ストレスを抑えるためのパワハラ上司の現実的な5つの対処法とは

thumb-1013968_960_720
鈴木
どうもメンタルヘルス専門家のOGURO鈴木です。

会社勤めの読者が大半であると思いますので、共感してもらえると思いますが、会社に行くと、一人ぐらいは苦手な人はいると思うんです。

ようはパワハラ!上司というやつですよ

その人がいるだけで会社に行きたくなくなりますし、新型うつ病などに代表されるように、ストレッサーの引き金になります。

自分が心健やかに過ごすためにも、何とか脅威となる上司から、うまい対応を覚えたいですよね。

本記事では、パワハラ上司に対する対応策というものをシェアしていきたいと思います。

会社にいくのがおっくうになっている、そんな人にぜひシェアしていきたい内容になっております

Sponsered Link

そもそもパワハラ上司というのはどういうものかおさらいをしておく

そもそもあなたのパワハラ上司とはどういうものでしょうか?

  • 怒りっぽい人
  • 威圧的な人

いろんな思いや考えが浮かぶでしょう。

まずパワハラ上司の特徴を紹介しておきます

1、本当は弱い人間であるがそれを隠すために強がったり、威圧的になっている

本当は自信がなくちょっつとしたことで論破されてしまいそうだったり、核の部分がものすごく弱いのですが、それを隠すためについつい強そうな態度をとってしまう人がたくさんいます。

上司も人間ですから小さいころに何か傷ついたことがあるだとか、トラウマになっているかだとかそういうケースがあるのです。

ついついその部分を露呈ッしたくない代わりに威圧的な態度とっていることが多いものです。

2、意にそぐわないことがあると攻撃的になってしまう

自分の思い通りにいかない場合に憎まれ口をたたいたり、怒りっぽくなったりする人です。

これは、相手が思い通りに動いてくれないとき、もしくは反抗的な時に顕著にその傾向が表れてしまいがちになります。

もし今のあなたに攻撃的なっているとしたら、あなたがもしかしたら意にそぐわない行動をとっているからのかもしれません

3、リーダーシップがないもしくは意味を取り違えている

リーダーシップのある人間であれば、言葉やボデイランゲージ時には、タイミングなどを駆使して、リーダーシップを発揮していきます。

パワハラ上司はリーダーシップが発揮できないからこそ、相手に対して威圧的、無理な要求を部下におしつけているかもしれません

もしくはリーダーは怒ることでいうことを聞かせることができるという考えをもっているかもしれません。

基本的には部下と上司は立場の違いがあれど、仕事をするべき仲間です。
上から目線で接しいうことを聞かせようとしても結局はうまくいかないことが多いものです。

パワハラ上司がいる場合の対処法とは

パワハラ上司のおさらいをしましたが、次に私たちが何をするべきでしょうか。

①暴力を振るってくる場合は証拠を残すようにする

意にそぐワないときや気に食わないなどの理由で暴力を振るってくるケースがあるとして、もはやこれは、話では解決できないケースであると考えられます。

いやむしろ完全に論外なやつです。暴力をふるうなんてもってのほかですから。

この場合は、まずあるべきところに報告するということが重要になってきます。

そのためにまずは証拠を残すということを徹底してください。

ようは、日時や時間をメモしておくのもそうですし、傷ができたときは写メなどで記録を残すということが大事です。

してはいけないことは殴り返すということです。殴り返してしまうと正当防衛といえどもあなた自身不利な状況に追い込まれてしまうことになります。

②伝え方のポイントをうまくつかんで実践していく

「この上司は苦手だ」と感じる場合、大部分は報告連絡、相談がうまくいっていないことが多いのです。
苦手だから話しにくい→報告すら難しくなる→さらに上司に誤解をされるというふうにコミュニケーションエラーがバンバン出ている状態であると考えることが、できるのです。

例えばですが苦手な人が前にいるとあまりかかわりたくないですよね?
苦手意識を持っているとその部分で何かしら支障が出るものです。

ですからあえて、報告連絡、相談という部分に対して徹底し、スムーズにしてみるのです。

「この上司は怖い。余計に怖い」と心の中で思っていると、どんどんどの気持ちが増幅してしまうことになります。

怖い気持ちはありますが、あえてその時は何も考えずに報告するという部分にフォーカスしてみてください。
そうすると案外自分の勘違いであったり気づくことができるかもしれません。

※負の感情や、嫌な気持ちを持っていてもあえて底の部分に突入していくということを森田療法の世界では恐怖突入といいます。

③上司への受け取り方を変えてみる

「パワハラだ。パワハラだ。」とその気持ちはどんどん増幅されている場合、ささいな注意がある場合でも過剰に受け取ってしまうことがあります。

そうすると、冷静な事態も冷静になれなくなります。
まずはその苦手な上司に対してどのような受け取り方をしているのかおを考えてみましょう。

もしかしたらあなたは些細なことで過剰反応を起こしているのかもしれません。


そこで余計に反抗しやりあってしまうと意にそぐわないということで余計に関係が悪化してしまう可能性もありえるのです。

 

④こちらから歩みよっているが改善がされない場合

こちらからあれこれ考えて対策を立てているのに明らかに改善がされない場合。第3者から見て明らかにおかしいと感じている場合、そうした場合は環境を変えてみることも大事です。

もしかして、逃げているんじゃないかと考えることもありますが、そんなのは逃げではありません。
むしろあなたが問題解決を行うためにとった最適な行動であると考えることができますから。

 

⑤もしものためにあなたを守ってくれる法律

上司に理不尽なパワハラを受けている場合。

そんな時にあなたはじっと耐えて我慢している必要はありません。

いざとなればあなたを守ってくれる外部の機関に相談することが手となります。

総合労働相談センター各都道府県に設置された、厚生労働省による労働相談窓口です。専門の相談員が電話または面談で相談に応じてくれます。

労働基準監督署担当職員が事業所を視察したり、代表者を呼び出して調査を行います。状況次第で是正勧告や指導が行われることになり、事業者側としては不名誉なことになります。

NPO法人 労働相談センター創設27年以上のNPO法人の相談窓口です。累計約8万件の相談実績あり。電話・メール・面談で相談に乗ってくれます。

かいけつサポート法務省の制度です。当事者同士の話し合いで柔軟な解決を目指します。「極力大げさにしたくない。社内で解決したい」とお考えの方向け。

介護のお仕事より引用

このようにあなたの周りには、相談する機関や施設がたくさんあることがわかります。
身近な人に相談をしにくい時、相談したけど、思った以上に感情的に言われてしまったときなど、客観的な視点を与えてくれることでしょう。

Sponsered Link

まとめ

パワハラ上司から身を守る方法

  • 1、暴力などを受けた際には証拠を残す
  • 2、伝え方のポイントを整理して客観的に接する
  • 3、上司の受け取り方を変えてみる
  • 4、こちらから歩み寄って改善されない場合は、部署移動や転職も視野にいれる
  • 5、外部の専門機関へ相談

あなた一人で悩む必要はないんです。

 

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!