『男性限定』落ち込んでいる女性の効果的な励まし方

arrow-686315_960_720

どうも!メンタルへルス専門家のOGURI鈴木です。

この記事は落ち込む女性を前にしてどう励ましてよいか困っている人のために、女性の励まし方を書いております。

 

最近、症状別対処法のような記事ばかりを書いていたので、コーチングの観点から記事を書きたいと思います。

もしこれを見ているあなたが男性だった場合、女性を前にしたらかなり役立つ記事になるでしょう。

 

「落ち込んだ女性を前にして励ましてみたけど逆に怒ってしまった」とあなたはそんな経験がありませんか?

 

私も女性が落ち込んでいた時に、上手く励まそうとしてうまくいかなかったという経験があります。

しかも火に油を注いだかのように余計に落ち込んでしまい、頭をふさぎ込んでしまう。

そんな困った時の励まし方を紹介していきますね。

Sponsered Link

 

励ました方の前に原則があります

「よし励まそう」と積極的に励ますことがその人にとって本当に良いものかというものでもありません。

女性は悩みを打ち上げてきた際には

ますは話を聞いてほしいということを大前提にしてほしいということです。

別に解決策を求めて必ずしも相談してきたというわけではないということです。

 

自分で話をしているうちにいつの間にか頭の整理がついて解決策を見出す人も多いです。

女性は話が大好きな生き物であるということを念頭においてくださいね。

ではそれを踏まえた上で励まし方にうつっていきますね。

落ち込んだ女性の励まし方

1,明らかに落ち込んでいる場合は「どうしたん?」と、声をかけてみる

明らかに表情も暗く、その女性に陰のオーラが漂っている場合に「どうしたの?」と簡単に声をかけてみることから始めてみましょう。

心にすごい悩みを抱えていても、中々口にすることができないという人はゴマンといます。

そこで言語化をしてあげることで、その女性の悩みを表出しやすくするのです。

 

また「あなたのことを心配しているよ」というメッセージを暗に示すことができ、女性に安心感を与えることができるようになります。

 

2,とりあえずは、話を聞いてみる

そして、女性が話を始めたらまずは話を聞くということから始めましょう。

よくあるのが話している最中に解決策を示してしまうことです。

「そうなんだ。じゃあこうすればいいから大丈夫だよ」と前向きに励ましたつもりでも。

 

女性は「なんか話が違う」という風に共感をしてもらえないことがすごく多いんですよね。

ついつい男性は「励ましたり、悩みを解決してあげなきゃ」と思ってアドバイスをしてしまいがちです。

 

ですから、まずは話を一折聞いてみる。

聞き役に徹するということに念頭を置いてみるようにしましょう。

 

※ただし明らかに聞いていないような態度を見せることは厳禁です。「ふーん」みたいな聞き方をしていると「この人話聞いていないよね」と話をすることをやめてしまうかもしれません。相槌を打ち、相手の言葉を要約してあげるなど、積極的な傾聴がすごく大事です。

3,自分は敵じゃないよとメッセージを示す

本当は自分の悩みを聞いてもらいたいけど、上手く話すことができない。

 

そういう人は、相手を警戒している可能性が高いのです

「悩みを話すことで、相手から軽蔑されたらどうしよう」と自分の中で壁を作っている可能性があります。

 

そういう警戒に備えて「大丈夫俺は○○の敵ではないからねというふうにメッセージをし召してあげるようにしましょう。

そうすることで、「この人は敵じゃないんだ。味方なんだ」というふうに感じてくれて自然と悩みを打ち明けやすくなります。

 

4,褒めたり励ましたりポジティブな言葉をかけるタイミングを間違えない

話を始めていきなり「大丈夫だよ。○○さんは頑張っているの知っているからさ。だから大丈夫」という言葉をかけてもその女性の気が晴れることは少ないでしょう。

 

なぜならば話し始めの女性は、ネガティブな気持ちでいっぱいだからです。

そのタイミングでほめてしまうと、せっかくのポジティブな言葉も全部派へ返されてしまうことが多いんです。

 

まずは、ネガティブな感情を吐き出させてあげることが大事です。

ネガティブな言葉を吐き出すことができて、初めてポジティブな言葉を受け入れることができるようになります。

ですからまずは話を聞いてみて一通り終わればポジティブなアプローチを心がけてみましょう。

 

4,喜びを演出してあげる

ユニバーサルスタジオジャパンのCMで女性が話していたのは

「あんなに落ち込んでいたのに、USJ行って遊んだらいつの間にか、なんで悩んでいたんだろうと気持ちが変わりました」と話していることが印象的でした。

 

そう。これはまさに楽しいことをかぶせて、気分転換をさせているといえます。

そのために、女性を励ますときは喜びの演出を行うということはすごく効果的になります。

  • どこか楽しい所へつれて行ってあげる
  • おいしいご飯を食べてもらう

などは気分転換を図るための絶好のチャンスになりますよね。

 

※ただし、とにかく落ち込んでいるときは話を聞いてあげるようにしてください。落ち込みがひどい時はそもそも「楽しいことをしよう」という気持ちすらわかないことが多いものです。話を聞いて気持ちが少し晴れてきたなと思ったら、喜びを演出してあげるタイミングと言えます。

 

もし励ましても一向にネガティブな感情が訂正できない場合

もしあなたが話を聞いてあの手この手を使っても一向に、悲しみから立ち直れない場合。

 

「あなたも本当は私のことを馬鹿だと思っているんでしょ」という風にある意味被害的な感情を持ち、あなたのことを攻撃してくる場合。

それはもしかしたらメンタルへルスの疾患。うつ病などにかかっている可能性があります。

 

励まし方というのは非常に重要ですが、メンタルへルスを病んでいる場合は、励ましてもそれが逆効果になることがあります。

例えば、良いタイミングで励ましても逆に怒りの感情で攻撃された

もう落ち込みが何週間も続いていて一向に心境に変化が起きない。

そういった場合は、心療内科やカウンセリングなどに専門家に任せることが効果的なこともあります。

 

一時的な落ち込みと、ずーっと続く落ち込みに対しては、また異なる対処法があるということを知っておいてくださいね。

Sponsered Link

まとめ

まとめ_001

女性を励まし方について

励ます前にまずは女性は話をすることが大好きな生き物であるということを心の片隅に置いておく。

励ましたの応用法

1,「どうしたん」と声をかけて相手の表出を促す

2,聞き役に徹する

3,自分は敵じゃないというメッセージを伝えて、警戒を解く

4,喜びを演出して気分転換を促してあげる

落ち込みがずっと続いているときや励ましても一向に落ち込みが改善せずに逆に被害的な感情を抱いてしまう場合、専門家の相談なども考えるようにする

 

以上です!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!