最新の光化学で81%の人が朝ストレスを感じないで起きれる!光目覚ましINTIのレビューです

mああああああああああいらいら_001

累計81%がすっきり起きれた!

睡眠を良くするためにざっと数十万を費やした男が選ぶ
最新光化学に基づいて今あなたが起きている時間を
365日間3600秒早めるツールを紹介しようと思うのですが・・・・

 

どうもメンタルへルス専門家のOGURI鈴木です。

 

『ジリジリジリ』

この音は何かわかりましたか?

 

私たちは、日々急速に時間の流れる時代の中で生きています。

「もっと自由に生きたい」と私達が願っていることとは裏腹に分刻みのスケジュールで生きています。
そして目が覚めた瞬間にその概念が頭の中に起こってきます。

 

「本当は動きたくない。もっと自分のペースで生きていたいんだ」と考えてあぐらをかいていても
時間が来ると「ヤバイ遅刻をしてしまう」とあなたは、無理やりに自分の身体を動かさないといけません。

 

「後5分だけ」と布団にくるまり横になっていても、365日間定められた時間に会社に間に合うようにおきないといけません。

 

あなたは携帯なり、目ざまし時計なり時間をセットしてから床につきますよね。
それまではいいのですが、

朝あなたが目覚めるその瞬間から大きなストレスを受けることになります。

ジリジリジリ

ジリジリジリ

あなたは目覚ましが発する騒音ととらえてもおかしくない大きな音に反応して目が覚めてしまいます。

「うるせえな」と人がいないのにもかかわらず大きな声で怒鳴りつけてやりたい衝動に駆られます。

そう。目覚ましは言い換えれば合法的な公害なのかもしれません。

 

目覚ましの音にあなたはとてつもなくびっくりしそれに伴うとてつもないストレスで目が覚めてしまうのです。

中には「うるさい。絶対に起きるものか」と余りのインパクトを受けてしまい反射的に目覚ましの停止ボタンを瞬時に留める強者もいるぐらいです。

毎日毎日ストレスを受けながら起きることしかできないのか?

また会社にいかなければいけない朝を迎えてしまう

 

そんな思いをいつまでもしないといけないのでしょうか?

Sponsered Link

 

そこで私がストレスを感じることなく起きることができるツールを紹介します

もしあなたが目覚ましの騒音のストレスが一切なくすっきりと、この世に生を受けたようにすっきりと目覚めよく起きることができたことを想像してみてください。

 

朝から前回バリバリのあなたは仕事の前ですら「何か新しいことを始めてみようと」自宅の机に向かい朝の読書を始めるかもしれません。

 

朝早くすっきりと目覚めたあなたは、余裕をもって予定をこなすことができます。
会社は就業前の60分前に出勤を行い、すでに同僚に差をつけているかもしれません。

 

ストレスがなくすがすがしく起きることができたあなたは爽快な目覚めと共に、この世のすべてに感謝を覚えるかもしれません。

 

 

そして、その感謝あなたそのものに幸運を引き寄せるかもしれません。
そう。朝のスタートダッシュが良ければ良いだけあなたの人生を良くするためのゴールデンタイムを手にすることができるのです。

 

裏を返せばあなたが目覚ましの音に気付いた瞬間から
目覚まし時計停止ボタンを押す間の地獄のような思いを365日積み重ねる必要はないということです。

 

そんなツールを今から紹介しようと思うのですが

「本当にそんなものがあるのかよ。そんな夢物語のようなツールが存在するのかよ」

とあなたは心の中で疑心暗鬼になっているかもしれません。

しかし、そんなあなたの心の闇を跳ね飛ばすような光目覚ましのメリットをこれから紹介していきます。

 

朝ストレスを感じない起きることができる!そんな光目覚まし時計の実際とは

今までの目覚ましは主に音に頼っていました。

所定の時間になるとダイナマイトのように静かな時間が一転し音の爆発が起きるわけです。

 

その合図とともに「また仕事に行きたくないのか」と憂鬱な気分を抱えていたわけです。

 

しかし、音以外で、全世界50億人のほぼ誰もが持ち合わせている5感の1部に働きかけていくことで
ストレスのない目覚めを81%の人が実感できるようになったということです。

 

聴覚以外とはまた違う部分視覚的にアプローチすることに成功したわけです。

この視覚部分にダイレクトに働きかけることで私自身朝起きるときにかかるストレスが76%ほど軽減されたと感じますし(あくまでも主観)

朝のすっきり感が天と地ほどの差を広げてくれたのです。

 

その視覚的アプローチの司令塔が光目覚ましの機能にある最大20000ルクスの光なのです。

 

その目覚ましを活用することで、すっきりと良い目覚めの最大の効果を発揮してくれるのです。

 

光目覚ましが搭載する最大20000ルクスの光がストレスのない目覚めに影響する理由

最大20000ルクスという今までの目覚ましでは考えられないような発想があなたの、そして私の目覚めを限りなくスムーズにしてくれるのです。

 

そもそも20000ルクスとはどういった光の量なのでしょうか。

この光量はまさに朝日と同じ光の量と思ってもらって構いません。

「確かに朝日を見るとまぶしいよね。でそれだけ?」と思う人もいるかもしれません。

 

結論から言うと『光がまぶしいから目が覚めてしまう』ということはあまりにも簡便で表面的な発想であると考えます。

 

つまりもっと深く深く考えると良い目覚めと光には3つのキーワードが浮き彫りになってくるのです。

 

朝ストレスを感じないですっきり起きるための3つのキーワード

①セロトニン

②メラトニン

③体内時計

 

キーワード①セロトニン

朝すっきり起きるためのキーワードの一つとしてセロトニンがあります。

セロトニンという言葉をきいたことはありますか?

 「セロトニンは、ホルモンではなく、神経の末端から

放出される神経伝達物質の一種です。

脳幹にある『セロトニン神経』から分泌され、目覚めの

状態のレベルを上げる機能があります」

 充実した田舎暮らしより引用

セロトニンはよくうつ病と関連の深い神経物質とされています。

一方でも良い目覚めにも大きく関係しているのです。

 

一説によると私たちは活動するための神経(交感神経)と休息するための神経(副交感神経)というものをもっています。

セロトニンはその交感神経と副交感神経の間に立ち切り替えを良くしてくれるといいます。

 

朝起きると活動をしないといけませんよね。

その活動するための神経へシフトチェンジしてくれるのがセロトニンというわけです。

この目覚めを良くするようなダイヤモンドの結晶のようなセロトニンを促す働きをするのが他ではない光なのです。

「部屋の電気をあびればいいんだね」と考えるひとがいますが。

 

実際には2500ルクス以上の光を浴びないと、セロトニンの活発な分泌は、はじまらないと言われています。

ちなみに目がちかちかするようなコンビニでさえたった500ルクスしか照度がないと言われてます。

部屋の電気では屁にもならないということを知っておいてください。

 

最大20000ルクスをほこる光目覚ましはもはや申し分のない光量を誇ると断言できるでしょう。

キーワード②メラトニン

次に第2キーワードであるメラトニンについて紹介をしていきます。

このメラトニンという脳内ホルモンが分泌されることによって深い眠りを誘発することになります。

 

逆に言うと夜にメラトニンがうまく分泌されなければされないほど
「眠れない。なんとかしてくれ」と目をギラギラさせながら明け方まで頭を抱えて過ごすことになります。

またようやくメラトニンが分泌されたと思ったら、すでに朝方という緊急事態になっていることも少なくありません。

 

 

結局眠りにつくのは朝の4時32分.起きるのは朝の7時という人間にとってはほぼ拷問に近い状況の生活を余儀なくされてしまうことになります。

 

しかも朝方にメラトニンが分泌されている状態は、起きているけど寝ているようなものです。

 

ここまで読んでくれたあなたは「そうか。メラトニンをうまく夜に分泌させることができれば、朝すっきりと起きることができるんだな」と実感をもってくれたと思います。

 

ではどうやってメラトニンを夜増やせばいいのか?

 

朝しっかりと太陽の光を浴びることが重要なのです。

 

朝の太陽さんが「メラトニンよ。とまれ」という風に、緊急指令を出してくれるのです。

 

メラトニンは結果的に分泌が抑制されます。

すなわち、体は「よし。頑張るぞ」という風にしっかり起きている状態になります。

 

しかも朝はメラトニンの分泌が抑えられますが、10数時間後に再びメラトニンを分泌させてくれるという特典もついてしまいます。

 

つまり夜はぐっすりと眠れるようにしてくれるというわけです。

 

キーワード③体内時計

私たちは実は体内時計という周期をもっています。

例えば地球は24時間かけて、ぐるりと1週周ることになります。

 

その地球が回りきる時間の間に私たちは起きて、学校や会社へ行き。晩御飯を食べて。睡眠をとるという1日の生活を続けていることになります。

 

「なるほど。24時間のうちに生活をしているんなら。体内時計は24時間なんだね」とあなたは思ったかもしれません。

 

しかし結論から言いますと24時間ではありません。

 

実は私達の体内時計は25時間なのです。

そう。1日の生活の中ですこしづつ誤差を生み出しながらリズムを作っているわけです。

 

例えば体内時計がずれ始めると睡眠時間は徐々にずれていくことになります。

 

夜21時に寝ていたのが、気づいたら22時になり、数日後には計算上朝の3時とかに、ようやく眠たくなるようになってしまいます。

 

眠たくなる時間や起きる時間がずれることによって、仕事に上手く集中できなくなったり、しんどさを感じてしまうことになります。

 

「じゃあ体内時計を整えるために何か解決策はないのかな」と誰もが思うでしょう。

 

で、その解決策こそが朝日の光を浴びる(2500ルクス)以上の光を浴びるということなんです。

 

朝日が体内時計をリセットしてくれる

私たちの身体は、朝日を浴びることによって体内時計をリセットされるのです。

朝の光を浴びることによって、体内時計が人間の生活にリセットしているというわけです。快適な睡眠を得るためにはまず、朝の太陽光を浴びましょう。

スカイライトチューブより引用

つまり光を浴びないことによって私達の身体は常にリズムが1時間ずつずれていきます。

 

つまり時差ボケ状態で生きてしまうことになるのですが。

 

太陽の光を浴びることによって私達が特に意識することもなく簡単に体内時計リセットしてくれるのです。

 

光目覚ましを使わずに朝の太陽の光をしっかり浴びますという意見に対して

なるほど!朝日を浴びることで、しっかりを目を覚ましてくれるんだ!!

とここまで読んでくれたあなたは実感を持ってくれましたか?

 

光目覚ましはそれを簡単に実現するための画期的なツールですが、中には。

 

「ふーん。太陽の光を浴びればいいんだね。じゃあ。朝カーテンを開けておくよ、そうすれば太陽の光が目に入ってくるでしょう」

 

と考える人はいませんか?

 

朝日はコントロールすることが難しい

確かに起きるタイミングで朝日をしっかりと浴び、セロトニンを活性化させて体内時計を整えれば限りなくストレスのない目覚めを実感することができるでしょう。

 

しかし、そのようにベストタイミングで光を浴びるという芸当は至極困難であると言わざるをえません。

なぜならば、朝日が差し込む時間を私たちはコントロールすることはできないからです。

 

例えば冬の季節に、朝5時に起きている人を想像してみてください。

「おーい。朝ですよ」と合図をくれる朝日がでていますか?

 

出ていませんよね。はっきり言って「まだ夜か」というぐらいにあたりは薄暗いですよね。

 

そうです。ぶっちゃけ。朝日は申し分のない恩恵をもたらせてくれますが。

自分では当たるタイミングをコントロールすることはめちゃくちゃに難しいのです。

 

一方では光目覚ましは誰もが簡単に、日の出のタイミングを調整することができます。

 

ボタン一つで1分で誰もが日の出を実現できる光目覚まし

自然の朝日を浴びるタイミングを調整することは至極困難ですが、光目覚ましでは誰もが1分で日の出を調整することができるのです!

