見るだけ!!友達がほしい人が示すべき一つのこと!!

教える女性1
鈴木
どうもOGURRI鈴木2世です!

 

友達がほしいというあなたに見てもらいたい内容にになっているんだ。
特に友達がほしいから頑張っているけど、仲よくなれない人とかね。

 

『友達が全然できない』とか、こっちからなかよくしようとしているのに、『どうして私はいつも冷たくされるんだろう』という、あなたは読んでおいて損はないと思うわ。

 

友達を作るため、人に好かれるためにどうしてもしておいてほしい一つのことを書く。

友達がほしい人へ贈るだた一つだけの心がけ

あなたは友達がほしいの❓


友達がほしいただ一つだけの心がけを書いておく。


相手に自分が敵じゃないと伝えることだ!!


言い換えると、

私はあなたの味方だよということを相手に表現する必要があるというわけ。

 

仲よくなりたい人に、自分は味方であるということを表現することが大事なの。
僕たちは相手を見るときにどういうふうに判断しているかわかる??
『敵か味方か』ということだ!!
だから友達がほしい人は、「自分は味方だよ」って伝えてあげるということだ。

その理由は、昔の僕たちの本能に関係しているからなんだ。

 

友達がほしいなら味方であることを相手に伝えろ!

僕たちのはるか昔の時代は、とにかく敵が多い時代だったわけ。

 

一歩外に出れば猛獣に襲われることがあったから。

自分の身を守るためにどうすればいいのかって思うよね?

 

そこで、警戒するという能力をもったことなんだ。

 

例えば自分のことを脅かすかもしれない敵が前にいて、何の警戒もしないで近づいたとする。
おそらく速攻攻撃されて終わりになっちゃうでしょ。

 

だから「この人は敵か?味方か?」と警戒しているわけ。

 

敵か味方かを警戒しているのは今も同じ

今じゃ、外に出れば、敵に襲われるという時代は終わったわけだけど。
(もちろん、襲われることもあるということは注意しておいて!物騒な世の中だからね。
凶悪事件とかもあるから。)

 

僕たちの心の中には、

「あの人は味方かな?」

「あの人は敵かな?」

と無意識に、警戒している部分があるということなんだ。

 

鈴木
だからその人となかよくなりたいのならば、「自分は味方ですよ」と伝えてあげることが大事なわけなんだ。

 

味方だよって伝えることはどういうことか

そんなこといっても「味方かどうか伝えるってなんかへんじゃないか」と思う人もいると思う。

確かにそうだよね。
初対面の人に「私は味方」といっても「ホンマかいな」と思われるのがオチというわけ。

 

相手に味方かどうかを伝えるのは「自分が味方に思っている」という気持ちを相手に表現していくことが大事なの!

 

それは言葉や考え方かもしれない。
表情かもしれないし、仕草かもしれない。

 

心がけてほしいのは「私は味方だよ!」って思って接することだけだ!!

 

そう思って接していたら自然と相手にも伝わる。絶対!!

 

新人時代、OGURIは、先輩が怖くて「関わりたくない」という気持ちを強く持って接していたことがあったの。


そういう気持ちを相手が読み取ったのか。めちゃくちゃ嫌われてしまったんだ。
『自分の気持ちが相手に移ってしまった』といってもいいかもしれない。

 

あなたが仲良くなりたいなら「私はあなたと仲良くなりたい!!味方だよ!!」という気持ちをもって接することだ!

そうすると、相手は「この人となら友達になってもいいかな」と思うようになる!

 

無意識のうちにステータスゲームをしていないか

あなたは、仲良くしようという気持ちは強いのに相手から離れられたり、嫌われた経験はないかな?
相手に嫌がられる場あなたはステータスゲームをしているかもしれないの。

ステータスゲームをすることで、
「私はあなたの味方だよ」っていう気持ちがとにかくつたわらないの。

 

ステータスゲームとは

ステータスゲームとは、自分と相手を無意識に比べていることだ。


さりげなく「なあどこの大学出てるん?」と相手に聞いておいて「そうなんや、俺は○○大学出ているよ(相手より偏差値が高い大学)」ということもステータスゲームになるだろう。

 

無意識のうちに、相手とステータスゲームをしていないかということにはとにかく、注意を払わないといけない。

 

  • 「俺の方がいい大学に出ている」
  • 「私の方がかわいい」
  • 「俺の方がサッカーがうまい」

 

無意識のうちに相手と自分を比べていないかということを意識しないといけないわけ。
友達がほしいけど、友達ができない人はこういう人がとにかくおおいわけ。

 

相手と無意識のうちに比べようとすることは自然と会話の中に出てくるわけ。
「なあどこの大学に出てるん?」

「ブランド品持ってるねん」

「え、財布はブランドじゃないの?」

 

比べながら話していると、いくら自分が味方といっても、相手からは確実に嫌われるよ。

 

あなたは、比べるために友達がほしいの?
幸せ自慢をするためじゃないよね?

 

 

友達になりたいんだったら相手と比べるな

『自分が友達になりたい、自分は味方だよ』って伝えたいなら、自分と相手を比べる必要はないの!

もし相手の方からしてきたらって言われそうだけど。
認めてあげたらいいじゃないの!
だめなのは、張り合うこと!「俺の方がすごい」みたいな。

 
相手のステータスはほめてあげたらいいの。
別に張り合う必要は一切ないわけ!

 

かちんときて「俺の方がすごいんだぜっ」って張り合うことがいけないの。

鈴木
張り合っている時点で相手の敵になっているよ!

 

まとめ

 

私たちは昔の本能で周りの人を「敵か味方か」というふうに警戒している。

友達がほしいのなら相手に「私は味方です」ということをしっかり伝えてあげるということ。
相手と自分を比べない(ステータスゲームをしていないか)
自分は味方だよという気持ちで相手のことを認めてあげることが大事。

 

鈴木
友達がほしければまずは自分から相手に与えていくことが大事なんだ。

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!