親身に話を聞くためにできるたった一つのシンプルなコツ

無題の図形描画 (23)
鈴木
どうも!どうも!OGURI鈴木です!

私は、精神科で勤務をしており、人の話を聞くのが仕事です。

話を聞いて「落ち着いた」と言ってくれると、すごくうれしいです!!

 

しかし、話を聞くというのは、なぜかしりませんが、とてつもない気力を使ってしまいます。

気力を使ったあげく親身になり話をきくことができなくなることも、あります。

 

話を聞いているうちにうつになることも

frog-1274753_960_720

話を聞いているうちに、次第に自分の気分が落ち込んでいくというのはよくある話です。

最初は、「よししっかり話を聞いて楽にしてあげよう」と意気込んで話を聞きます。

しかし、次第に聞いていると、自分がどんどん嫌な気分になることがあります。

 

例えば人の悪口ばかり聞いていると、次第に自分もいらいらするのではないでしょうか。

そんな話は思い切って切ってしまいたい場合ですが、なかなかそうはいかない時があります。

延々と話をする人の話を途中で切るということはとても難しいのです。

 

長い長い話を聞くにつれて「いったいいつ終わるのだろう」と自分のモチベーションもどんどん落ちてきます。

最初の気持ちはどこにいったんやという感じになります。

 

 

しっかり、話を聞きたいという気持ちはいつのまにか消えてしまうのです。

そうすると、延々と話を聞いたあとに、「なんであんなことをしたんやろう」と罪悪感を抱くこともあります。

 

 

なんとか親身に話を聞く方法はないか

 

延々と話を聞くということは、相手のためにも、自分のためにもとにかくよくはありません。

何よりも自分が疲れ切ってしまいますし、後悔してしまいます。

そこで、なんとか親身な気持ちを持ち、話を聞く方法はないものか。

あります!!

鈴木
それは、事前に時間を設定しておくということです。

 

話す時間を事前に伝えておく

microphone-298587_960_720

話す時間を事前に伝えておくようにしましょう。

「んどういうこと?」という感じですが、話を聞くための時間を設定しておくということです。

例えば相手が話を聞いてほしいとします。

 

ねえねえどうしても相談があるんだけど、ちょっといいかな?

悩みを持ちかけられたとします。

鈴木
そういう場合は、「わかりました。この後用事があるので、10分でよければ、悩みを聞きますね」と伝えていきましょう。

 

話を聞く時間を設定することは、自分にも相手にも良い影響を与える

 

時間を設定しておくことは、自分にも、相手にもどちらでもよいです。

ここからはお互いのメリットを紹介していきます。

 

自分は親身になれる

 

時間を設定しておくことで、自分自身にゴールが生まれることになります。

いくら親身に話をきくことが好きな人でも、延々と話を聞き続けるということはできません。

 

ゴールが設定されることで、「よしこれだけやな」と自分の中におおよその道のりを作ることができます。

人間先があると、なんとか頑張ることができます。

 

一番ダメなのは、先が見えないことを延々と続けていることなのです。

時間を設定することで、意欲を保ち、親身に話をきくことができます。

 

相手も時間を聞いて調整しようとする

conversation-1262311_960_720

相手も時間をしっておくということで、メリットを得ることができます。

時間を聞いておくことで、頭の中で自動的に、時間内で話を終わらそうとうするということです。

 

例えば、「この話を2分で説明してください」といわれたらいくらなんでも、20分で説明をしようとはしないでしょう。

おそらく長くても5分かからないぐらいで説明をするのではないのでしょうか。

ですから、時間を伝えることで、頭が時間通りの話の展開に持ってこようとするのです。

 

要点が定まり、話を相手にしっかり伝えやすくなるのです。

つたわりやすい話を聞いていると、聞いているほうも話を聞きやすいです。

 

聞きやすいということは、より集中に親身に話を聞くことができるようになります。

 

話をしていくうちに共倒れしないように

 

お互いに、悩みの相談を行うということは、すごく大事なことです。

しかし、大事なのは聞いているほうも、話しているほうも嫌な思いをしないということです。

 

むしろ話を聞いているほうは「話をきけてよかった」となり、話をしているほうは「話せてよかった」と安心し、お互いがWINWINの関係になるのが一番じゃないかと考えています。

 

お互い良い気持ちになるというのがとにかく理想ですね。

 

親身になることで、自分は良いことをしたという、気になりますし、聞いてもらったほうも「よかった」と良い気持ちになることができます。

 

まとめ

children-484955_960_720

 

話を聞くときは、しっかり聞く前に時間設定をすることで、親身に聞くことができる。ということを念頭に置いてみてください。

 

自分がより親身になれるっていうことは、相手にももちろんですし、自分にも良い効果をもたらしますよね!

鈴木
お互いがしんどくならないように話は聞いていきましょう。

 

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!