「辛いあなたへ・・・」新人看護師がやめたいと感じるときの4つの対処法について

6ああComic3_001

どうも!看護師兼メンタルへルス専門家のOGURI鈴木です!

この記事では新人看護師のあなたが辛いと感じたときにしてほしい対処法のことを説明しています。

「もう看護師をやめたい」新人のあなたは感じることはありませんか?

私も、新人看護師時代を経験したものとして、「めっちゃしんどいし、めっちゃ辛い」と感じることはたーくさんありました。

2013年度における病院看護職員の離職率は常勤で11.0%、新卒で7.5%となり、小規模な病院ほど離職率が高いことなどが、日本看護協会の調査から明らかになりました。

メディウオッチより引用

離職率というものは、看護師そのものをやめてしまう割合ということですから、まさに、10数人のうち1人が看護師をやめてしまう傾向にあります。

 

 

でも、せっかく夢を持って取り組んできた看護師ですから、同じ職種として私はあなたに看護師を続けてほしいと思っています。

今回「看護師をやめてしまいたい」という新人看護師のために記事を書きました。

新人看護師がやめたいと思う理由

その理由に対する対処法

というものをお伝えしていきます。

まず、新人看護師がやめたいという理由として

  • 1,人間関係が辛い
  • 2,仕事そのものに苦痛を感じる
  • 3,夜勤の過酷さ
  • 4,友人と予定が合わない
  • 5,大きな責任とプレッシャー

があります。

そして、その対処法として

  • 1,挨拶を徹底する
  • 2,一つの区切りをつけて目標を立ててみる
  • 3,夜勤は慣れるまで待ってみる
  • 4,どうしてもしんどい時は転職を考えてみる

ということを紹介していきます。
順番に見ていきます。

Sponsered Link

 

新人看護師がやめたいと思う5つの理由の紹介

z紹介_001

まずは新人看護師がやめたいと思う理由を紹介していきます。

もし先輩看護師が見ているのであれば「ああ。新しい子は、こんなことで悩んでいるんだ」と参考にしてもらえればと思います。

1,病院の人間関係が辛い

学生時代とは打って変わり、社会人を任されることに対するだけで、戸惑いを感じているのに、職場での人間関係がとにかくストレスであるという人が跡を絶ちません。

 

特に新人看護師は1人前と言われるよりも、学生や、研修生のような意味合いが強いので、免許を持っていても先輩看護師とは肩を並べることは難しいものです。

 

先輩からいじめの標的になることもありますし、仕事を進めるうえで相談できないなどの悪循環をきたしてしまいます。

 

私も、新人の頃、苦手な先輩がいて、なかなか話しかけることすらできなかったのを覚えています。

 
しかもそういう人こそ、何かミスが見つかり、余計に怒られ恐怖を抱いてしまうということが多かったです。

 

このように新人ならではの人間関係のつまずきは本当に大きいです。

2,看護師の仕事に苦痛を感じる

あなたは、学生の頃必死で実習のために勉強をした経験はお持ちでしょうか?

 

「もうだめだ。これ以上勉強はできねえわ」というぐらい、勉強した記憶があるのですが、新人看護師になると、勉強しないといけない量は数倍に跳ね上がります。

 

病気や看護の勉強に加えて、物品や書類の整理などの仕事そのものも覚えないといけないので、とにかくやることが多すぎて「どうしたらいいんだ!」と叫びたくなります。

 

そんないっぱいいっぱいの中でも患者さんとは、笑顔で接さないといけない時もあります。
モンスターペイシェントと言われる人もいますしね。

 

普通では考えれないようなめちゃくちゃな要求をされることも少なくはありません。

 

つまり、新人看護師の頭の中は常にオーバーヒートしている状態であるといえます。
そんないっぱいいっぱいなことで「もう辞めたい」と思う人は多いのです。

 

3,夜勤が辛い

学生のころは、朝に起きて夜に起きるという規則正しい生活をしている人が大半でしょう。
しかし、看護師になるといやがおうにも夜勤をしなければいけない時もあります。

 

そんなこんなで、生活のリズムそのものが崩れてしまい、しんどさを感じている人も多いのです。
もし夜勤にだるさを感じたときは夜勤明けのだるさの対処法という記事を読んでみてください。

 

一般の友達は、サラリーマン上がりで、アフターファイブを楽しんでいるのに、夕方から働きに出るときに「どうして俺は働かないけないんだろう」と頭を抱えることも正直ありました。

 

このように今までの日常に夜勤業務が関わってくるということもやめたい理由の一つです。

※ただ夜勤がすごくやりやすいという人も中にはいます。そういう人のために夜勤専門看護師のメリットの記事を書いていますので参考にしてみてください。

 

4,友人と予定が合わないから一人になることが多い

病院は基本的に24時間営業なのはご存知だと思います。

そのために看護師は交代制勤務であることは余儀なくされます。

 

学生の頃は土曜日、日曜日は休みであっても、休日出勤をあたりまえのようにこなさないといけません。

すると、友達とよく遊んでいた人は、なかなか日程が合わせずらい状況になってしまいます。
すると、自然と一人の機会も増えてしまいます。

 

私は一人になる機会が多くなったとき「なんで自分はこんな仕事をしているんだろう」という風に頭を抱えることも少なくはありませんでした。自然とネガティブなことを考えてしまうようになっていました。

 

5,大きな責任感とプレッシャー

フレッシュナースマンは、先輩看護師からは、新人看護師は研修生のような扱いを受けてしまいます。

 

しかし患者からすればプロとしての目で見られる。

このジレンマが大きなプレッシャーを生み出してしまいます。

 

注射にしても、点滴を流量調整にしても。最初は何しても緊張するものです。
しかも一つのミスが大きな事故につながる恐れがありますから、その重圧はとてつもないものになります。

 

また、容態の急変ということも起こりえます。
私は最初経験した時。「さーっと血の気が引くような感じ」を経験したことがあります。

 

「もう辞めたい」と思ったときの対処法

typewriter-726965_960_720

1,職場での挨拶を徹底してみる

人間関係で悩んでしまっている人はまず挨拶をすることを心がけてください。
あえて、聞こえるような大きな声でしてみるということです。

 

これを行うことで、余計な対人関係の悩みを吹き飛ばすことができます。

 

例えば、「怖い。怖い」という人に限って、意外と話しかけられないということがあります。

 

しかも向こうもそれを察するために「なんだあいつ」と陰性な感情を募らせてしまいます。

ですから、まずは挨拶を行い先手必勝を行うことが大事です。

 
挨拶をされて嫌な気分な人はいませんから。むしろ、されないほうが「なんだあいつは」と怒りを強める原因にもなってしまいます。

2,一つの区切りをつけて目標を立ててみる

看護師という初めてのわからない状況を「終わりのないゴールまで続ける」ということはできないです。

 

つまり、終わりのない迷路をグルグルとまわり続けることになってしまい、「もう挫折しかない」と挫折してしまうことも少なくはないのです。

 

だからまずは簡単な目標を立てるということが大事です。

  • 3年間は同じ病院で続けよう
  • ボーナスまで頑張ってみよう
  • 今週は飲み会があるから頑張ってみよう

など、合間合間に目標を設置してみるということが大事になります。

 

目標を立てることで、自然と頑張ってみようという気持ちになれます。
またポイントとしては、ご褒美を設置することが大事です。

 

私は3か月を節目に絶対に旅行に行こうと考えていました。
そう。期間を決めてやりたいことなどを計画しておくのです。

 

3,夜勤は慣れるまで待ってみる

「やばいめちゃくちゃだるい」と夜勤勤務の入り始めはすごくだるいことがありますが、数か月なれるかどうかを確かめてみることが大事です。

 

人間は適応能力を持っているので、夜勤は最初しんどいと感じてしまってもじきになれる時もやってきます。
少し上の先輩に聞いてみることも良いでしょう。

 

今ではバリバリと何の問題もなく夜勤業務をこなしてる先輩もいますが、「昔は本当にしんどくて何度もやめようと思ったときもあった」と語る人は少なくありません。

 

※しばらく夜勤業務をこなしているにも関わらず身体の不調や、気分の落ち込みやイライラが続く場合は自律神経失調症の可能性もあります。

 

夜勤明けのだるさを解消する方法の記事をぜひ参考にしてみてください。

4,今の職場ではとてもじゃないがやっていけない、抑うつ症状が出ている時、気分の落ち込みを感じるとき

ああああいらいら_001
  • どうしても人間関係の中で苦痛を感じてしまいやっていけない
  • 最初は3年と決めていたが、もはやその意欲すらない
  • ひとと会話しているとわけもなく涙が出てくる
  • 時には死にたいと感じてしまう

このように極限まで追い詰められているときは、無理をする必要はないと思います。
実際に私も無理をしたあげくにうつ病になってしまったという経験を持っていますから。

 

 

ちなみにあなたが新人看護師だとして、何十年も看護師を続けることになることを自覚しておいてください。ですから、一時のために無理をしてしまった上で、一生看護師をやめるということはあまりにももったいないことだと感じます。

ですから、そういう場合は、

  • 一度休職を行いよく考えてみる
  • 転職を考慮してみる

と考えてみることも大事です。

 

看護師の転職サービスなら手軽に相談を行うことができる

あgあ_001

もしあなたが新人看護師で「もうやめるしかない」と極限まで追い詰められている場合は、転職サービスを利用するということもお勧めです。

 

もし夜勤が嫌なら夜勤のない働き方

医療行為が嫌ならば保健センターやデイケアなどで働く働き方

人間関係で悩んでいる場合は、人間関係の良い職場

土日休みの職場

転職サービスであれば、数多くの案件を持っていることが特徴的です。
専任のコンサルタントが付きますので。「自分の悩んでいることや職場の希望を気軽に相談することができる」という点でお勧めです。

 

私の経験ですが実際に面接に行き「すみません。夜勤のないような働き方をお願いします」と病院の面接担当にいったところ、ものすごく嫌な顔をされた経験があります。

転職サービスは職場の希望を事前に病院側に伝えてくれるということが大きな強みになります。

興味を持ったなたは今すぐにクリックし、


アナタにピッタリの職場が見つかる!ナースライフ♪

Sponsered Link

最後に

新人看護師がやめたいときまとめ

  • 1,人間関係が辛い
  • 2,仕事そのものに苦痛を感じる
  • 3,夜勤の過酷さ
  • 4,友人と予定が合わない
  • 5,大きな責任とプレッシャー

 

があります。

そして、その対処法として

  • 1,挨拶を徹底する
  • 2,一つの区切りをつけて目標を立ててみる
  • 3,夜勤は慣れるまで待ってみる
  • 4,どうしてもしんどい時は転職を考えてみる

新人看護師という1年は看護師を続けていくうえで大事な1年になります。

「よしやってやるぞ」と最初は大きな決意を持っていたとしても徐々に疲れてくるというものが普通の人間ってやつです。

だから大事なことは
自分なりのペースでしっかりやるということが大事になるのです。

 

ついつい周りはあなたをせかそうとしてきますが、それはそれで時には流すことも大事なのです。

 
今自分のできることで、無理をしないでいける方法を探していくことが、新人看護師の「やめたい」という気持ちに対処していくほうほうなのではと思います。

最後までよんでいただきありがとうございました!!

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!