どうもどうもOGURI鈴木です!!

[aside type=”warning”] 今回はこどもをも持つ両親に、ぜひ知っておいてほしいことを説明していきます。[/aside]

子どもを育てるときには、時には苦しくなることもあります。

 

赤ちゃんの時であれ、思春期の時であれ、もちろん親は愛情を持っていて、子どもに愛情をかんじるときがあります。

しかし、非行に走ってしまう時や、赤ちゃんであれば、泣き止んでくれない時もあります。

自分の思った通りに動いてくれないなどの時に、親であってもストレスを感じることがあります。

 

「子どもと気が合わない」という人も実はすごくおおい両親の悩みになっているのです。

 

 

そんな悩みの中で、「自分は親だから」という気持ちで愛情を与えようとすると、ある時に子どもが愛せない状態になってしまうことがあります。

そうです。

 

親からは、無限に愛情が湧き出ることはないのです。これは、子どもだけでなく、兄弟とか夫婦の関係の中でも感じることができるはずです。

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]愛情は無限に湧き出るわけでないと。[/voice]

Sponsered Link

子どもへの愛情をすりへらさない工夫が大事

じゃあ愛情が限られているとして私たちに何かできることはないのか。

 

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]はい。あります![/voice]

愛情をすり減らさない工夫が必要であるということです。

考え方や工夫を行うことで、愛情を節約するということができるということです。

ではその具体的方法についてみていくようにします。

 

・子どもの愚痴を誰かに話しておく

これは、ぜひやっておく必要があります。

 

自分の子どもだから誰かに愚痴をこぼしていけないという理由は一切ありません。

なぜならば、愚痴を話さないでストレスをためこんでいると、そのストレスの対象になるのは「こども」になるからです。

 

余計に衝突の機会を作ってしまい、悪循環に陥ることになります。

 

・会話の内容は気にせず一緒に過ごしたかどうかを考える

「子どもと何を話したらよいかわからない」という人がいます。つまり子どもと何を話せばよいのかわからなくなってしまうという人は親の中にいます。

そのような会話の内容に過剰になる人はいますが、結論からいいまして、会話の内容は気にする必要はありません。

 

一緒にいる時間を過ごせているかを考えているほうが大事ですし、自分の心の負担の軽減にもつながります。

 

・何かを伝えるときは冷静になる

感情を伴い、何かを伝えるということは、子どもとの衝突の機会を作ってしまい、親の心の負担につながる可能性があります。

例えば、怒りながら「早く起きなさい!」と子どもに伝えたとします。

そうすると「やかましいわ!」と衝突を作ってしまう可能性があります。子供に何かを伝えるときは、冷静に伝えるということをとにかく、意識してください。

 

冷静に伝えることで、親が伝えたいことの抵抗を減らすことができます。

お互い、嫌な思いをしなくて良いです。

 

・子どものことを全部理解できると思わない

 

中には「私の子どものことはなんでも把握することができる」という親がいます。

 

そのような場合、時には子どもの現状を把握しようとして、やっきになってしまう可能性があります。

普通に考えてそのように人のことを全部理解するということは不可能に近いですし、コントロールできるのものでもありません。

 

・子どものことをどう思ってもよい

「親やから子供には愛情をもって接しなきゃいけないんだ!」と思いながら常に無理をして接している人がいます。

 

そのような考えは絶対に親を苦しめます。

そのように無理に考えることは絶対にやめましょう。

「子どもがむかつく時もある」そりゃむかつくときもあるでしょう。

 

「そう思ってはいけないんだということはありません」むしろそのような考え方が親を無理させてしまい、子どもに対する愛情を枯渇させる可能性があります。

Sponsered Link

まとめ

とにかく、親の愛情は限られているので、無駄に消費しないようにしていかなければいけない。

 

[aside type=”normal”]

・子どものぐちを話しておく。

・会話の内容は気にせず一緒に過ごしたかどうかを考える。

・子どものことを全部理解できると思わない。

・子どものことをどう思ってもよいをあげました。

[/aside]

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]親自身も負担をかけないという姿勢が、親の愛情をしっかり守り、子どもに対しても愛情を与えることにつながります。[/voice]

Sponsered Link

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー