジタリアンなど様々に種類が分かれるわけです。

ベジタリアンの種類を少し紹介しておきます。

ヴィーガン

ベジタリアンを徹底的に実践する人と、認識してもらえばわかりやすいです。ようは動物に由来するものを一切食べない人と言うことです。

肉類はもちろん、卵、乳製品、はちみつなども一切食べないのです。

これは中には宗教上の理由も含まれますが、身に付けるものも革【動物由来となるもの】などは一切付けないという人もいます。

ラクトベジタリアン

ラクトベジタリアンとは、頭文字を大きく表しています。つまり、乳製品のみは摂取するということです。

乳製品は牛乳や、ヨーグルトなどの発酵食品も含みます。

ただし、チーズはチーズでも、牛の胃内容物を材料にして作ったものは、食べません。

オボベジタリアン

オボベジタリアンは、主に、卵だけを食べる人です。鳥の卵から、しゃけやいくらなど、さまざまに由来はするわけですが、基本的には種類は問いません。

ちなみにOGURIは卵はとってよいというオボベジタリアンスタイルを実践しています。

ラクトオボベジタリアン

ラクト【乳製品】+オボ【卵】=ラクトオボベジタリアンと言われるものです。

これは、イメージが付きやすいと思いますが、乳製品と卵を食べる人ということです。ようは肉類は一切食べないけども、卵や乳製品はとっても大丈夫ということです。

もっともカテゴリーが広いベジタリアンと言えそうです。

中には肉を食べるベジタリアンのスタイルもある

「えっ。ベジタリアンって、肉を食べない人のことだよね?肉を食べてたらまったく意味ないじゃん」

と、思われる人もいるでしょう。【ていうか、そうだよね!】

でも、肉を食べるというベジタリアンのスタイルも存在しているわけです。
どういうことかというと、赤いミートは食べず、白いミートは食べるというスタイルなわけです。

赤いミート・・・牛肉や豚肉(基本的に赤色~ピンク色にまとまっていますよね?クジラも身が赤いのでその部類に属するでしょう。

白いミート・・・魚や鶏肉、基本的に白い肉として、認知されています。

ミートを食べるとしても肉の種類を分けて食べるという人もいます。

 

OGURIがベジタリアンを実践した理由

ベジタリアンには様々な種類があるということを紹介してきましたが、OGURIはどうしてベジタリアンを実践しようと思ったのでしょうか?

1,体がだるい

これまで好きな食べ物を聞かれると、「お肉です」と手をあげて答えるぐらいの肉好きでした。もちろん、肉でしっかり出しをとったラーメンなども大好物でした。

しかし、そんな肉をたくさん食べた日、特に焼肉食べ放題とか行った次の日にはとてもじゃないけど身体がだるくてしかたがありませんでした。

ずっとベッドで横になっているということもありました。

2,気分が落ち込む

肉をたくさん食べた日にはそれに伴い気分を必ず落ち込ませている自分がいました。
「なんもしたくないし、なんもやる気が出ない」という風に、何もやる気が起こらなくなってしまうのです。

ブログもしばらく更新をしていませんでしたが、これも肉ばかりたべていてモチベーションが上がらなかったのかもしれません。

3,消化不良が続く

日本人と欧米人は基本的に、腸の長さが違うと言われています。

つまり、日本人は基本的に肉食に向かないと言われています。

肉をたくさん食べていた私は次の日になると必ずお腹が張っていましたし、極度の便秘になったり下痢になってしまったりと、消化不良が続いていました。

こんなことをくつうに感じていたわけですが、ある日、ベジタリアンの情報が入ってきて「これだ」と思い実践してみたわけです。

 

実際に実践してみてのうれしい効果

では実際にベジタリアンを実践してのうれしい効果をシェアしていきたいと思います。

1,体調の大幅の改善

これが一番実感したといえます。

特に朝起きたときに「頑張ろう」と思えるぐらいに体調がいいなと実感しました。

肉を食べていた時は、目が覚めるとだるくてだるくて沼のそこにいるような感覚だったのですが。

ベジタリアンの実践ですっかり好転しました。

2,イライラがなくなる

肉を食べていた時は、なぜだか胸騒ぎがして、何か意にそぐわないことがあるといらいらすることも多かったのですが、菜食に切り替えてからはなぜだか、穏やかになったように思います。

例えると森で音楽を引いている小動物のような感覚です。

3,首のコリが改善される

これは、予想していませんでしたが首のコリが改善されました。

以前は肩こりと一緒に首が痛くて左右にまげれないような状況でしたが、その首のコリが大幅に改善されたのです。

肉は消化に時間がかかるためにお腹の中で腐ると言われているそうです。その毒素を血がダイレクトに吸収するらしいので、その血のゆがみが大幅に改善されてかもしれません。

4,結果として意欲が上がった

上に述べた理由(主に体調面の回復)が功をそうしたのか、心の状態も良くなってきたように感じます。

以前は気分に波があり、ブログの更新も随分怠っていましたが、久々にブログを更新することができていますから(笑)

それぐらいの状態になれるぐらいのモチベーションは上がってきたように感じます。

Sponsered Link

まとめ

お肉を食べていてなんだか体調がすぐれないな。

「なんだかやる気がでないな」と頭を抱えている人は一度肉をやめてみてはいかがでしょうか?

  • 体調が大幅に改善される
  • イライラがなくなる
  • 首のコリが大幅に軽減された
  • モチベーションがあがる

と、言う効果が私には実際にかんじられました!!

 

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!