「また達成できなかった」と悩むあなたへ今年の目標(仕事)を達成するためのストラテジーとは

dog-190056_960_720

どうもメンタルヘルス専門家のOGURIスズキです。

私たちは日常生活の中でかかせないものが仕事になります。

その仕事をどのように行うか、そして受ける影響を受け取るかで私たちの人生は大きく変わってくることになるのです。

さすがに人生の大半を占める仕事はぜひ充実させたいものです。

そして、仕事が充実し、自分の思い通りにこなせるようになると、自分のメンタルヘルスにもとてつもない力を発揮させます

仕事がうまくいっているというきっかけを持つことで「俺は仕事がうまくいっているんだから」という思いを持ち余裕を持ち、どんと構えていられるようになります。

特に今は大みそかですから、、「来年こそは」と心にあつい炎を燃やしている人もいるかと思います。

では、どうすれば自分の仕事を思う通りにでき充実させることができるのか?
本記事では

  • 仕事がただのルーチン業務になってしまっている。
  • 仕事は生活の糧というだけで他に意味を見出すことはできない
  • 仕事が苦痛で仕方がないという人に
    ぜひ見てもらいたい内容になっています

 

まず結論を話しますが

  • 仕事において目標を持つこと
  • その目標の達成の願望を一生懸命考える

と、この2点を行うことで仕事の目標を達成したり充実させたりすることができるようになります。

目標を立てるという部分は、大半の人がしていると思うんです。しかし、目標を立てるだけでは、なかなかうまくいかないわけです。きづいたら1年過ぎた後に目標だけが残っていた。そんな経験もあるのではないのでしょうか?

目標は立てるだけでなく、立ててからどうするべきかということを念頭においていかなければいけません。
とにかくデザインして潜在意識の中にしっかりと組み込んでいくということが大事になります。

自分の目標が着実に進んでいる。そういった実感があなたの中の自信を作り、メンタルヘルスにも良い影響を及ぼすということがわかります。

Sponsered Link

まずは目標を持つこと、それが出発点である

まずは目標をしっかりもつということ。それがすごく大事です。

仕事をしていれば、「将来ああなりたい」とか、もっと出世したいとかいろいろ思うところがあるはずです。
まずは、その仕事の目標や願望を具体化していくということがとにかく大事になります。

「なんとなくこんなふうになりたいな」と思っている場合は、それは具体化できているとは言えません。
例えば「よし。1年で10万円の副収入を作るぞ」というような目標では、具体化されているとは言えないわけです。

目標はカテゴリー分けをしておき整理をしておくようにする

例えばあなたが、仕事で売り上げ10万円を達成したいという目標を持ったとします。
そういった場合は、目標の裏側に何が支えられているのかということを知る必要があります。

ひとつのカテゴリだけに集中しているのはあまり良いとは言えません。誰の人生も仕事だけ、趣味だけで構成されているはずがなくて、バランスがとれてこそ一人の人間と言えるからです

キャリアパークより引用

仕事で目標に達成するのに、あなたには何が必要でしょうか?
例えば程よい睡眠が必要になってくるのでしょうか?もちろん1日10時間以上寝ていると売り上げは上がらない可能性の方が多いでしょう。一切寝ないというパフォーマンスのようなことも、とてもじゃありませんができませんよね。

10万円上げるには、どうすればよいか?それには情報を仕入れる必要性もあるでしょう。
情報を仕入れるためには何が必要か?それには専門書を複数に読まないといけないのかもしれません。
では、趣味の時間配置なども考えなければいけません。

このように、漠然と10万円稼ぐ!という目標だけではとてもじゃないですが、具体化できていませんので、そこの目標を支えているカテゴリーの部分は何かということを見極め、そのカテゴリーに沿った目標というものをしっかり立てていくということが大事です。

健康,趣味,食生活などいろんな要素がからみあい、人間の人生というものはできているので、わけていくことが大事です。

主体的、かつ具体的な目標を構築することで、あなたの人生そのものが主体的になっていきます。仕事の舵取りもあなたがしていることになるのです。

目標を立ててただ漠然と生きていると

  • 給料のために仕事をしている
  • 会社のために仕事をしている
  • 人に怒られないようにするために仕事をしている

そんなふうに自分ではない、ほかのために生きることになってしまいます。

 

目標や願望が決まればそれをイメージするようにする

「よっしゃあ将来やりたいことがイメージできたで!そうしたら、どうしたらええんやろうか?それを思うだけで願い事がかなうんやろうか?」

と、目標や願望を設定していたもののそれをそのまま放置していては願い事はかなうはずはありません。
目標を立てればふかくあなたの頭の中に組み込んでいくということがとにかく大事です。

次にやるべきステップで大事なことはその目標や願望を強く強く願い続けるということです。
そうすることで私たちの意識とは違う別の部分。

つまり潜在意識の中に強く入ってくることになります。
この潜在意識の刷り込みは1日だけ思い続けるだけでは、効果はありません。

なぜならば、人間は良いにも悪いにも、自分のことは忘れるようにで着ているからです。
毎日。毎日いろんな工夫の中で頭に刷り込んでいくということがとにかく大事です。

自転車に乗るときのことを思い出してほしいのですが、最初は自転車に乗るためにはめちゃくちゃ頭を使って考えたはずです。

そしていつからかわからないけ特に意識することなく自転車に乗ることができている。これは考えるという習慣を落とし込んだ結果自動装置のように潜在意識が動き出したということになります。

ですから、何か仕事で達成したい目標や、願望をイメージし続けて考えてみましょう。

目標を紙に記載することも有効

目標を紙に書いて記載するということも大事です。
なぜならば、頭の中で作った目標というものは、忘れますし、記憶そのものが曖昧になってしまうからです。
そうなると、目標を思い出すということすらできなくなってしまいます。
紙を書いてどこか目のつくところに貼っておくようにしましょう。

そうすることで目標のかっこたる物的な証拠ができるのです。
毎日眺めてそれを思い出すことで、より自分の中に目標を刷り込むことができるようになります。

紙に起こした目標を何か人に話してみる

さあ。あなたは仕事の目標を立てて、具体的にカテゴリーの中で目標を分けて、紙に書いて、自分の中で毎朝見るようになりました!

「よしこれで大丈夫だ!」

と、まだもう一息。

あなたの目標を誰か大切な人や周りの人に宣言してみましょう。

成功回避不可能システムという考え方があります。これは、絶対に成功しないといけないという環境を指します。

例えばあなたが仕事で10万達成するということを、周りの人に言ったとします。
そうすると、大切な人であればあるほど、周りの人がいればいるほど、あなたはより目標を達成しないといけない立場に追いやられるわけなんです。

Sponsered Link

まとめ

目標や願望をイメージするようにする・・・・目標を立てたとしてその下に潜んでいる目標はどういうものか、それをカテゴリー分けしてみる。健康や睡眠などカテゴリー分けした項目で目標を考えてみる

  • それをかなえるためにとにかく頭の中で考える
  • 考えた目標を紙に起こして物的証拠として残して、それを見て目標を片時も忘れないようにする
  • 人に目標を宣言して、絶対に成功を回避できないようなシステムを作る

「また目標を達成できなかった。自分は何をやってるんだ。無駄に年齢だけ増えていって」と頭を悩ませているあなたはも悩む必要はないのです。

 

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!