デパスを服用することはものすごく危険なことなの?

YUKATIMGL0278_TP_V

どうもメンタルへルス専門家のOGURI鈴木です。

すごく気持ちがしんどい。
そんなときに心療内科で処方される薬がデパス
という薬です。

私もうつ病がひどい時は
抗うつ薬と一緒にデパスが処方されていたことがあります。

使った感想としては
不安を取る即効性が非常に強いように感じました。

胸が苦しくて苦しくて
不安が止まらない。

そんな時に頓服として使用することで
胸の苦しみがスーッと引いていくような印象ですね。

「こんなに効くんだ。デパスってものすごいじゃないか」
と、薬を使用することの抵抗がものすごく低くなったのを
覚えています。

しかしですね。
あなたは知っていますか?

デパスは実は危険な副作用をもっているということを

この記事では、
デパスという薬がいかに危険なのかを
これを読んでもらうことで知ってもらうことが
大きな目的です。

デパスが実は危険性を秘めた薬である?

「どうしてデパスが危険な薬なんですか?
すごく効果があって、手放せない薬なのですが。」

とデパスを飲んでいるあなたは
そう思うかもしれません。

実際にデパスを服用することで、

抗不安効果(気持ちを楽にしてくれる)

鎮痛効果(腰痛や肩こりに処方されることがある)

実際に鎮痛効果を目的に飲んでいる人も多いです。
整形外科でも幅広く処方されるお薬の一つです。

でもそんな効果の裏にある副作用は非常に恐ろしいものに
なります。

1,依存性が非常に高い

私もかつてはデパスを服用していた時期がありました。

最初は「めちゃくちゃ効く」
ということで、しんどい時は頓服として使用していたんですね。

しかしですね。時間を追うことにあることに気づいてしまいます。

それは、頓服として使用している
量がどんどん増えてしまっているということ。

「デパスを服用してまだ2時間しかたっていないけど
またしんどくなってきたな」
というように、飲む錠数がどんどん増えてしまってことですね。

まだこのころはあまり精神薬の知識がなかったので。

あまり気にもしていなかったのも大きな問題です。

しかしこれを見ているあなたは気づいてほしい
依存性が非常に強いということを。

まずデパスを服用していくことによって
どんどんあなたの中に耐性が出てきてしまいます。

耐性ができることで初めて飲み始めたときの
効果があまり感じられなくなってしまうという現象が起きるのです。

「ようは飲めば飲むほど効かなくなってしまう」
ということですね。

そんなこんなですから、「なんかすぐにしんどくなってくるし

1錠では効かない。だからもっと飲まなきゃ」

とラムネのように飲んでしまう人も中にはいます。

私が見た人の中では
「デパスを1回に何十錠と飲んでしまう人」も見たことがあります。

そんな何十錠も飲んでいると
もはや身体が依存状態になっているので

薬の中断をしようとしても

発汗

不安や焦燥感

頭痛

吐き気

などの中断症状が襲ってきて。
「もう飲めないんだ」
というようになってしまいもはや
専門機関で入院をしないといけないぐらいy

辞められなくなってしまうのです。

これがいわゆる薬中の状態になります。

 

デパスは向精神薬に入るように

ちなみにデパスは2016年10月から
向精神薬の分類に入ることになりました。

この指定に入ることで何が起きるのか?

増す一つとして処方量の上限があります。

今までは60日から90日まで処方が可能でしたが
今では30日までに制限がされるということです。

そのことにより、大量のデパスを手に入れることができないように
働きかけられていることになります。

また個人輸入のサイトでも
海外から個人輸入することにより

デパスを手に入れている人がいますが、
向精神薬の分類に入ると

今後手に入れることも難しくなってしまいます。

それだけ、国も危険な薬として
認めていることになりますね。

 

デパスはベジアゼピン系に属する

またまたこれは余談ですが
デパスはベンゾジアゼピンの薬に属するものです。

このベンゾアゼピン系はわりかし効果があるように
見えますが、当然耐性と依存性が非常に強いということ。

そのために、
精神科の医療機関ではすでに危険性を踏まえて
ベンゾジアゼピン系を注視しているものも中にはあります。

そのためにデパスだけでなく
ベンゾジアゼピン系という薬は

注意が必要になります。

 

そのほかにも怖い副作用

当然そのほかにも怖い副作用があるのです。

大量服薬による
呼吸抑制には命の危険性があります。

大量に服薬すると当然鎮静効果が強まり
呼吸そのものが止まってしまうことがあります。

すると、
呼吸が知らない間に抑制されているから
酸素を取り込むことができず、
2酸化炭素の割合が増えてしまうことになります。

一言で言うと命の危険性に関わるということですね。

もう一つは
悪性症候群というもの

身体の横紋筋が溶けてしまって
これも命に危険性を及ぼす重篤な副作用です。

高熱

硬直

嚥下障害

などの症状に命の危険性を及ぼすので
とにかくこのような副作用には

細心の注意を払うということが大事です。

 

最後に

最後になりましたがデパスを飲んでいる人や
これから飲もうと思っている人は

「これからどうしていけばいいんだ」
というような内容でしたね。

もちろん、
デパスは危険な反面、不安を和らげる作用があるのも
事実です。

それがなくなると胸の中の不安を
「どうしていけばいいんだ」
と頭を悩ませてしまいますよね。

そのために、
私がお勧めするのは
扁桃体を鍛える方法です。

日常生活の中でも、私達の工夫次第で
扁桃体を鍛えることができるようになります。

それをすることで不安を取り去ることができるように
なるので、ぜひ試してみてください。

また記事内で扁桃体の働きを鎮めるサプリメントも
紹介しているので、副作用なく利用したい
という人は必見なので絶対に見てくださいね。。

↓     ↓       ↓
あなたの不安を去ることができる!?
扁桃体の働きを鎮め、鍛えるという究極の方法とは?

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!