[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]

どうも、どうもうつ病を克服したOGURI鈴木です!!

OGURI最高です!

[/voice]

 

[aside type=”warning”] 今回はうつを改善する方法として、程よくやめる技術というものを紹介していきます。[/aside]

 

これを知っておくことは、うつ病を改善、予防するという点でとても大切になります、

うつ病の人、なんでも完璧じゃない気が済まない人は必見です!

 

世の中には頑張りすぎてしまうという人がいる

 

人間、何かをやる際に、ちょっと調子が悪くなったりしたら、自分で、「もうやめておこう」と切り上げることができればすごくいいです。

うまく上げる、程よくやめる能力があれば、自分を負担や、ストレスから守ることにつながります。

それ自体がうつ病予防の最適な改善法を持っているといえます。

しかし、世の中そのような人ばかりではありません。

 

俗にいう「頑張りすぎてしまう人」というのがなんと多いことか多いことか。

ブラック企業でも代表されますが、我慢強い人というのは限界まで自分を追い詰めようとします。

もしくは限界まで追い詰められているということすら気づいていないかということです。

 

感覚がマヒしているといってよいかもしれません。

自分を追い詰めていると、ストレスと疲労の波が徐々にたまっているようになります。

 

そうすると、回復が追い付かなくなります。

ストレスをため続け最終的にはダムが決壊してしまいます。

そうすると、うつ病が増悪したり、発症してしまったりと事態が急速に悪化してしまうことになります。

 

改善のためには程よくやることが必要

 

世の中には腹8分目という言葉があります。

8分目は消化吸収能力に負担を過度にかけず、健康につながります。

 

それと、同じで、物事を行うにしても程よくやるということがとても重要になるのです。

[aside type=”warning”] この程よくやるということは『一つの技術である』ということを意識しておいてください。[/aside]

 

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]

うつ病を改善する技術として、意識しておくことが、めちゃくちゃ大事になります。

技術ってわかっておけば、自分で治すことも可能ですから。

[/voice]

 

ご飯の話に戻します。

満腹まで飯を食べると腹が苦しくてたまったもんじゃないですよね!

 

『もう飯がくえない』と腹を持ち上げます。

しばらくの間消化にエネルギーを使って動くこともままならなくなりますからね(泣

ですから、オーバーワークよりも、物事をゆっくりすすめるということがいかに自分に負担をかけないのかが、重要であるということです。

つまり、自分の程よいペースで行っていくという、『マイペースケア』という考え方がすごく重要になってきます。

ストレスから、守り、うつ病から身を守ります。

 

マイペース法のポイント

では、程よく行うマイペースのポイントを紹介していきます。

 

1、物足りないぐらいでいい

ここが一番重要なポイントなのかもしれません。

 

思った以上に物足りないぐらいで、ちょうどいいんです。

 

例えば、ブログを更新するのにも物足りないぐらいでいいのです。

「俺は4000字は書かない時が済まないんだ」というふうにでなく、「1000字でもいいか」と程帆づする考え方がちょうどよいのです。

 

「俺はもっともっとやりたいや」という人がいるかもしれませんが、そんなことは一切ありません。

 

このことを意識するには『ずーっと続けていく』という意識を持つことが大事なのです。

 

ペース配分が下手な人はウサギのスピードで長い道のりを進もうとしている人がとにかく多いです。

人生であれば、長い人生を続けていくという意識です。

カメのようなマイぺーすでも確実に進んでいくほうが長くすすめられますし、自分自身の負担も少なくてすみます。

 

2、段階をふんで行っていく

 

物足りないぐらいの行動を起こすようになったら徐々に段階を増やしていきましょう。

このポイントで重要なことは、無理のないように行うということが大事になります。

 

そして段階を応じて行動を行っていき、『あかんわ。これ無理やな』と思ったら、もちろん前の段階に戻っていきましょう。

 

3、反動が来たり無理だとおもったら前に戻る

今回は段階を追ってこのメニューを作ったけどとてもじゃないけど無理やと思ったら、それはやめてしまってもかまいません。

つまり、前の段階に戻っても大丈夫ということです。

一見挫折のように見えますが、挫折ではありません。無理のないように行っていくということがとにかく大事ですから。

 

OGURIスズキのブログ計画

では、イメージしてもらいやすいように、OGURIが実際に行ったブログ作成計画について発表します。

→私はこれで、ブログを毎日更新できるようになりました

 

1週間目  2週間目 3週間目  4週間目
 ブログをしたい理由を紙にかいて読む  パソコンをさわる 10分だけブログを書く 1記事書いてみる

1週間目とか、

1週間目とか読んでいるだけですからね(

こんなに楽でええのという感じですが、今では毎日更新できていますからね!効果はおすみつきであります!

 

まとめ

とにかく自分無理のないように進めるということが、一番大事です。

 

特にうつ病は、調子の良い時に『まだまだできる』と行動をエスカレートさせてしまい、最終的には調子を崩しているということがほとんでですから。

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]何度もいますが程よくやめるということが一番大事で一つの大切な技術になります。[/voice]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー