「冬に元気がなくなるあなたへ」冬季うつ病記事まとめ

無題の図形描画 (52)

どうもメンタルへルス専門家のOGURI鈴木です!!

『なぜか知らないけど冬になると落ち込んでしまうんです。』とあなたはこの記事にたどりついてくれたかもしれません。

冬季うつ病とは名前にも特徴的な冬という季節に限定された季節性のうつ病です。
本記事では冬季うつ病のまとめページを作成しました。

冬季うつ病の症状

冬季うつ病チェック

対策法

鈴木
など記事のまとめページとなっております!!

Sponsered Link

冬だけに限定される冬季うつ病の症状とは

冬になると

 

気分が落ち込む

過食してしまう

意欲がない

眠たくて眠たくて仕方がない

甘いものが食べたくなる

 

などの症状が出てしまう場合あなたはもしかしたら冬季うつ病かもしれません。

季節性というのが特徴で、秋から冬にかけてのみ、症状が現れることが多いのです。
夏や春先になると症状がすっぱりと病んでしまうために、1年という長いスパンで見るような双極性障害のように感じるかもしれません。

どうしてこのような症状が起こるのかというと、冬の間は日が出ている時間が必然的に短くなってしまいます。そのためにセロトニンポーターという物質が私達の中でたくさん作られてしまいます。
セロトニンポーターは脳内のセロトニンを回収してしまうために慢性的に脳内で不足してしまいます。

そのため、抑うつ気分などを生じさせてしまうのですね。

まず、あなたは何をするべきかというと、症状を知り当てはめていくことが必要になります。

 

対策についても説明をしています。

冬季うつ病のチェック法

症状をまずは知ることが大事とお伝えしましたが、それを行うことで、

「もしかして私は冬季うつ病なのかもしれない」とふと心に思ったのかもしれません。
その気付きはとても大事な手掛かりになりますし、治療に先立つものになります。

気付いたあなたは次に客観的な指標を用いてうつ病の重症度などを判定していかなければいけません。

『冬は落ち込むと思うあなたへ』冬季うつ病をチェックするための厳選評価尺度3選という部分でチェック表を紹介していますのでチェックしてみましょう!「いよいよ自分がそれか!」となった場合、心療内科等受診するための手がかりになります。

 

冬季うつ病を予防するために日ごろから自分でできること

予防をするために自分は何をできるのか?

クリニック等で治療を受けるということはすごく大事ですが、何より一番大事なことはうつ病そのものにかからないということです。

太陽の光を浴びたり、食生活を気を付けたり、リズム的な運動をしてみたり、日ごろから自分の生活の中で予防していくことは十分に可能です。

冬季うつ病を対策するためにできる5つの戦略とは!?という記事を見て冬季うつ病を予防していきましょう。

Sponsered Link

最後に

日本の特徴として、春夏秋冬と、季節がさまざまに分かれていることが特徴であり日本で過ごすことの醍醐味であると考えます。

私たちが日本で生きている以上季節の変化に対応しないわけにはいけません。
せっかくですから、どの季節も好きになっていきたいものです。

冬季うつ病になってしまいますよ毎日のように恐怖が押し寄せてきます。
季節単位の気分の落ち込みは、なった人ならわかりますが、ハンパありません。

「冬なんて嫌いだ」と間違いなく思うでしょうし、冬そのものに恐怖が訪れてしまいます。
そんなあなたのために何とか予防して克服してもらいたいと考え本記事を紹介させていただきました。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!