[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]どうもOGURI鈴木です。[/voice]

 

 

[aside type=”warning”]

もしかしたら、あなたの周りにうつ病の人がいて、どう接して良いかわからないか悩んでいる。

そんな人のために、この記事を書きました。

題して、うつ病の人に効果的な目を使う接し方を書きます。

[/aside]

Sponsered Link

目を使うということはどういうこと?

eye-491625_960_720

『うつ病の人に目を使って効果的に接する』って、ぱっと見て難しいよね?
イメージがつきにくいというか。

 

アイコンタクトって言ったらわかりやすいと思う。
その人に視線を送るということ。

 

「目は口ほどものをいう」ていわれる。
本当に『目を使う』っていうのはコミュニケーションで大事なことなんだ。

 

例えば、めちゃくちゃ親切なことを言っていても、目が怒っていたら、全然伝わらないよね?

 

アイコンタクトを、自分がいかに送るかということで、相手の反応はすごく変わってくるんだ。

 

 

うつ病の人にも効果的な、アイコンタクトを使用した接し方について、具体的に書いていきます。

 

効果的な接し方のコツは『どういう気持ちでうつ病の人を見ているか』どうかが重要です

 

たとえば、うつ病の人を見る時って、どういうふうにみているかな?

 

「どういうふうに見ているって普通にちゃんとみているよ!!」っていうかもしれない。

 

僕が聞きたいのは、あなたがどういう気持ちを持って、相手を見ているかっていうことを知りたいの。

 

たとえばあなたにうつ病の息子さんがいたとする。

その息子さんは、うつ病のためか、意欲がなくなり部屋の中に閉じこもっている。

家族の誰ともかかわりたくないのか、こちらが声をかけないと一切話しかけてこない状態。

人とのかかわりを拒否している状態である。

 

 

そんな状況で、あなたは息子さんを見るときどういう風にみているかな?

 

どういうふうに視線を送っていますか?ということ。

 

あなたの目で息子さんの姿をしっかりみることができていたとする。

そこで、見ているときの自分の顔を意識することはできるかい?

 

「どうしてこの子は、ひきこもっているんだろう」ともやもやしながら息子さんを見ていたとしよう。
そんな気持ちを持っていると、あなたがしっかり見ているつもりでも、あなたの顔は、きっとひきっていると思う。

 

「この子は私しかいない。何とかしないといけない」と思っていると、じーっとにらみつけるようにみてしまうかもしれない。

顔は緊張してカーっとなっているんじゃないかな。

つまり。

『あなたがどう思っているか』によってその人に送る視線が変わってくるというわけ。

 

表情とか、視線を合わせる時間とか微妙に違っているの。

 

「この子は何をしでかすかわからない」という思いで見られていたら、うつ病の息子さんはどう思うかな?

  • 「自分は、監視されている」
  • 「哀れに思われている」

 

マイナスの感情をきっと強めることになるでしょ。

 

相手に抱いている気持ちが、そのまま視線に表れるからね。

 

温かい気持ちで視線を送る

woman-707696_960_720

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]あなたが、温かい視線をうつ病の人に向けた時のことを想像してみて。[/voice]

 

あなたはどんな顔をしていますか?
きっと、優しく微笑んでいるような顔で視線をおくっていないかな?

 

きっと、優しい顔をしながら、その人のことを見ていると思うよ。

見守っているようにも見えるだろうね。

 

そういうふうにアイコンタクトすると、見られているほうは、きっと安心すると思わないかな?

「きっとこの人は僕の味方なんだな」って思ってくれて、もしかしたら心を開いてくれるかもしれない。

 

もうわかったかな?

[aside type=”warning”] うつ病の人のアイコンタクトを使った効果的なかかわりのコツはある。
相手を思いやって優しい気持ちでその人に視線を送ることなんだ。[/aside]

自分の気持ちがそのまま、視線につながるということなんだ。

 

見守っている気持ちで相手を見ると、きっと優しい顔をしながら、その人のことを見ている。

そうすると、視線を送られているほうも自然と心を許すことができるね。

 

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]

特にうつ病になっている人は、「相手に迷惑をかけていて申し訳ない」という気持ちを少なからず持っている。

 

一方では「自分はどうしようもない人間だ」と周りの人の負い目を感じている。

[/voice]

 

 

うつ病の人は、相手がどういうふうに自分を見ているかってすっごく気にしているんだ

 

もし、あなたが、うつ病の人を『怖い』とか気を遣いながら、見ていると絶対相手に伝わっているよ。

 

「自分はかわいそうなやつだと思われている」とか、最悪の場合「こいつは敵だ」と思っちゃうかもしれない。

 

その人のことをどう考えて、どう思って見るかで相手の反応が変わってくるんだ。

 

 

監視のまなざしや猜疑心のまなざしではだめである

girl-1319146_960_720

その人のことを大事に思っていると相手に伝えても、心がともなっていなかったら逆効果になる。

 

その人のことを監視したり、疑っているような気持ちで見るときっと相手はわかってしまうの。
大事に思っている、見守りたいそういう気持ちで相手を見ることが本当に大事です。

 

優しい気持ちがそのままうつ病の人へ、大切な接し方になるの。

 

確かにうつ病の人を見てしまうと「この人大丈夫かな」と警戒したり、「なんでこんなにのろいんだ」って思ってイライラしてくることもある。

その気持ちは置いといて、まずは見守るという優しい気持ちで視線を送るということが、大事なんだ。

Sponsered Link

まとめ

beautiful-2314_960_720

自分の考えていることや思っていることが、そのまま相手へ視線としておくられる。

うつ病の人への効果的なアイコンタクトはその人のことを思いやって視線をおくること。

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]視線はあなたの心を映し出します。[/voice]

 

Sponsered Link

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー