結論から言いますと、

この記事では敏感で生き辛い自分が

どうやったら生きやすくなるのか?

 

ということについて書いています。

 

敏感で敏感で常に負のアンテナを張ってしまい、

些細なことにも傷ついてしまう。

 

そんな風に自分も考えていたときがあります。

 

「なんで自分はこんなに心が弱いんだろう。

とにかく変えたいと考えているのに」

と毎日のように悩み苦しんだ記憶がありますから。

 

もしも同じ状況であなたが悩んでいるのであれば、

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

 

敏感で生き辛い人生を生きるにはどうすればいいのか?

敏感で生き辛い状態はどういう状態なのか?ということに

まずは気づく必要があります。

 

つまり、感受性が高く些細な信号をキャッチしてしまう人を

HSPと定義をすることがあります。

 

人の変化の些細なことに気づく

 

人の気分に左右をされてしまい傷つきやすい

 

些細な失敗がまるで大きなことのように見えてしまう

 

少しのストレスで自分は激しく傷ついてしまうので

自分の意見を言わない。引っ込み思案などで衝突を

避けようとする

 

消極的に人から見えてしまい時には、

人から怒りを買うことも少なくはない

 

このように敏感な種類であるということは特徴として

把握をしておく必要があります。

 

また人の2割はこのHSPという種類に属し、

些細な情報をキャッチしては傷ついている人が多いのです。

 

HSPの特徴

1,五感がするどい(視覚、聴覚、嗅覚、触覚、嗅覚)

HSPの場合はとにかく5感が鋭いです。

 

たとえば些細な音で過敏に反応をしたり、

布団の上の埃が足の上に乗ったことでいつまでたっても

眠ることができなくなったり・・・・

 

普通の人では考えることができないような

感覚をもっています。

 

あまりにも外の世界に過敏に反応をしてしまうために、

時には音もない。

暗い空間に身をやつすることもあります。

 

2,思考が複雑化してしまう

難しく書きましたが、

ようは、深読みをしてしまうということです。

 

たとえば朝挨拶をして人から無視をされてしまった。

普通の人であれば

「ああ。忙しかったんだな」ということで

気にも留めないという人が多いでしょう。

 

しかし、HSPの人はシンプルに考えることができずに、

それを複雑に考えてしまう人が非常に多いのです。

 

「どうして無視をされたの?私のことが嫌いなの?

それとも昨日の仕事でミスをしてしまった?」

 

というように何個も可能性やネガティブを混ぜ込んで

一人で悩んでしまう傾向があります。

 

3,人から誤解を受けやすい

HSPは5人に一人の割合で存在しています。

つまり少数派にかたよるために

非難を受けてしまいやすい可能性が大きいです。

 

実際に人とは違う感性を持っているということは

多数はの人から見れば

「あいつは変人だ」というように移ってしまう事も

多いのです。

 

すると周りから変な目で見られ、

本来のあなたの良さが消されてしまう

可能性だってあるのです。

 

4, 人への共感能力が高い

言い換えると人の気持ちがわかりやすく

共感することができる能力が非常に

高いということです。

 

また人のリサーチをすることも非常にうまいので

「今はこんな気持ちなんだね」と深く共感をする

こともできてしまいます。

 

5,芸術家や生み出す仕事に非常に向いている

些細な刺激を察知し、

人とは違う感性を生み出すことができるHSPは

芸術家などつくり出すことができる仕事に向いているといわれます。

 

人とは違うまた視点でそれを仕事中で

才能として発揮することができてしまいます。

 

HSPの場合才能と定義をすることで行きづらさを解消することができる

HSPの人が行き辛さを解消するためにできることは、

その特性を才能と捕らえることが大事です。

 

HSPの人はたいてい自分に自信がない人が多いです。

自分の特性そのものが嫌い。もしくは苦痛であると考えているので、

自分に自信が持てず、人とのかかわりそのものを

たとうとする人が多いのです。

 

人からきらわれるのが怖いという気持ちが

より人に伝わり、いやな印象を与えてしまうことに

なります。

 

「何だよ人の顔ばかりをみやがって」と当然相手にも

つたわりますので、余計に相手から

いやな言葉を投げかけられることが多いものです。

 

そのため余計にいやな思いをして

人とのかかわりそのものを避けるという

悪循環をきたしやすいものです。

 

これは敏感な自分をマイナスと捉えてしまうことで

おきる弊害であると考えることができます。

 

そのために敏感な自分を価値あるそして

才能にあふれている自分であると定義することで

生き辛さを解消することができるようになります。

 

些細なことに気づくというのは立派な才能である

HSPというのは見ようによっては

すばらしい才能です。

 

些細な変化に気づくことができるというのは

相手のことをリサーチすることができるということ。

 

「こういうときは機嫌が悪くなるんだな」

「こういうときは笑っているから、うれしいときなんだな」

というように観察によって相手の特性をつかむということが

非常にうまいということです。

 

そのために、そのリサーチを人生に積極的に生かすということは

難しいことではありません。

 

人に気に入られ、周りの人を集めることができる。

そんな才能をあなたは持っているのです。

 

たいていの人は敏感に察知する能力を

「だめなもの」として捕らえてしまうから、

可能性を失ってしまうのです。

 

敏感なのは立派な才能であるということを

把握しておきましょう。

 

あまりにも敏感な自分が限界までストレスを受けてもはや心のエネルギーが残っていなければ・・・・

敏感で生き辛い自分を何とかするためには、

自分の才能を知ってそれをうまくかつようしていくことが

生きつらさを解消するコツであることを述べてきました。

 

しかし、あまりにもストレスを受けすぎて

自分の心が死んでしまいそうなときはうつ病を考えて

対処する必要があります。

 

深く共感し頭で悩ませてしまう。

そんな突出した才能は時には精神疾患を誘発してしまう

可能性があるのです。

 

実際に私もストレスを受け続け、

最終的には人間関係に取り付かれてしまい、

朝起きると全く身体が動かなくなったという

記憶があります。

 

 

結果はうつ病で休職生活を余儀なくされてしまいました。

 

そんな自分に異質を感じて

「自分なんてだめなんだ」とまた自分を責める日々が

続いてしまいました。

 

敏感であるがゆえに、自分の存在を呪ったこともありました。

 

ただこのままではいけないという

気持ちは自分の中にもありました。

 

敏感な自分とうつ病を何とかするために

手を打たないといけないという気持ちも持っていたんです。

 

そこで私はあるものに出会い、実践をしてみたところ

うつ病を回復させ、心のエネルギーを取り戻したのです、

 

もちろん私の敏感な個性は残っており、

外部からの刺激をたくさん受けることもあります。

 

それでも以前のように刺激を受けて深く考え込んでは

絶望を味わうということは一切なくなりました。

 

心のエネルギーがともることで、

ストレスを受けてもそれを跳ね返し立ち直ることができる

という特性を手に入れることができました。

 

今では自分の個性を認めて、

元気に胸をはって社会生活を送ることができるように

なっています。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー