この記事では結論からいいますと、

抗うつ薬の副作用に散々苦しんだ鈴木が

断薬を行い、副作用から解放されたストーリーをお話しています。

 

私はうつ病になり服薬治療を余儀なくされてしまいました。

 

「これで薬を飲めばうつ病は治るんだ」

と心の中からほっとしたのが昔。

 

それと相反して私を襲ってきたのは

度重なる抗うつ薬による副作用でした。

 

※もちろん「うつ病の薬をやめなさい」と

勧めていることではないということをご了承ください。

 

ただ私は抗うつ薬の副作用から解放されて本当に

幸せだったということをお伝えしたいだけなのです。

 

抗うつ薬を飲み始めてまず出てきたのが頭痛と吐き気

抗うつ薬は必ず自分をうつ病から解放をしてくれる。

 

という期待に飲みはじめましたが、

 

最初に起こったのは頭痛と吐き気という副作用の苦痛でした。

 

頭がずきずきと痛み、そして突如襲ってくる

吐き気のような感覚。

 

それは外出をしているときにも突然襲ってきて、

 

トイレに駆け込むということも少なくはありませんでした。

 

手を突っ込んで

「早くげろを吐いて楽になりたい」と思っていても

何も出ない。

 

ただのから嘔吐がたびたび私を襲うようになってきました。

 

ずきずきと慢性的に続く頭痛に襲われてしまい。

 

鎮痛剤を飲むものの全く収まる兆候はなし。

 

断薬に成功をした今では、

こんな過去は2度と思いだしたくはないぐらいです。

 

今では頭痛や吐き気はなんだったんだというぐらいに、

消え去ってしまいました。

 

頭痛で毎日ずきずきと何時間も修行のように耐え忍んでいた

時間が一切消えてしまいました。

 

吐き気をもよおし、日常生活を中断されるなんてことも

一切なくなってしまいました。

抗うつ薬で次第に10キロ太ってしまい、セルフイメージがすっかり変わりました

こううつ薬を飲み始めて数ヶ月あまり、

すっかり、体重は10キログラム増えて、

別人のようになってしまいました。

 

特に食欲はなくただ家の中の布団で

すごしゴロゴロとしていました。

 

「さすがに風呂に入らないとな」

と服を脱いで鏡の中の自分を見たときに騒然としました。

 

「何だこの豚は?」

言い方が悪くて申し訳ありませんが・・・

 

当時の気持ちを素直に表現すると

こんな感じになっています。

 

すっかり昔の自分とは変わり果てた姿にとにかく

自信をなくしてしまいました。

 

自信というよりもすっかり生きている意味そのものを

なくしてしまったというような感じです。

 

余計に引きこもるようのなり、

昼は基本的にぐったりと眠り、

夜に起きてはこそこそと活動をするような毎日。

 

「まるで自分は泥棒か?」

とそんな風に思ったときもありました。

 

子どもと妻にも

執拗以上に恐れてしまい距離をとる生活が続きました。

 

あまりにもセルフイメージが低下をしてしまい、

「自分は人とかかわってはいけない」

というような感覚でかかわりを持つことそのものに

恐怖を覚えていました。

 

そんな私も今では抗うつ薬の副作用からすっかりと

解放をされています。

 

抗うつ薬をやめてしばらくすると

嘘かのように体重はもと通りになり、

体型が元にもどってしまいました。

 

今ではすっかり、セルフイメージを取り戻し、

昼には起きてはいけないという自分を変えることができました。

 

人と話をしていても特にびくびくをすることもなく

ただただコミュニケーションをとることができるように

なったことが本当にうれしいです。

 

薬の副作用がない本来の自分の感謝を感じる

はっきりいって薬の副作用のない今の自分に

心から感謝を感じています。

 

だってあのような苦しみの時間が一切解放されたからです。

 

苦しみを感じることのない本来の自分でいられる。

 

頭痛や吐き気なんて今では思い出すこともできないし、

2度と思い出したくもない。

 

すっかり昔の体系をとりもどすことができて

本当にうれしい。

 

心と身体は連動するので、

本来の自然な肉体がよみがえり、

心にも元気が宿った。

 

以上のことを考えると

 

やっぱり薬の副作用って結構地獄です。

 

だから薬の副作用に苦しんでいる人は

遠慮することなく主治医に伝えて調整をしてもらうなどを

考慮したほうがよいです。

Sponsered Link

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー