【リニューアル】なよなよ系男子の7つの特徴を見て我がふりなおしちゃえ!

caricature-812270_960_720
あああああああ6ああComic3_001
鈴木
どうもOGULI鈴木です!

最近はあまり見かけなくなりましたが、男性の草食系という言葉が生まれるようになりました。
女性に対して、がつがつ行くのが、肉食系だとしたら、逆を草食系ですね。
今回はなよなよ系男子の7つの特徴という部分を書きました。

  • 「俺ってもしかしたらなよなよしているかもしれないんだよね」という人
  • 「なぜかしらないが、周りの人になよなよしていると言われる」けど、自分でははっきりと原因がわからない!なんとかしてよギャー

っていうような人のために記事を書きました!!
この記事を見ることで
ナヨナヨ系男子ってこんななんや!!って特徴をイメージすることができる
ナヨナヨ系っていう部分を人から指摘されないようになり、自分に自信が持てるようになる

というふうな、効果を得られると期待して書いています!!

 

なよなよ系男子の7つの特徴まとめ

では、具体的に、なよなよ系男子というものは、どのようなものをいうのでしょうか?

  • 1、決断できない
  • 2、腰が重い
  • 3、ぼそぼそしゃべる
  • 4、リーダーシップがない
  • 5、反応がない
  • 6、些細なことで細かい
  • 7、内弁慶

と、これが経験則や調べたことに対する答えなんです!!
具体的に説明をしていきますね★

1、決断できない

ああああ6ああComic3_001

難しく書きましたが、ようは、決められないということです。
もしくは、人に決めてもらおうとするというやつです。たとえば、ファミレスへ行くとします。

そうすれば、メニューをきめるのが、とにかく遅く、デートで行った際に、ぐずぐずしてしまい、女性よりメニューを決めることが遅くなってしまうとかです。

これは優柔不断な反応だといえますね。スパッと決断するべき時であたふたしながら決断しようとすることで、第3者の人からは「ナヨナヨしてる!」と映りがちになってしまいます。

 

2、腰が重い

決断力と被ることがあるのですが、とにかく行動に移すのが面倒というタイプのナヨナヨです。

 

限界まで、行動しない、もしくは行動を全くしないという特徴があります。
そして、いざ行動するべき時がせまり、お尻に火がついてしまうとあたふたとしてしまい、動くどころか周りの人に泣きついてしまうことが多いです(泣

 

 

3、ぼそぼそしゃべる

聞こえるか、聞こえないかのような声で、話をするということです。

これは時にはぼそぼそとしゃべられている人は、何をしゃべっているのかわからず、イライラしてしまうかもしれません。
声の大きさはその人の存在感を表すとも言えますが、ぼそぼそしゃべる人はもしかしたら存在そのものを認識されていないのかもしれません。

声に覇気がなく、さりげなく周囲にきづいてもらうように、ぼそぼそとしゃべる人は、まさにナヨナヨ系男子の特徴であるといえます。

 

4、リーダーシップがない

こころあたりがありませんか?上司がいたとしても指示などを出すことなく、部下が動いてくれるのを勝手にまっているタイプというやつです。

そのようなタイプは、指示を一切言わず、周りに視線を合わせて、周囲の人間に判断をゆだねようとします。

決まりが悪いことに、決まったことに対して、責任を持たないといことがとにかく多い。指示を出さずにしていたことをいいことに「あいつが勝手やったんだよねー。」といい責任を回避しようとします。

「あの人がきえめたから」という決まり文句を旨にことをすすめていき脱出経路を確保しようとしています。

 

5、反応がない

「なあ、あんた話きいてんの」というぐらい、話を聞いていないように、返事をしない人がめちゃくちゃ多いです。

しかもそのタイプは、リアクションを一切見せないことが多いんです。
逆に男らしいととる人もいるかもしれませんがとるべき時にリアクションを取れない人は男らしくないとみられてしまいます。

周りからすれば、無視されていると感じてしまい、その人自身と話すのが嫌になってしまいます。

6、些細なことで細かい

些細なことで細かくなる人もなよなよ系男子の特徴であります。
重箱の隅をつつくという、言葉がありますが、まさにつつくのが大好きなタイプと言えます。

「これ、どうでうでもいいやん。こんなん別に後で、話たらええやん。」というようなことありますよね。しかしナヨナヨ男はそこに全力で力を入れこみます。
結果として肝心なことを見過ごしていることが、本当に多いんです。

そのようなことも、過剰に反応する傾向があります。

後は、ファミレスに女性と入って、数円単位まで割り勘をおこなうという人もいますが、マジであれは、やめたほうがいいです。女性からは完全に嫌われますからね。

7、内弁慶

強いものにはまかれるのに、弱いものにはいばりちらすというのも、なよなよ系の代表といえます。

例えば、会社の上司にはペコペコしてるのに、自分の彼女や、部下にはめちゃくちゃ偉そうというタイプがあります。
上司にはペコペコなのに、部下にはめちゃ偉そうという人は多いですよね。

決断できない腰が重いぼそぼそしゃべるリーダーシップがない反応がない細かい内弁慶

これは、真面目な話をすると弱い自分を隠すために行っていることと言えます。本当は弱いのに、わざと強いようにみせたいので、部下には偉そうなことをしていることが大半なんです。

人前でコミュニケーションをとろう!!

このようになよなよ系男子が問題になるということで、注目してほしいということは、『コミュニケーションエラー』に関する問題がめちゃく多いんです。

本当は適切に伝えたら、上手くその人に考えが伝わるのに、上手く伝える方法を知らないので、人をイライラさせるようなナヨナヨとした態度とってしまい、誤解を受けてしまうケースが本当に多いのです。

つまり、人と人が面と、むかって話をする時間が激減したためと考えられます。

スマホとかの普及で、じーっとみているだけの受け身の体制に代わってしまったために、自分で積極的に働きかけるというスタンスが失われてきてしまっているんじゃないかと考えます。

そのコミュニケーション不足が、現在のなよなよ系男子に反映されているんじゃないでしょうか。

その問題を解決するためにも、日ごろから、身近な人とコミュニケーションをとるんてめちゃくちゃ大事です。

まとめ

では、もう一度これを見ているあなたのためにナヨナヨ系男子の7つの特徴を書いておきますので(笑

  • 1、決断できない
  • 2、腰が重い
  • 3、ぼそぼそしゃべる
  • 4、リーダーシップがない
  • 5、反応がない
  • 6、些細なことで細かい
  • 7、内弁慶
鈴木
と、ぜひこの7つの人からは我がふりを治して、男としての自信を勝ち取ってくださいな!!

そういや、重箱の隅をつつくという内容がこの記事で出てきましたが、細かいことが行き過ぎるといづれ人は完璧主義になってしまいます。そしてその完璧主義ゆえに自分を滅ぼしてしまいます。

その記事はコチラをぜひ参考にしてください。
 

 

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!