ご紹介!お酒のむくみの関係とその解消法とは

echo-park-1904036_960_720

どうもメンタルヘルス専門家のOGURIスズキです。

鈴木
お酒を飲んだ日はすごくヤバい。顔がパンパンだ!」と朝鏡をのぞきこむと顔がパンパンになっている自分を覚えていることはありませんか

「お酒を飲むことで、むくんでしまうんだろうおかしいなあ。俺はつまみはあんまり食べないんだけどなあ。おかしいなあ」と頭を悩ませている人もいるかもしれません。

アルコールを飲むことで尿がたくさんでますよね?これを利尿作用といいますが、「なんでこんなにおしっこが出ているのに、顔がパンパンになるのだろう」と考えますよね?

実はアルコールが与える人体への悪影響が原因だったのです。

本記事はアルコールがむくみを与える原因と解消法ついて紹介していきます

「明日結婚式だ」という人はこの記事を見て前日ぐらいはアルコールを控えるようにしてください。

アルコールがむくみを助長させる原因としては以下の2つが原因として考えられるのです。

血管透過性の更新

利尿ホルモンの増強

です!!

Sponsered Link

アルコールが血管透過性を更新させるというのはいったいどういうことか?

私たちの体の中には血管があり、血液が水をどんどん流れているのです。

その血管から水が漏れ出てしまうことを血管透過性の行進というわけです。

ようは、血管から水が漏れてしまうわけです。

体内にお酒が入ると、いつの間にか血管が大きく膨らんでしまうのです。
そうなることで血管の壁がぽつぽつと無数の穴が開いてしまうことになります。

結果として血管の外に水が漏れることによって、細胞に水がたまりやすくなります。

漏れた水が入ってきた細胞の中が、水でパンパンになってしまうのです。
顔ももちろんパンパンになってしまうというわけなんですね。

 

<div style=”border-style: solid ; border-width: 1px;”>

例えば私たちは火傷をしたとします。

そうすると、火傷したところがいつの間にか水ぶくれのようになってしまっているでしょう?

いつの間にか血管の透過性が更新していてそこに水が漏れ出ていることになっているんです。

「そういや。お酒飲んだ次の日はなんかしらんけど、おしっこが全然でねーな。顔はこんなにパンパンなのにな」と心当たりある人もいるのではないのでしょうか?

 

 

もちろん私もあります。

これは細胞が水をとりこんでいて軽い脱水状態になっているのです。
ようは、水が足りないという状況になっているわけです。

抗利尿ホルモンの抑制

私たちの体の中には、抗利尿ホルモンADHというホルモンがあります。

働きは読んで字のごとくおしっこが出にくくなる効果を表します。
利尿(おしっこがでやすくなる)→抗(抵抗する)という意味です。

私たちの体内の血液や水分が足りなくなれば、この抗利尿ホルモンはフル活動します。
フル活動することによって、おしっこを出さないようにしてくれるのです。

抗利尿ホルモンは私たちの体を守るために、本当に大事な効果を表しているのです。
その大事な働きもお酒によって影響を受けてしまうことになります。

実は、お酒を飲めば飲むほど抗利尿ホルモンが抑制されることになってしまいます。

抗利尿ホルモンが抑制されるということは、おしっこが出やすくなっている状態、すなわち水分が漏れ出る状態になっているということです。

アルコール度数の高いお酒を飲めば飲むほどそれに反応しておしっこが出やすくなるわけです。

どういうことかというと、少しの量のお酒しか飲んでいないのにたくさんの水分が体から排出されるようになってしまいます。

おしっこがガンガン出る結果、体の水分が足りない状態になるということです。

酒を水で薄めたほうが良い理由は、脱水を予防する必要があるからなんですね。

 

血管透過性の亢進、抗利尿ホルモンの抑制の2つがむくみに大きく絡み合う

お酒を飲めば飲むほど水分はどんどんおしっことして出て行ってしまいます。
お酒を飲んでいるその時は、あんまりのどが渇いていません。

これは水分が出ていくのと、のどが渇いて水を飲みたいというタイミングが一致するわけではないからです。

タイムラグがあるからなんです。

お酒を飲んでいる時は、あんまりのどが渇かなかったのに次の日になると、めちゃくちゃのどが渇いている経験がありませんか?

のどがガサガサですよね!

喉が渇くと水をごくごくと飲みます。
しかし、血管は広がっていて水は細胞の中に漏れやすくなっています。

血管から水が漏れると、血管さんは「やべえ。水が足りない。また水を補充しないといけない」と大騒ぎして水を補充しようとします。

そうすると、またのどが渇いてしまいます。またごくごくと水を飲みます。
きずいたらあなたの顔はパンパンになっています。これがむくみのメカニズムです。

むくみはだいたいどれぐらい続くの

むくみはどれぐらい続くでしょうか?

一見むくんでないわと思っている人も一度体重計に乗ってみると気づいたら2キロ3キロ増えたことに気付くはずです。

「うわーやってもうた。もうしばらくは飯抜きや」とは考えないでください。
これは全部水分です。むくみによる水分が大きく関係しているわけです。

いづれはもとに戻ります。

火傷で負った水ぶくれはいづれ元に戻りますよね?

体内にためこんだ水分はいづれもとに戻り排出されます。
だいたい2から3日ぐらいはむくみが続くとされます。

むくみを早急に解消するための方法とは

「やべえやってしまった。顔がパンパンだ。明日は結婚式なのに」と頭を抱えて悩ませている人もいるでしょう。そんなあなたにむくみを早急に解消するための方法をシェアしていきます。

1、水分を排出しやすい食べ物を積極的に摂取する

顔がパンパンになっているということは、顔にたくさんの水分を取り込んでいるということになります。
水分を体外に排出させやすい食べ物の摂取を、心がけてください。

カリウムを多く含む食べ物・・・カリウムは、体外の水分を排出させてくれる作用を持ちます。リンゴなどの果物。さつまいもなどの野菜にも豊富に含まれているのです。

 

酸をプラスする・・・酸っぱいものを取るようにします。酢などの酸っぱいもののは、体の代謝を活発にしてくれる働きがあるのです。クエン酸なども市販で売られていますし、梅干しなどの摂取を心がけましょう。個人的にはリンゴ酢もオススメです。

 

血流をよくする効果のある食べ物・・・血液の流れがスムーズになると、腎臓への血流もよくなり、排出がスムーズになります。
ビタミンE群を豊富に含む食事等を心がけてください。

Sponsered Link

まとめ

お酒を飲んでむくみが出る理由は

血管透過性の行進・・・血管の外へ水が漏れ出てしまうこと

抗利尿ホルモンの抑制・・・尿により水分を排出することを抑えること

の2つの理由から来ます。

また2から3日でむくみは解消されていきますが、早急に解消を考えている人は

  • 水分を排出しやすい食べ物
  • カリウムを含む食品
  • 酢などのすっぱいもの

血流を良くするビタミンE群などの摂取を心がけましょう。

 

Sponsered Link

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!