まずこれは光目覚ましのINTIになります。

時計の盤面はほぼカットされており、ライトを当てるためのLED部分が大きく割合を占めています。

まずは、上の段の真ん中のボタンを押してみてください。そうすると青い部分の下から2番目の時計のロゴが点滅を始めます。

時計のロゴが点滅したら、下の段の真ん中のボタンを押します。すると、アラームを合わせることができるので、隣の↓ボタンを押しながら時刻を調整してください。

 

それで、朝起きる時間のアラームセットは可能です。

さあ後は寝て起きるだけです。

最大20000ルクスの光はもはや朝日とそん色はありません。

 

アラームセット30分前から徐々に光が強くなってきます。

 

このように誰もが簡単に調整できることがINTIの強みになります。

ちなみにこの機能をサンライズ機能と言います。

ようは日の出のように明かりが出てくるのです。

 

専門家も光目覚ましINTIを激しく推薦しています

これまで全く見当たらなかった画期的ツールの光目覚ましINTIですが、医療や学問に詳しい専門家の人も多数推薦している商品です。

 

雨晴クリニックの副院長を務めている坪田聡先生は

快適な光環境を手に入れることができる

と太鼓判を押していますし。

 

東邦大学名誉教授でありセロトニン道場代表である有田秀穂先生も

セロトニンを活性化するためにエナジーライトINTIは手軽に明るい光を取り入れることができる

と重要性を大きく指摘しています。

 

私もぜひ推薦します

私もしがないですが、メンタルへルスの専門家でもあります。

 

述べメンタルへルスを病む人に1000人を超えて出会い、看護をしてきた一人です。

精神科領域の看護を務めている以上専門知識は一般の人よりもはるかに高いと自負しています。

そんな私が実際に光目覚ましINTIを使用してみて

朝ストレスなく起きることができるようになった

うるさい目覚ましに起こされることがなくなった

休みの日も早く起きて時間を無駄にすることがなくなった

などの効果をはっきりと実感できています。

 

値段はいくらするのかを発表します

ここまで読み進めてくれたあなたは、「光目覚ましってすごく新しくて便利なんだな」と実感を持ってくれたことでしょう。

 

そこで消費者として気になる部分としては

「いったいいくらするのか?」と値段が気になっていると思います。

 

そこで値段の発表ですが、

25800円となります。

 

・・・・

・・・・・・

「高すぎやろ」

はい最初は私も思いました。

しかし考えてみてください。

 

25800円を一括で払うということは一時的なダメージです。

しかし、それを365日間何不自由なく使用できることを考えてみてください。

 

25800円÷365日と計算すると1日当たりの値段は70円となります。

 

そう。あなたは1日うまい棒6本分を食べなければいいだけです。

 

ワンコインの外食を5日に1回控えるだけで十分です。

 

それだけの投資で、毎日365日、ストレスなくパッと目覚めを実感することができます。

その価値は10万や100万だしても得られるものではないと思います。

 

朝ストレスなく起きたい!という人はぜひ光目覚ましのINTIを手にとって下さい。

81%の人が朝起きるのが楽になった光目覚まし時計inti(インティ)



今なら3か月間全額返金保証付き!

これまで延々と書いてきましたが「うーん。まだ買うには早いかな」と躊躇している人もいるかと思います。

確かに躊躇しますよね。

 

例えば私の1か月に使っていいおこずかいは3万円です。

そこで25800円の目覚ましを買おうとすると大半のこずかいを犠牲にしないといけなくなります。

 

確かに躊躇する気持ちはめちゃくちゃわかります。

そんな私達を後押しする言葉を用意しなければいけませんね。

 

 

なんと3か月間全額返金保証付きとなっています。

 

つまり3か月間使ってみて満足できない時は、全額返金してもらえるという特典付きということです

それだけ商品に絶対的に自信があるということです。

 

翌日発送してくれる

さあ後は決断するだけです。

決断することであなたは安心して簡単に光目ざましを手に入れることができます。

即日発送として迅速に送ってくれます。

 

つまり3か月間全額返金保証と合わせて、あなたの決断次第で、安心して簡単光目覚ましを手に入れることができるのです。

 

朝ストレスなく起きることができて、全開で出社しパワフルに仕事をしてみんなから尊敬のまなざしを向けられたい

 

規則正しい時間に起きることで健康を手に入れたい

 

「明日起きれなくなったら」と夜不安で寝つけない自分を何とかしてみたい

 

睡眠をコントロールして人生を変えたい

そんなあなたはぜひ光目覚ましINTIを手に取ってみてください。


81%の人が朝起きるのが楽になった光目覚まし時計inti(インティ)

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!