新しい!程よく注視することで不安をとることができるなんて!

little-102283_960_720
鈴木
メンタルへルス専門家のOGURI鈴木です!!
本記事は注視を利用することで、
人生を安定させて不安をとる方法を
説明していくわ!!

 

  • 車の注視と人生を見据えることはよく似ている。
  • 程よい距離を注視することができれば、車は最適な運転ができる。
  • 人生もほどくよく先を見れば、力を抜けてより良い方向へ生きていくことができる。

っていうのを本記事で詳しく説明していくね。

 

ちなみに、注視とは一転をじーっと見つめることだ
よ。
その考えや発想を生かそうというわけ。

 

人生を不安で感じている人には、
ぜひみてほしい内容になっているわ。

 

まず不安を取り除くために
「少し先を見るということ」を注意してほしんだよ!!

 

それで、
大分不安が取れるということなんだ!!

程よく一点を見ることがどれぐらい重要なのか。

それを
詳しく見ていくようにするわ。

Sponsered Link

車を乗っていて感じること

車を運転していると注視は間違いなく行うよね??

その時に、
だいたい教習所の人に怒られることがある。

「もっと近くを見ろ。もっと近くに注意を向けてみろ。」と怒られる。

そう怒られて、今度は近くを見ていると

 

「先のことを見ているのか?もう少し、先のことを見ておけ予測しろ!!」と、

今度は遠くを見ていないことで、
怒られる。

 

「いったいどっちなんだ!!」と
どっちかわからず自分の中で逆切れをしたことがある。

 

車を運転しいくにつれそのことが理解できるようになる

車の教習を始めたときは、「近くを見ろ」といわれ、
近くを見たら「今度は遠くを見ろ。」といわれてしまう。

そんなことを言われるとどっちなんだよ!
と逆切れしていた。

でも、時間を追うにつれてコツが徐々にわかってきたんだ!!

車を運転するときは、遠くでもなく、
近くでもなく、
程よい部分を注視することが大事ということが。

 

程よい距離を注視していると、近くのことも考えるし、遠くのことも考える。

 

車の運転が身についてくると、
程よい距離を見ているだけで、ハンドルを回したり、アクセルを踏んだりして、
自動的におこなっているような感覚になるんだよ。

きっと、

車を運転するあなたもこのことは、
よくわかってくれると思うんだよね。

 

人生と注視は関連性が非常に高い

車の運転での注視が、
人生でもとにかく、
生かされるということなの。

 

あなたはこんなことで不安にならないかな?

今日その場限りに生きていると、
先のことが分からなくなって不安になる。

今度は先のことを考えると、
「将来のことが不安になって仕方がない」というふうにね。

 

近くを見すぎていても、遠くを見すぎていても、
どっちも不安になってしまうというわけ。

 

車の運転と一緒だよね??

人生も車の運転と同じで、
いかに程よい距離を見ていくかが、
大事になってくるんだ。

 

近くを見れば、
先がわからなくなって、不安になる。

逆にはるか未来を考えると、
「不安で不安でしょうらいやっていけるかわからない」という風に

人生も近くを見すぎても遠くを見すぎてもとにかく不安になってしまうわけ。

 

だから、
程よい未来を注視して日々の生活を過ごしていくということが、
あなたが人生を生きる上ですごく大事だし、
程よく力が抜けるということなんだ。

 

どれくらいの期間を注視していきていくべきか?

じゃあどれぐらいが注視するのに、
どれぐらい先を注視すればよいのか?

そこで、

興味深いデーターが見つかったよ。

年収500万円台は、1週間先の目標を設定している人が26.7%、1カ月先の目標を設定している人が24.3%、1年先の目標を設定している人が23.1%と、期間が長くなるほど目標を設定する人が減っていく。一方、2000万円以上は、1週間先が31.2%、1カ月先が30.9%、1年先が37.2%で、短期目標より長期目標を重視している。

PRESHIDENT ONLINEより引用

 

これを見ていると高所得の人は、1年先に目標を立てて仕事しているということだよ。

1年先が人生や、目標を考えるうえで最適な期間といえそうだね。

 

ようは1年先を見据えて人生を生きてみるということが
大事なんだ。

 

3年先とか見ていると、長すぎて不安になってしまう。

 

1週間先を見ていても、
先のことなんてとても考えられることができないから、
その場限りになってしまう可能性が高い。

 

さから、1年後だ!!

 

1年後にはどういう姿になっているか、
どういう自分になっていたいか目標をたてて生きていくといい。

 

そうすれば近くのことや程よい先まで両方見渡すことができるからね。

人生では、1年後先を注視すればいい。

 

そうすれば、
自分の力がぬけてほどよく、
人生に向かってくれるから。

 

程よくということは人生の不安を取り除いてくれるからね。

Sponsered Link

まとめ

車の運転は遠すぎず、
近すぎず程よい距離を見ることで、
最適の運転ができるようになる。

 

人生も同じ。

近くのことを見すぎても、
遠くのことを見すぎても不安はとれないし、
生きづらい。

 

1年先を見据えて動いていくことは非常に大事である。

 

鈴木
1年先に目を向けてみよう。そうすればあなたはより良い人生に向かうことができる。

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!