相手の不安を取り除く!支持的精神療法とは

building-731207_960_720

 

鈴木

メンタルヘルス専門家のOGURI鈴木31歳です。

今回は、不安を取り除くために何かできないかということで、いろいろ調べていたんだ。

 

そうしたらあったよ!

題して支持的精神療法というわけ。

 

これを活用して、不安で悩んでいる人への力になってあげようよ!!

Sponsered Link

支持的精神療法とは

支持療法では、治療者が患者の悩みや不安をよく聴き、それを理解して支持することが基本です。
治療者は、患者の訴えに対して、よいとか悪いとか、間違っているというようなこと(価値判断)は言いません。

メンタルへルス・ナビより引用

「なんやめっちゃ簡単やん!」とあなたは思ったんじゃないの?

話を聞くだけやろみたいな(笑)

 

いやいやこれが究極に難しいというわけ。

 

無意識のうちに話を聞いているつもりでも、いろいろ相手に言っちゃっていることもあるの。
実際に具体的な例をあげておく。

 

彼氏彼女の場合

とっとこヤギ太郎
ねえ。悩みを聞いてほしいの。。

 

鈴木
うん?どうしたんや。言うてみい。

 

とっとこヤギ太郎
今日後輩と仕事でもめてしまったの。

 

鈴木
そうなんや。なんでもめたん?

 

とっとこヤギ太郎
後輩の子が挨拶をしなかったから注意しただけなの。
とっとこヤギ太郎
そうしたら後輩の子が逆切れしちゃってさ

 

鈴木
そうなんや。けど後輩も忙しかったンちゃん。だから挨拶をせえへんかったんちゃうの。

 

とっとこヤギ太郎
そんなことないよ。絶対わざと挨拶をしなかったんだから

 

鈴木
そんなんわからへんやん。

 

とっとこヤギ太郎
もういいわ。私が話したのが間違いだった!!

 

どこがまずかったかわかるかな?

それは、

鈴木
そうなんや。けど後輩も忙しかったンちゃん。だから挨拶をせえへんかったんちゃうの。

この部分から徐々にまずくなっているわけ。

自分の意見を述べている

なんでまずいかということは、だいたいわかったよね。

それは、自分の意見を述べているということだ。

 

支持的精神療法はとにかく話を、聞いてあげるという部分が大事なんだ。

話を聞いているつもりでも、無意識のうちに感想を述べているということが、とにかく多いの。

 

話を聞いているうちに、『自分の意見をいうこと』でけんかになってしまうという場面が後がたたないんだ。

 

ただ自分のもやもやしてほしい部分を聞いてほしいのに、説教されているように感じるというわけ。

 

 

意見を言っている人は、説教しようという気持ちはないかもしれないけど。

 

相手には『説教されている』と、とらえられることもあるわけ。

 

不安を取り除くことを難しくしないポイント

無意識のうちに、支持的精神療法をやろうとしたら、めちゃくちゃ難しいことがわかったかな?

 

これを無意識にやっている人もいるけど、それはコミュニケーションの天才だと思うよ!

 

支持的精神療法はなんで難しいのか?ということを書いておく。

それは、一つの技術だからなんだ。
技術って練習が必要だよね。

無意識のうちにできるわけがないの。
だから難しくしないコツは。

鈴木
支持的精神療法を一つの技術ということを知って練習するということ。

それがとにかく大事なんだ

 

不安を取り除く技術を取得するために気をつけること

自分の意見を言わない練習をする

支持的療法を行おうと思えば、あなたの意見を言わないで相手の話を聞くということが大事なんだ。

 

つまり、あなたの価値を相手に押し付けないということが大事なわけ。

 

相手の話を聞いていると「いや。それはこういうことだと思うけどな」と心の中で自分の考えが浮かんでくるときがあると思う。

 

いやほぼ全員が効いていたらそういう自分の価値観は勝手に浮かんでくるでしょ!!

 

その意見を『相手に言わないか言うか』で結果が変わってくるんだ。

だから言わない練習をしてみることが大事なの。

 

 

 

 

自分の意見を言いそうになったら我慢してみる。

 

最初はめちゃくちゃしんどい人もいるかもしれない。
(特にいらちの人とか)

練習すれば人間慣れてくるから。大丈夫だ!

 

しっかり受け止めてあげる練習をする

自分の意見を言わないということにもう一つ、足し算をするとしたら、もう一つは相手の話を受け止める練習をするということ。

 

自分が相手の話を聞いているつもりでも相手には伝わらないこともあるの。

 

例えば、相手の話に、無表情で首だけふってたって「こいつ話聞いてんのか」っていうふうになるわけ。

 

リアクション薄いんだよ!ってこと

 

リアクション出して相手の話を聞いているという積極的な姿勢がとにかく大事であるということ。

 

  • 「そうなんだ」と大きめの声で言ってみる。
  • 身体のジェスチャーで了解を示す。
  • 話を聞いているよと、相手との距離を徐々に考えていく。

 

これは練習すれば絶対に身に付くことだから。
100パーセント保証する!

 

けど、練習しないといつまでも変わりがないからね。

リアクションなさすぎて、相手の機嫌が悪くなったりとか、めちゃくちゃよく起こる日常茶飯事だからね。

Sponsered Link

まとめ

支持的精神療法は相手の不安を受け止めるということ

そのポイントは2点

  • 相手に話を聞いているときは自分の意見を言わない。聞くということをとどめるようにする。
  • 相手の話を聞いているというアピールを積極的に行う(リアクションを大きくするなど)

この2つの技術は絶対に練習すれば身についちゃうものだから。

 

 

鈴木
相手の不安をしっかり受け止めてあげようね

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!