「会社へ行きたくない」と吐き気が襲ってくるって状態はやばい状態!?

nausea-1876470_960_720a

どうも!

かつて職場に行くときにいつも吐き気を催していた

鈴木です。

 

この記事では結論から言いますと、

「会社へ行きたくない」と吐き気をもよおす状態は

非常にやばい状態なんですよ!

ということをお伝えしていきます。

 

私も会社へ行くときはコーヒーを飲みながら

吐き気にもよおされトイレに毎日駆け込む日々でした。

 

吐き気でからえづきをするけれども、

もちろんげろは一切でません。

 

特に長い長い夜勤の状態は吐き気が催してきて

最悪でしたね。

 

一言で言うと仕事がいや過ぎてそれで吐き気がすごかったと

振り返ることができます。

 

会社へ行きたくない吐き気をもよおすという状態はあなたの身を守るためのサイン?

「会社へ行きたくない」と吐き気をもよおす理由は

実はあなたの身を守るためのサインなのかもしれないということを

考慮に入れておく必要があります。

 

言い換えると「会社へ行ってはいけないよ」というような

サインを体が出しているということです。

 

会社へ行こうと吐き気をもよおしてしまうことは、

家にいる時間を引き延ばしているということに

なります。

 

私の場合では吐き気が出ると、

出勤前に家にこもり、1時間は外に出ることができない

状態になったこともあります。

 

これって言い方を帰ると吐き気がなければすぐに

会社へ行き、家にいる時間が少なくなることが

わかりますね。

 

つまり何も身体に異常がないのに

吐き気を出して家にいさせようとする事態が、

「あなたは会社へ行ってはいけないよ」という

あなた自身のサインなのです。

 

あなたの心が壊れうつ病などの精神疾患になるのをぎりぎりでとめている?

吐き気を起こすほどの状態はそもそもうつ病にかかっている状態?

もしくはうつ病にかかる寸前の状態であると

考えることができます。

 

つまり、あなたの心は既に壊れていてこれ以上会社へ行き、

ストレスを抱えている状態が続くと本当にやばいよ

というように心が最後の抵抗をしているということです。

 

実際に私はうつ病の経験者なので、

そのことが非常によくわかります。

 

私はまじめなので吐き気が出ても、

無理やり身体を引きづりまわすように

仕事に出ていたんです。

 

そしてその日々が数ヶ月続いた後、

ある日目の前の景色が灰色の世界のように

感じてしまいました。

 

身体は鉛のように動けなくなってしまい、

興味や意欲は既に消えうせている状態に

なりました。

 

 

そして心療内科を受診した結果見事にうつ病と診断され

休職という羽目になってしまいました。

 

 

家族がいてこれから養っていかなきゃいけないというときに

「これからどうすればいいんだ」とこぶしに手を握り、

ただただ肩を落として頭を抱えた経験があります。

 

あなたの心をつぶしてしまいかねない会社の特徴とは?

吐き気が出るのであればまず自分の会社環境を

振り返ってみましょう。

 

あなたの職場はどんな職場で、仕事中どのような思いを

抱えていますか?

 

以下の特徴に当てはまる場合あなた自身に非常に

大きなストレスがかかっている可能性があるといえます。

 

1,自分の仕事が全く持って何もかも評価されていない状態

頑張っても頑張ってもあなた自身が会社に評価されない。

そんな状態はストレスの温床です。

 

人は評価を得ることで自己肯定間をもつことができるように

なります。

 

そこで評価をされない。むしろ攻め立てられてばかりであると

あなた自身のセルフイメージが下がってしまうということです。

 

2,「毎日ミスをするのではないか?」とびくびくとしてしまう環境

1つのミスも許されないような環境では、

些細なことでも「ミスをしていないだろうか?」と

気になるものです。

 

そのびくびくとした不安は四六時中続き、

家に帰っても逃れられることがありません。

 

職場にいても家にいても胸を締め付けるような

じわじわとしたストレスがあなた自身を

襲い続けることになります。

 

脳が疲れ果て、うつ病の引き金をひくことも

珍しくはありません。

 

3,常に将来に不安を感じるような状態

次に、仕事をしていて将来に目的や不安を持てない状態も

危険因子の1つです。

 

目標や将来のビジョンを一切に持てずに

「将来この先どうなるのだろう」という未来が

見え続けている状態であるということ。

 

そうなると人生レベルで予期不安に襲われることになります。

 

生きているときすべてに予期不安がかかってくるので、

もはや毎日がストレスの状態ということになります。

 

私もかつては職場に対して展望が持てずに毎日が

予期不安に襲われていました。

 

「将来あんな上司になって人生終わったらどうしよう」

 

と毎日のように考えていたんです。

 

もはや病気の状態ではなかったのか?

