「明日仕事だるいな」と感じるあなたへ休み明けの憂鬱を解消する3つの方法

あgあ_001

どうも!メンタルへルス専門家のOGURI鈴木です!

 

この記事では休み明けの憂鬱を解消するための方法について紹介しています

 

「はあー。また明日から仕事か」と特にゴールデンウイーク明けのような、大型連休明けになると必ずと言っていいほど、仕事に行くことが嫌になりませんか?

 

あまりにも仕事に行きたくなさすぎて、その前の前日から既に疲れてしまっているということもありますよね。

今日はそんなあなたのために記事を書きました。

 

この記事を見ることで、休み明けの憂鬱を解消する手がかりになる

と狙いを定めて記事を書いていきますね!

 

ちなみに、土日休み明けの時に猛烈に憂鬱になるブルーマンデー症候群の記事についてはコチラを参考にしてください。

Sponsered Link

連休明けの憂鬱を解消する5つの方法

nude-1419218_1280

では、実際に、連休明けの憂鬱を解消する方法を紹介していきますね!

あなたが気に入った方法を試してみてください!

1,同じく憂鬱な人を励ましてみる

「はあ。俺は憂鬱なんだよ。どうして人を励まさないといけないの」と速攻であなたは考えたかもしれませんが、実はこれはものすごく効果的な方法なんです。

 

その理由として、自分の声を聞くことができるからです。

厳密に言うと、セルフトークと言い換えることができます。

まず想像してみてください。

 

あなたが憂鬱な人を励ますとしたら、どのように励ますでしょうか?

きっとあれこれ考えて、

「大丈夫。また頑張ったら、また休みが来るからさ。それまで頑張ろうよ」とか。

「とりあえず、行けばいいよ。そうしたら知らない間に1日が終わっているらさ」とか。

あれこれ考えて、アドバイスするでしょう?

人を励ますことによって知らない間に、考えた解決策が自分のためにもなるんです。

実際に、自分の中で考えた発する言葉は自分の憂鬱な心そのものを解決してくれる手がかりになります。

自己暗示と思ってください。

人から「こうしなさい」と言われても「うーん」って感じでなかなか聞く気にもならないですよね。

人を励ますために自分で考えた言葉があなたそのものの気持ちを励ましてしまうのです。

 

休み明けが嫌な人はどこにでもいますから、あなたの周りの人に声をかけてさっさと励ましてしまいましょう。

 

2,仕事の前日に体を動かしておく

1日中布団に入っていてテレビをごろごろと見ていて、気づいたら夕方だった。

夜はポテトチップスをバリバリと食べながら、朝方までゲームをして過ごしている。そして今から寝る(笑

そんなあなたにオススメしたい方法です。

休日そのような生活を送っていると、当然心も沈んでくる可能性が非常に高いです。

体もなまっているから、心も同じくなまっているからなんです。

運動をして汗をかくと、ストレスに反応する“ノルアドレナリン”と呼ばれる脳内物質が活性化され、ストレスを軽減させます。また、運動中には“エンドルフィン”や“ドーパミン”と呼ばれる、快感をもたらす脳内物質も活性化されるため、幸福感やモチベーションの向上にも繋がります。

MEns HOLOSより引用

実際に動くことによって、ノルアドレナリンなどの脳内物質が分泌されて、ストレスに強い心になります。

 

なまった体も動かすことによって、元の体力に近づけることができます。

 

3,仕事の日に実際にやることを想定しておく

大型連休は、あなたを仕事の日常から離れさせてくれます。

しかし、言い方を変えるとあなたは仕事を離れている分、そのことを少しずつ記憶から遠ざけている状態と言えます。

 

憂鬱の原因として「ああ。明日から仕事か。そういえば仕事って久しぶりだな。久しぶりすぎてどう動けばいいかなかなか思い出せないな」と考えることも一つです。

 

その対策として、明日取り掛かる仕事を、しっかり想定しておくということがめちゃくちゃに大事です。

明日仕事に行ってから、何の仕事にとりかかり、何を何時までに終わらせる。

と、主にルーチン的な仕事を想定し見ましょう。

長らく離れていた仕事への心の準備にもなります。

 

私が特にお勧めしたいことは、次の日に、朝起きて速攻に動けるようにするために衣類や、仕事の荷物を準備しておくということです。

 

事前に準備しておくことで心の余裕にもつながりますよ。

 

4,休み明けはとりあえず会社に行けばよいという心構で臨む

「あー。明日から休み明けだわ。全力で働かないと」とまるでこれまでの連休分の遅れを取り戻そうと気合を入れようとして既に疲れていませんか?

 

まずは、仕事に行くだけでいいという意識で十分です。

10人中9人は休み明けは仕事の感が鈍ったりすることはあたりまえです。

いきなりフルパワーで仕事をしようとしてもできない人がほぼ大半ですよ。

もちろん私もできませんし。

まずは、とりあえず、仕事に行ってみるという心構で十分です。

ぶっちゃけ、仕事場に行ってしまえば、ある程度は、頭が回転し始めます。

 

5,みんな憂鬱な気持ちなんだとい心を楽にしておく

「休み明けで死ぬほど仕事に行きたくない」って考えている人は、当然あなただけではないんです。

人間悩んでいるとまるで「自分だけが苦しみのそこにいる」と考えこんでしまうものです。

しかし、あなたには仲間います。

おそらく休み明けで憂鬱になる人は、ほぼ100%近くの人が思うでしょう。

そう。あなたの周りには何千万人という人が同じ気持ちになっているのです。

そう。あなたは一人ではない。

そう考えるとなんか楽な気持ちになってきませんか?

みんな同じ気持ちなんです。ですから、「みんなおんなじなんだ」と考えて気を楽にしておきましょう。

 

番外編/休み明けに憂鬱にならないための休日の過ごし方

あaaa_001

休み明けの憂鬱の解消について紹介してきましたが、ぶっちゃけ休みそのものの過ごし方で随分とモチベーションは変わってくるんです。

 

番外編として憂鬱にならないための休日の過ごし方について紹介しておきます。

1,休日に食べまくらない

ついつい大型連休の最中に「よっしゃあ。思いっきり飲むぞ。めちゃくちゃに食い散らかしたるわ」と暴飲暴食をしていないでしょうか?

 

その時は楽しいかもしれませんが、めちゃくちゃ体にダメージを与えるでしょう。

人間消化をするのにものすごくエネルギーを使います。

そう、消化不良の疲れはそのまま連休明けの疲れになってしまいます。

「なんか体がだるい」そう感じているあなたなもしかしたら食べ過ぎによるものかもしれません。

ほどほどに食事は楽しみましょう。

 

2,生活リズムはなるべく崩さないように

夜はずっとゲームをして朝方に寝てよる前に起きる。

そんな生活をしていたら、リズムは大きく崩れ、日常の生活リズムにもどすのがものすごく大変です。

仕事の前日は夜型生活のためにあまり眠れずといったこともあります。

なるべく規則正しい時間の休日を過ごすようにしましょう。

 

3,仕事を全力で頑張るために休みを過ごすという意識を持つ

まるで休みを「仕事という監獄から一時釈放された」かのように考えている人がいます。

そのように考えると「ああ。また服役に戻らないといけない」というような気持ちになってしまいます。

 

休みが徐々に少なくなっていくことで、仕事の現実が表れていけばいくほど、悲しい気持ちになるのは簡単に想像できますね。

そこで、仕事を頑張るために全力で休むんだという意識をすり替えてみてください。

そうすることで、休みは全力で休めますし「よし明日から頑張るぞ」って気合を入れることにもつながります。

Sponsered Link

まとめ

まとめ_001

休み明けの憂鬱を解消する方法として

1,同じく悩んでいる人を励ましてみる

2,仕事の前日に体を動かしておく

3,実際に仕事に行ったときの業務を想定しておく

4,休み明けはとりあえず、仕事に行けばよいという気持ちでいい

5,みんな同じ気持ちなんだと心を楽にしておく

です!

この調子で大型連休の憂鬱なんて乗り切っちゃいましょう。

最後までよんでいただきありがとうございました!

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!