「生きてても楽しくない」と感じるのは何故?解決することはできる?

woman-1397009_960_720a

この記事では結論から言いますと、

 

「生きてても楽しくない」と感じてしまう理由と

解決策について述べて生きたいと思います。

 

私もかつては生きていても楽しくないと

ずっと思っていました。

 

あまりにも自分に対して

無機質な日々をすごしていたので、

 

「自分なんか生まれてこなければ」と感じていたこともあります。

 

もしかしたらあなたもそのように感じているかもしれません。

 

しかし、それはあなたが悪いわけではありません。

 

このストレス社会と呼ばれる現代の弊害ではないかと感じています。

 

生きていても楽しくないと感じる理由は何?

1,悪い部分を焦点にあててしまう

これはどういうことか?といいますと、

 

自分に起こることや、悪いことに焦点を当ててしまい、

 

すべてをマイナスポイントのように考えてしまうということです。

 

 

わかりやすいのは、テストの点数ではないでしょうか?

80点をとったとして、

マイナスに焦点を当てる人であれば

 

「たったの80点しかとることができなかった・・・・」

と後悔のような感情を抱いてしまいますよね。

 

マイナスポイントを自分に足していくことで、

どんどん蓄積されていき消化しなくなり、

 

いつしか人生が楽しくないと感じてしまうようになります。

 

2,目標がない先がみえない

人生に対する目標や、展開が見えないということにより、

いつの間にか生きていることそのものが楽しくないと

感じることがあります。

 

これは今の忙しい現代社会にはつきものではないか?

と感じることがあります。

 

私は一時期仕事と自宅の生活をブラック業務により、

毎日のように追われていたことがあります。

 

いつの間にか心が疲れ果て、その場にとどまることしかできなかったのです。

 

「自分で振り返りをおこない、1枚の紙に目標を書きましょう」

といわれましたが、そもそもそんなことする元気もありません。

 

3,体調そのものが悪い

身体の調子そのものが悪くて

気分そのものにも消沈をきたしている可能性もあります。

 

「なんかだるいな」と日々感じている状態であれば、

そもそも人生楽しいという感情はおきる可能性は

非常に低いといえます。

 

体調悪い→気分も悪い→また寝たきりで体調も悪い

という悪循環を生み出してしまう可能性もあります。

4,自分の本来したいことを我慢して生きている状態

自分のやりたいことを我慢しているために、気づいたら自分を抑圧してしまい

人生の楽しさなんて一切感じないよという状態があります。

 

ただこれは今の社会では大半ではないでしょうか?

 

私の場合は仕事でしたくないようなことを毎日させられて、

朝の出勤時は必ず腹痛を起こして

げろを吐きながらも、

 

ムチを打ちながらも、毎日が死にそうな状態で会社へ行く。

 

そして自宅との繰り返し、

 

こんな我慢の連続にいつしか

自分の元気はすっかりと消沈をしてしまい、

「人生なんて楽しくない」と絶望をしていたこともあります。

 

5,人に合わせながら生きている、自分を出すことができない

人に合わせながら生きてしまう。

たとえば「人に認められるのが最大の価値」と考えてしまうために、

自分を出さずに相手に合わせてしまうことでいつしか人生そのものに

疲れてしまうということです。

 

「自分は本当はこのように生きたいのに」と考えていても、

人の劇的に変わる意見に瞬く間に飲み込まれてしまい、

 

自分の気持ちと抑圧にアンバランスが生じてしまいます。

 

体調に不調をきたしてしまい、

いつしか、「何も楽しくない」と感じてしまうようになります。

6,夜になると後悔ばかりが押し寄せてきてしまう

夜になると後悔ばかりが押し寄せてきてしまうことで、

「人生はくそだ」と終着点かのように感じてしまいます。

 

夜は静かな時間です。

 

私も布団に入っているときに何度も後悔の念が頭に

押し寄せてきていました。

 

「あの時にこうしておけばよかった」

「どうしてじぶんばっかりがしんどいのか」

 

とまるで自動的に浮かんでくる映画のような感覚で

 

次々と押し寄せてきたのです。

 

気づいたら自分は絶望の中に身を落としていましたから。

 

特に日々の出来事や後悔を深く考えすぎてしまい、

それが頭の中に反映させえてしまう人は

人生が楽しいと感じることはないでしょう。

 

7,人生に期待ばかりをしている?

自分のことばかりに期待していてそれが反映されないから

楽しくないと感じる人が要るようです。

 

でも、それっていいことはでないでしょうか?

なぜならいいことがおきてほしいと感じることは、

正直人間としての当然の権利だからです。

 

ただ現代社会はやはり自分の思うとおりにならない

仕組みが既に整っていて弊害であるかのように

感じてしまうということですね。

 

「生きてても楽しくない」という状態を改善するには?

ここからは人生楽しくないという気持ちの

解決策について述べていきます。

 

1,とりあえず自分のやりたいことから初めてみる

少しでも自分の希望に沿った生き方にすることで

自分を解放してあげ、自尊心を回復させてあげようという

考え方です。

 

自分の考えていること、

自分のしたいことを素直に表現を行い、実践をしていくことで、

本来の自分を取り戻してあげるという考え方です。

 

「いきなり人生の目標を持つことができない」と感じる場合は、

まず少しでも自分の興味のあることを選択していきます。

 

「今日はこの番組を見たい」というのも今日自分がやりたいこと。

ということですよね。

 

意識として自分のために生きるということを焦点に当てるということは

大事なことです。

 

2,自分の価値感を大事にする

私たちは大人になるまでに学校で常識を学ぶことになります。

 

そのため、いつしか自分の価値感を抑えるようにコントロールされている

ことがあります。

 

そのために自分の価値感をしっかり意識して大事にしましょうということです。

 

そもそもストレス社会のせいで私たちは自分の価値感を抑えられています。

 

つまり回りにすべての価値感をとられないようにするということが

大事です。

 

自分の価値感を一時的にでもいい。

 

開放してあげる機会を持つことが大事です。

 

 

たとえば会社の人と意見が食い違っても、

「でも自分はこう思う」と主張することも

ひとつの自分の価値感を大事にしてあげるということです。

 

3,体調を整えてあげることも大事

毎日がジャンクフードばかりの食生活では

さすがに心も疲れてしまいます。

 

少しでも運動を行い身体によい食べ物を摂取していく

というのも大事です。

 

「まあ私も毎日ジャンクフードばかり食べていた経験がありますが笑」

 

酸化色の強い食事をとってしまうとどうしても疲れてしまいます。

 

いやそもそもそんな食事をがんがん売っている日本がやばいと思うのですが。

 

4,単調な毎日を変えてみる

調な毎日の繰り返しで

楽しさを失っている可能性があるということです。

 

つまり同じことばかりで毎日のようにつまらないと

感じてしまっているということです。

 

そのために、少しでもへんかを加える生活を実践してみましょう。

 

公園の散歩コースなどを変えてみる。

 

今日は銭湯にいってみる

 

など少しの変化を変えてあげることでも

 

単一な生活から抜け出すことができます。

 

 

意欲が低下し、普段の生活すらも苦しくてネガティブな思考そのものからも脱出できない場合

以上のような解決策を書きましたが、

もしもあなたの意欲が深く低下し、

生活すらもままならない状態であれば、ますは精神的なケアをしてあげる必要が、

あるということです。

 

そう。まずは心の不調をなんとかしてあげないと

 

いかに心がけを行ってもうまくいく可能性は少ないです。

 

つまり焼け石に水の状態になるということです。

 

 

実際に私はうつ病を発症していたときは。

 

とにかくやる気が低下し、人生楽しいなんてとてもじゃないけど

考えることはできませんでした。

 

毎日泥のような引き盛り生活で働きにいくなんてとてもできなかった。

 

毎日がネガティブな感情に支配されて地獄のような

 

日々をすごしていたことがあります。

 

 

そんな中満を持してうつ病の治療がうまくいったところ、

 

今まで嘘かのように人生を楽しむことができるようになりました。

 

自分の目標も見つかりましたし、

職場にも復帰でき、活力のあふれた生活を送ることができるようになりました。

 

「自分は迷惑をかけている」というネガティブ思考の減点方式も

いつしかなくなってしまいました。

 

 

つまり意欲低下という抑うつ症状を改善することで

 

私の場合は「人生が楽しい」と思えるようになったんです。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!