「あいつさえいなければ・・・」うざい人の8つの特徴と7つの対処法とは

あああgあ_001
鈴木
どうも!メンタルへルス専門家のOGURI鈴木です!!

「あいつがいなければ」というふうに、ウザい人には心底ストレスを感じている人はいるのではないのでしょうか?
ウザい人から逃げれば済む話なのですが、学校や職場という場合になるとなかなかうまくいかないこともあります。

必然的にかかわらないといけない状況でストレスがたまり続けると精神的な病を発症させてしまうことも多々あります。
今日はそんな人に記事を書きました。

本記事では、ウザい人の対処法という部分を見ていきます。

この記事を見ることで

ウザい人はそもそもどういう人なのか?

ウザい人はどう対処していけばよいか

ということがイメージできるようになります。

Sponsered Link

そもそもウザい人とはどういう人か

あgあ_001

ウザい人を対処するためにまずはしないといけないことは、下調べです。
ウザい人の特徴をしっかり理解するということが大事になるのです。

ウザい人で悩んでいる人は「どういう理由でこういうことでウザいのか」ということがわかっていないことが多いのです。

ですから「どういうことでウザいのか」ということを頭に入れておけば、上手く対処することができるようになります。

ウザい人の特徴①自慢や物知りであることをアピールする人

自分の自慢や、物知りであるということを延々と語る人は、ウザいことが多いのです。
このように感じるのは、相手が無意識のうちに「自分の方が物知りだし、自慢もしているし、自分の方が上だ」というニュアンスを与えてきているからです。

自分はそんなつもりはないのに相手は知らぬ間の間にステータスゲーム(自分の方が偉いんだ)と無意識のうちに仕掛けてくることが大きな問題となります。

特徴②後ろ向きな発言をする人

もしあなたが起業したいとして、ある人に相談したとします。そうすると「そんなの無理だよ。やめておきなよ。成功する人なんているはずないんだよ」と後ろ向きな発言をする人は要注意です。

このように後ろ向きな発言をする人のそばにいることで、無意識に自分も「そりゃ無理かも」とネガティブなことになっていることが多いのです。

後ろ向きな発言している人ばかりと話をしているとふと一人になった時に心の中がむしゃくしゃしたり、「むかついて仕方がない」という風に、嫌な気持ちになっているものです。

特徴③なれなれしい人

フレンドリーであればその人の才能かもしれませんが、度を越えてずけずけと土足であなたのプライベートに踏み込んでくる人は、ウザい人となりえます。

「なあなあ昨日何してたん」という話題から始まり、あなたがなるべく知られたくないこと(コンプレックス)などを根ほり歯ほり聞いてくる人です。

またそういう人の特徴として、根ほり歯ほり聞いたことを違う人の話すということが特徴的です。
自分の話したくないことまで話をさせられていつの間にかあなたは嫌な気持ちになっているものです。

特徴④構ってチャン

例えばフェイスブックで「今日も仕事がウザい。」という風に投稿する人があげられますね。ちなみにこれを見ると「もういいよ」と思いながらイイねを押している人が大半であると思うのですが(笑

現実の世界でも人の気を引こうと「自分は本当に頑張っているんだ」とか、「自分は世界で一番辛い」という風に、気を引こうとします。

これは自信の寂しさや自信のなさを潜在的にカバーをするためにとる言動や行動ですが、常に相手をする方は疲れ果ててしまいます。

特徴⑤細かい人

「お前ここまで言わんでええやろ。完全に重箱の隅やん」という風にやたらと細かい人のことです。
例えば、お金に関して2人で5999円かかったとして

「2999円と2999円に割って後の1円はじゃんけんで決めましょうね」というやつです。まあなかなかレアなケースですが。

このようの細かくされてしまうと窮屈に感じ閉塞感のような感情を呼び起こさせてしまうことになります。

特徴⑥発言と行動が一致しない

例えば約束を守らない人はそれに当たります。
「任せておけ」と言いますが、いざ約束を果たしていないことを知ると
「ええそんなこといいましたっけ」という風にごまかしてしまう人です。

言われる側からすると相手に期待してしまいますから「ええっじゃあ最初からそんなこと言わないほうがいいのに」とイライラした気持ちを伴ってしまいます。

特徴⑦人の話を聞かない人

「ねえ。ねえ聞いてよ」という風に自分の話をしてくる人です。私も以前付き合っていた人がこのタイプだったのを覚えています。

自分の話をしようとすると突然不機嫌になってしまい、それをなだめると「じゃあ私の話を聞いてよ」という風に、また自分の話をしてくるという人です。

結局私は耐えられなくなり、3か月で別れを告げた経験があります。

特徴⑧自己顕示欲が強い人

「俺はすごいんだ。この中で一番すぐれているんだ」という風に集団でアピールしてくる人です。特に厄介なのが、人の役割を取ってまで、自分の手柄にしようとする人です。

例えば、集団でカレーを作るとしたら、切る人や、まきを用意する人などいろんな役割がありますよね。

しかし、自己顕示欲の強い人がいると、その役割を全部やってしまうのです。

そして「みんな手伝ってくれなかったから。俺が全部やったよ」という風に恩着せがましく言ってくるのです。

ウザい人の対処法

z紹介_001

ウザい人の特徴を紹介してきましたが、では実際にどのようにしていけばよいのでしょうか。
特徴を踏まえた上でウザい人の対処法を紹介していきます。

①観察をして自分の相違を知る

あなたの近い人でやたらとウザい人がいる場合「まずはなんでこいつはウザいんだ」ろ相手を観察することから始めてみましょう。

そうすることで相手のウザい理由がわかってくるようになります。ようは分析というやつです。
分析を行うことで「ふーんこいつはこういう理由でうざいんか。ふーん」というふうに特徴が見えてきます。

