あなたは暖かい太陽に!子どものしつけで最上級の法則とは?

child-645451_960_720

 

鈴木

OGURI鈴木です!!

現在1児の父親です!!

 

親となった人間にはある義務が生じるよね?

 

あなたにはわかる?

それはこどもをしつけるということだ!

 

しつけは子どもが大きくなり、
社会を飛び出すときに大いに役に立つ。

逆にしつけが不十分であったとして、
非行や犯罪などが起こった時に「あいつの親は何をしていたんだ」

と、

世間から批評される可能性も正直なくはない。

しつけがすべてだとは言わないが、
親ができる子供に対する良いしつけはないだろうか?

 

 

本記事では、親ができる子どものしつけで大切な法則を書く。

子どものしつけで悩んでいる人とか、頭を抱えている親御さんにはぜひ見てもらいたい内容になっている!!

 

まずですね。

しつけで一番大事なことは、
その子が素敵に生きることができるように言葉をかけてあげることだ!

 

それはどういうことか?

詳しく説明していくようにするわ。

 

親の言葉は子どもの生き方を左右する

「言葉をかけるってどういうことですか?OGURIさん?声ならいつもかけていますけど、何か問題がありますか?」

言葉をかけていたとしても「良い言葉をかけるか悪い言葉をかけるか」で、
その子の人生が、変わってくるというわけなんだ!!

 

一番してほしくないしつけとしての
言葉の例をあげておくね。

  • 「本当にあんたは悪いことばかりして」
  • 「いつもいつも片付けをしないのね」
  • 「あんたこのままじゃろくな大人になれないわよ!」

半ばそのように伝えていないだろうか?

そう伝えているお父さんやお母さんは、
超大失敗と思って反省しないといけないね。

 

ラべリング効果を知る

心理学的な考えの中にラべリング効果というものがあるのをあなたはしっているかな?

知らない人のために説明をしておくね!!

 

ラべリング効果というようものは字のごとく、
言葉で相手のレッテルを張るということなんだ。

もちろんレッテルを張られた人は
「私ってそういうことなんだ」と知らずのうちに自覚するから、
レッテルを張られたままの行動をとってしまうんだ!

 

具体的に説明したほうがわかりやすいね!

 

たとえば片づけをしない子供に対して

「あなたは本当に片づけをしない子ね!いいかげんにしなさい!」
と怒ったとする。

 

 

あなたが子どもにそうやって怒ったとしても、
それは
そのまま子どもにレッテルをはっていることにつながるわけ!

 

「あなたは片づけをしない子」→子供にラベルを張っている。

もちろんラベルを張られた子は「自分は片づけをしないんだ」
って無意識に自覚してしまう。

だから余計に片づけをしなくなったり、
逆効果になってしまうわけ!

 

親がかける最悪な言葉

人間時には感情的になってしまうことはあるよね。

感情的になった人間は
思いもよらない言葉を相手にかけてしまう可能性があるわけ!

たとえば

「あんたなんか生まれてこなければよかった!!」

あなたはついつい感情的に言った言葉で、
本当の気持ちではないかもしれない。

でもこれは最悪の言葉が放たれたと思ってもらって、
仕方がないんだ!!

 

最悪のレッテルを子どもに張ったといっていいかもしれない

 

「あんたなんか生まれてこなければよかった」→私は生まれてきてはいけない人間なんだ→人生で自分に自信をもてなくなる→メンタルヘルスに障害が出てしまう。

まさにそんな感じだよね。

これはしつけでもなんでもない。
最悪のレッテルを子どもの張っただけといえるよね。

 

張られた子どもはどんな人生を歩むだろうか?
そう想像してみればいかにつらい言葉を浴びせているか、
わかるだろう。

最良の子どもをしつけるための方法とは

もしここまでよんでくれているのなら、
感のいいあなたならわかっているかもしれないね!!

子どものしつけとして、良いレッテルを子ども貼るということだ!

 

ラべリング効果を良い方向に利用すると考えてもらったらいいね!

 

良いレッテルを子ども張って→自分はこういう人間なんだという自覚をしてもらい、望ましい行動を行ってもらうというこだよね。

全然子どもが片づけをしない子いる

あなたは本当はきれい好きだもんねと日頃から声をかけ続ける。

→「そうなんだ僕はきれい好きのの人間なんだと無意識のうちに自覚が芽生え始める

自分から進んで片づけを行う。

怒りっぽく周りの子どもと喧嘩ばかりしている

「本当は喧嘩したくないぐらい穏やかな子なのにね」と言葉をかける

→「そうなんだ!自分は穏やかな人間なんだ!と無意識に自覚を行うようになる

喧嘩を周りの子どもとしなくなる

 

と言葉をかけてあげて、
親が子供に良いレッテルを張ってあげるということが、
子どもしつけの面で一番大事なことなんだ!

 

まとめ

ラべリング効果とは言葉をかけて相手にレッテルをはること。

悪い言葉をかけると悪いレッテルが張られる

→自分は○○な人間なんだ!と無意識に自覚することになり余計に悪い行動が強化される

 

良い言葉をかけ、良いレッテルを張ってあげる

→自分はできるんだと無意識に良いイメージを持ち、良い行動を促すことにつながる

 

親の言葉が子ども人生を作ると思ってもらったらわかりやすいかも!!

鈴木
素敵なレッテルを子どもに張っていこうぜ!

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!