『赤面症を克服したいというあなた』へ贈る7つのストラテジーとは!?

無題の図形描画 (57)

どうもメンタルへルス専門家のOGURI鈴木です!!
私も経験があるのですが、人と話すときに赤面症になりませんか?人から笑われているんじゃないかという気持ちになって話に集中することができませんね。

本記事では赤面症をなおしたいというあなたのために記事を書くことにしました。

「赤面症なんて大嫌いだ。だから赤面症を治したい」という人のための記事を書きます。

この記事を読むことで

赤面症の克服法がわかる

鈴木
赤面症を治すための手がかりとなれば幸いである
ということを狙いに記事を書いていきます!!

Sponsered Link

赤面症の原因

まず赤面症を完全に消すということは難しいのです。
しかし、努力次第では、赤面症を克服することは可能なのです。

そもそもどうして赤面症は生じるのかということをお伝えしますと

過度な緊張による身体的反応

自身の中にある過剰な自意識があげられます。

緊張や不安を覚えると交感神経が興奮し顔の血管を広げる

私たちは緊張すると、心臓がどきどきとしますよね。
人と話していて緊張する人は少なからず交感神経の影響を受けていると言われています。
交感神経が興奮することにより体温が上昇し、顔中の血管が広がるために、赤面症は起こるとも言われています。

顔が赤くなっているときは顔が熱くなり、額に汗をかいているでしょう。交感神経がまさに興奮している時と言えます。

親しい人や家族と話していると、赤面症にならないという人は良くいます。

脳は扁桃体という機関をもっており、対人を前にすると扁桃体が緊張し「不快だ」と神経に情報を送ると言われています。その結果交感神経が緊張するとも言われています。

人に笑われているんじゃないかという自意識過剰

赤面症の人は自己意識が強い人が多いのです。

「自分の顔が赤くて、笑われているのではないか?」と、コミュニケーションをとっている間も考えてしまいます。ぎこちなく話すのでコミュニケーションがうまくいかない→あた顔が赤くなるという悪循環をきたしてしまうのです。

このように赤面症をおこすたびに「次話していて赤面症をおこしてしまったらどうしよう」とその考えに取りつかれてしまうと最終的には家に出ることができないとか、人との関わりそのものを断つという社交性不安神経障害が生じることがあります。

赤面症を克服する方法とは

では実際に赤面症を克服するためにはどうすればよいでしょうか?調べたことや、私の経験を踏まえて紹介をしていきたいと思います。

①外科的手術

外科的手術という手法がとられます。

手術方法は脇から胸腔(きょうこう)内に3ミリの孔(あな)をあけて内視鏡を挿入し、レーザーを別の孔に入れて脊椎の横にある第III・IV神経節を焼き切る胸腔鏡下交感神経遮断術と言うものが一般的のようです。

赤面症.comより引用

赤面症手術の原理としては、多汗症と同等の意味を持ちます。

 

多汗症の場合、緊張すればするほど、知らない間に、わきも下に汗をかいていますよね。そのため多汗症では、交感神経を遮断することで、発汗そのものを起こさないようにします。

赤面症手術も同様なのです。ただし、顔に血流が広がらず汗をかかないように操作すると、体は体温の発散を維持するために別の場所で汗を出そうとします。(代償性発汗)

手術時間は30分ほどで済むようで、費用は10万円とそこそこかかるようです。

胸腔鏡下交感神経遮断手術はこのような総合病院でも受けることができますのでぜひ参考にしてみてください。→谷向病院

②SSRI,Bブロッカーの使用

メンタルクリニックや心療内科で用いられています。

服薬を行うことで、赤面症をおこす前の緊張や不安をとろうという狙いで薬物療法は行われるのです。

SSRI・・・感情の平板化を促し、気分を落ち着ける。脳内のセロトニン脳をあげ、不安や安らぎの気持ちを増加させる効果もあります。セロトニンが不足することにより、うつ病や強迫性障害が出現するとも言われています。→詳しくは強迫性障害の薬について詳しく説明をしています

Bブロッカー・・・ベータ―ブロッカーとはもともと循環器のお薬で、脈を落ち着ける作用がありますが、結果として胸の高鳴りを抑えて気分を落ち着けるために処方されることもあります。
もともと循環器のお薬なので、血圧の低下や意識消失に注意する必要があります。

また喘息の患者さんは禁忌になります。詳しくは主治医と相談して自己判断で服薬はしないようにして下さい。

③カイロプラティック

カイロプラティックも赤面症の悩みの解決に一役買っているようです。
首の調子や腰を整えることによって自律神経系の働きを整え赤面症の根本解決を目指しているようですね。

大阪天王寺カイロプラティックという所が詳しいみたいなので、参考にしてみてください。

④メイクで赤面症を隠す

メイクで赤面症を隠すという方法もあります。

顔の赤みを抑えたいときは
グリーン系のコントロールカラーを
使ってみてください。              セロトニンを増やす方法より引用

完全に画すことは難しいですが、気持ち的にも楽になります。

⑤「顔が赤くなるな赤くなるな」と心の中で気持ちを押さえつけない

顔が赤くなる人の場合、「頼むから顔は赤くならないでくれ」と心の中で念じている人は多いのではないかと思います。しかし、余計に顔が赤くなりませんか?

赤面症は自分の中から現れていて、無理やりに押さえつけようとすると、余計に「赤くなる赤くなる」と顔を赤くするようになるのです。

ですから気にしないようにするということが大事です。

でも「気にしてなかったらこの情報をよんでいねーよ」という声が聞こえそうですので。私なりによりわかりやすい解決法を出すとすると

「顔を赤くなるな赤くなるな」という気持ち以外他のことにフォーカスせよとアドバイスします。
相手と話しているときに

会話の内容だとか、その人の眉毛を見つめてみるなど、意識を別のことに集中することであえて赤面のことは忘れるようにしましょう。

そうすると自然と赤面症が気にならなくなるはずです。

大事なのは意識しないことで、抑えることではありません。

⑥森田療法の活用

これは、気にしないというマインドとよく似ているのですが、つまりあなたは相手となんで話をしているのかという目的をしっかり考える必要があるということです。

  • 相手と仲良くなりたい
  • 仕事で大事なことを伝えたい

など、会話をするからには、何かしら目的があるはずです。その目的を達成するために「自分には何ができるのか」ということを考えてみてください。

  • 話の内容をおもしろくする
  • しっかり話を聞き相手の理解務める
  • SNSやメールで充実してコミュニケーションをとる

など、目的に応じるためには、さまざまな手段があります。
別に顔が赤くなろうがならまいが人と仲良くすることはできるのです。

⑦別に赤面症は変ではないということを考える

つまり、自分は過剰に反応してしまっているということに気づくことが大事です。
つまり顔が赤くなることで、あなたのことを特別な目で見ている人は少ないのです。

なぜなら顔が赤くなることは誰でも経験があるはずです。
ならばあなたは顔が赤くなってしまっても気にする必要はないのです。

お前の顔を気にしているのはお前だけ

嫌わらる勇気の中で読んだ私の好きな言葉の一つです。

Sponsered Link

まとめ

赤面症の克服法

  • 1,外科的手術
  • 2,薬物療法
  • 3,カイロプラティック
  • 4,メイク
  • 5,赤面症を無理やり押さえつけるような気持ちを持たない
  • 6,森田療法の活用
  • 7,別に赤面症は変でもなんでもない
鈴木
以上です!最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

Sponsered Link

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!