特徴を整理したうえで「こいつはこういうことでしか喜びを感じることができないんだな。ふーん。本当にかわいそうなやつだ」というふうに客観的にかる相手のことを下に見ることができます。

②反面教師として利用する

相手の価値観を知ると「自分とは違うんだ」という風に、新しい価値観であると捉えることができるようになります。

そこで、その新しい価値観を自分に利用するという方法を取るようにしましょう。
ようは相手を反面教師として利用することが大事です。

「ああ。こいつはこういう風にするから相手にウザいと思われるんだな。だから自分は絶対にこういう時にこういうことは言わないでおこう」ということです。

そうすればウザい人も利用価値が生まれてきます。

③相手を子どもだと考える

例えば一大人として、向き合えば向き合うほど、お互いが同じ土俵のように立っていると感じてしまいます。
「同じ目線で話そう相手と同じ土俵で話そう」と真面目な人がいますが、別に同じ土俵に立つ必要はありません。

オススメなのが相手を子どもであると捉える方法です。
このように考えることで相手を見下ろす立場に代わり「またやっているよ」と一種の余裕のような気持ちを持つことができます。

④スルーの力を身に付ける

ウザい人が自分に介入してくればそれを受け流すという姿勢を取ってみましょう。
なんでウザい人にイライラしてしまうかというとウザい人の攻撃を受け止めているからと言えます(ドラゴンクエストの大防御のようなものです)知らない人はすみません。

そこで頭の中で「ふーん。あっそ」と言ってみましょう。
そうすることで相手のウザさを半減させることができます。

自分がどう見ていて受け止めるかで相手への印象も変わってくるので、自分の身を守り受け流すことをしてみましょう。

⑤しつこい場合にははっきり言ってみる

余りにも自分のプライベートを根ほり歯ほり聞いてくるような人がいる場合、時には自分の気持ちを相手に伝えるということも大事になってきます。

「それは言いたくない」と言葉に伝えてみましょう。
そうすることでもしかしたら相手が気づいてやめてくれるかもしれません。

⑥無言や顔に出すなど非言語的コミュニケーションを活用する

「言葉にするのはちょっと」という人は露骨に嫌な顔をしてみたり、態度を変えてみるなど非言語的コミュニケーションを活用してみましょう。

メラビアンの法則というものがあり、実に言葉でコミュニケーションを与える影響は7%と言われています。ような92%は見た目だとか態度とかに左右されていくわけです。

そこで露骨に嫌な顔をしてみたり、そっぽを向いていたり態度で表してみましょうする。そうすることで相手も「あれ言い過ぎたかな」と印象を与えることができます。

⑦自分と一緒に考えている人と共感する

例えば、ウザい人がいたとして、周りにも同じように考えている人はきっといるはずです。
私の職場にもめちゃくちゃうざい上司がいるのですが、案の上他の人に聞いてみると「私も思う」という風に一緒の気持ちを持っている人がたくさんいました。

共感できる人がいると考えるだけで、自分の心は大分楽になっています。

ウザいという気持ちでストレスをためることはない

「あいつ。うざいうざい」という気持ちはなぜか知りませんが私達の心の中にいつまでもこびりついてしまうようです。

寝るときもあいつの顔がちらついてきてむかついてしまい寝れないということがあります。

「なんでこんな奴のことを考えないといけないんや。心の中で消えてしまえ」と念じてもなかなか消えてくれません。むしろ余計にイライラが募ってきてしまい、どうしようもないということが大半ではないでしょう

か。

Sponsered Link

ウザい人を割り切る方法でお勧めの方法は新しい価値を持ちそれに集中すること

例えば、夢に夢中になっている人を想像してみてください。
「あいつめちゃくちゃうざいむかつく」と常に考えている人はいないのではないのでしょうか?

会社勤めの人で「上司の悪い部分ばかりを気にしていた」のに独立起業した瞬間「全く人の悪い部分が気にならなくなった。ウザい人が消えた」という声を聞くことも多いです。

これは、自分の未来に常に集中しているからではないでしょうか。自分そのものに集中しているからこそ、ウザい人が入り込む余地が一切ないと言えるかと考えます。

ウザい人を割り切るためにも常に夢中になれる環境や趣味、目標を探すことは本当に大事なことであると考えます。

私の場合はブログですね(笑

以上です!最後まで読んでいただきありがとうございました!

Sponsered Link

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!