苛まれるっていったいどういうこと?自分と向き合い不安感を取り除く方法

無題の図形描画 (33)
鈴木
どうも。メンタルへルス専門家のOGURI鈴木です!
よく本を見ると苛まれるという単語を見かけるのですが、その言葉をじーっと見ていて。
「うーん。何となくわかるんだけど、よくわからんとその言葉を使っているなあと感じたわけです。

そこで本記事では苛まれるという意味について徹底検証をしてみました。
苛まれるという意味から自分と向き合い不安を取り除く方法というものも合わせて載せています
この記事を読むことで

 

鈴木

あなたは正しい苛まれるという意味を、導き出すことができる!

自分と向き合い苛まれるという主体を導き出すことによって、メンタルへルスに役立てることができる

と、言う部分で役立ちます!!

Sponsered Link

苛まれるの意味

無題の図形描画 (32)

 

そもそも苛まれるというのはどういう意味なのでしょうか?

苛まれる=責められる、いじめられる苦しく咎められる、追い詰められるという意味合いで使われます。

で、これを見ていてあることに気付いたと思うのですが、受け身の形を示していることがわかります。

そもそも、苛まれるという言葉自体が受け身の意味を、持ちます。
(マ行5段活用)動詞+れる(助動詞)が合わせって受動態の意味を持っています。

したがって、実際に終止形で表すとすれば、苛む=責める,咎める,追い詰めるということになります。

嘖むという表現もありますが、こちらは間違いになります。

 

文や表現で使われる具体的例

typewriter-726965_960_720

で、どうしてこのような言葉が具体的にどのような場面で使われるのかを知りましょう。

良心の呵責に苛まれる→詳しく説明すると、自分の良心が自分のこと追い詰めている

罪悪感に苛まれる→自分の中の罪悪感に咎められている

自分の煩悩に苛まれる→自分の中の欲望や憎しみに追い詰められる

孤独感に苛まれる→一人ぼっちなことが私を追い詰めている

 

このような場面で使われます。

責めると同義語のようであるが、対象者が違う

一見、追い詰めたり、咎めたり、いじめたり、苦しませたりそのような意味合いを考えると、責めるという言葉と同義のように考えられるのかもしれません。

しかし、責めるというのは終止形であり、あくまでも主語が存在していることになります。

彼(主語)が責める

上司(主語)が私を責める

彼女が(主語)彼氏を責める

というふうに、責めるという主体者が存在しています。自動詞という形態であり、人が主体となることでその動詞が成り立っています。

 

一方苛むというのは他動詞で人以外が主体になっている

責めるや悩むなど、人そのものが主体的になる自動詞の形態とは違い、苛むというのは、他動詞と表現されます。

つまり人以外が主体となり、その動詞を成立させているのです。
人以外というのは具体的に表現するとどういうものか?

これは例文でも取り上げましたが、自分自身の中にある感情や思考の部分が主体となっていることがわかります。

 罪悪感  煩悩  良心の呵責
 孤独感  憎しみ
 不安感  嫉妬

これらは、私達の中にある、感情や思考の一部です。
一般的にはネガティブな表現であると捉えられていることが多いでしょう。

私達自身が苛まれる、苦しませられたり、追い詰められているということを考えると、本当に私達自身を苦しめているのは、ほかならぬ私達自身であることを実感できるのでは、ないのでしょうか?
fig-1703626_1280

私たちは、外部の刺激を受けて、例えば上司に怒られたりして憎しみの感情を持ち、一人暮らしをすることで孤独の感情を芽生えさせてしまうので、一見私たちの外の世界に苦しみの原因があるのではないのかと考えます。

しかし、本当に自分を追い詰めたり、いじめたり、咎めたりしているのはほかならぬ自分自身なのかもしれません。

この記事とは別に良心の呵責に苛まれないようにする方法という記事を書きましたのでその記事もぜひ参考にしてみてください。

 

何が自分を追い詰めているのか?その原因を知るためにはまず自身と対話をしなければいけないその原因がわかると、不安や苦しみから解放される

もしあなたがこの世で生きていて、

  • なぜか知らないけどすごく胸がドキドキとして苦しい
  • なぜか知らないけど、追い詰められているような気がする
  • 一人でいて、生きていることが辛い

など、なぜか知らないことに追い詰められていれ、先の見えない道を歩いている、暗闇の世界にいて苦しみ悶えているという気持ちがあったとして。

そういう時は、まず自分の中の何が自分を苦しめているのか、何に苛まれているのかということを、探してみましょう。

人は見えないものに恐怖を感じて身動きできなくなってしまいます。
しかし、そういうものかわかれば、私たちは何とかしようとします。何かしら問題解決を行おうと、前へ進み始めるのです。

とっとこヤギ太郎
もしかしたら苦しみの原因は、自分にあるのかもしれないんですね。
鈴木
そう。だから自分を苦しめているものはまず何か?自分自身と向き合うということが大事なんだ!

Sponsered Link

最後に

私たちの苦しみや追い詰められているような胸騒ぎなど、そのような気持ちを起こしているのは自分自身の心です、そしてその原因を作っているのは、あくまで自分自身であるということです。

苛まれるという意味を考えたとき、あくまでも自分のあり方を考えるのは、自分のとらえ方や心の結果に左右されると深く実感し、本記事をかいたんです。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!