と思います。

 

「会社へ行きたくない」と吐き気をもよおす状態から脱出をする方法

1,休めるときは一度休んでみる

「会社へ行きたくないな」と吐き気を催すときは、

人目を気にせずに会社を休んでみるのも

1つの手です。

 

つまり休職というレベルではなく、数ヶ月に1日であれば

少しぐらい体調不良で会社を休んではいいのではないか?

ということですね。

 

ようは身体をひきづってまで会社へ行くことをして

無理をしなくても大丈夫だよっていうことですね。

 

2,会社へ行きたくない元凶を考えてそれに対処をする

次に会社の中でもどの部分がいきたくないという理由を知り、

それに現実的に対処をしていこうという話です。

 

たとえば私が小学生の頃「学校行きたくないな」という気持ちに

襲われたことがあるのですが、

そのときは、「出しそびれて提出期限を過ぎている宿題」

が合ったのです。

 

そのことをいつ先生に指摘をされるのか?

といつもびくびくとしていた経験があります。

 

つまりその宿題を提出し、怒られた後は

わりかし学校にけろっと行くことができるように

なりました。

 

話を戻しますと会社へ行きたくない理由は

必ず原因があるのでもしも解決できる場合は

現実的に解決をしてみようという話です。

 

3,転職を考えることもひとつの手

最悪転職を考えることもひとつの手になります。

 

たとえばどうしても嫌な上司がいたとして

その人とのかかわりを無視するということは絶対に

できませんよね。

 

むしろ職場が数十年単位で続くような場合は

完全にオワコンの状態であるといえそうです。

 

つまり現実的に解決を行うということは絶対にできない

状態なってしまいます。

 

 

そんなときは最終手段として「逃げる」という戦法も

用意しておく必要があるということです。

 

今の時代仕事は何でもあるもの。むしろ食っていくこともできます。

 

必ず今の職場にしがみついていないといけないということは

絶対にありません。

 

そのため最終手段として転職の道を考えることも考慮に

入れておきましょう。

 

また、選択肢を持っておくことも心に余裕を持ち、

多少精神を楽にすることもできます。

 

4,私の場合はとりあえずうつ病を全力で克服した

私の場合はとりあえずうつ病を全力で克服したということが

一番吐き気を抑える決め手になりました。

 

むしろ吐き気の原因そのものをきれいに解消することができたと

考えています。

 

休職を行い、最初は「これからどうすればいいんだろう」

という風に前が見えずに自分を責める毎日が続きました。

 

大切な家族に当り散らしを行い、感謝そのものの気持ちを

失っていたのです。

 

身体は鉛のような感覚になり布団のうえでの生活が

続きました。

 

しかし人生は何とかなるものです。

 

うつ病を克服した今ではすっかり心のエネルギーである

気力を取り戻すことに成功をしました。

 

職場へ活力的に出勤できるようになり、

自分にストレスをためないように、事前に対処を行う

能力が身についたのではないかと思います。

 

また上手に休むための工夫を行うこともできるように

なりました。

 

これらはうつ病を克服できたことが

非常に大きいと考えていますね。

 

いかがでしたでしょうか?

 

会社へ行きたくない吐き気を催す状態として

自分の心が既に壊れている、その寸前の状態である

とかなりぎりぎりの状態である

 

その状態から抜け出す方法として

1,無理をせずに休むことも大事

2,会社へ行きたくない理由を考え

 現実的に解決できる問題は解決を試みる

3,時には転職を考えるという選択肢を持っておく

4,私の場合はうつ病を克服することが大きな決め手になった

 

です。

 

うつ病を克服した私は今は吐き気に悩まされずに

元気に職場にいくことができるようになりました!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!