抱え込むあなたへ・・・完璧主義の特徴を治すための重要なポイント

ああああああああいらいら_001
あああああああいらいら_001

どうもOGURIスズキです!!

何でもかんでも完璧にしないと気がすまない人が中にはいます。
少しでも自分の描いた道筋と外れてしまうと興奮しストレスをためてしまうことになりかねません。

人はそれを完璧主義と呼びます。
あなたは、完璧主義ではありませんか?

本記事では完璧主義の特徴とそれを治す方法を記事にしていきます。

自分ではそういうつもりではないのに、完璧主義で悩んでしまっている人
完璧主義という自分のやっかいな心の癖を直してしまいたい

という人はぜひ見てもらいたい内容になっています。

Sponsered Link

完璧主義者の性格の特徴

ああいらいら_001

完璧主義を治そうとするとして、まず完璧主義者はどういうものかという特徴を知っておくことが克服するうえでの大きな近道となります。

①自分の意識が過剰で責任感が合体している

自分の意識が過剰ということは些細なことでも自分の中で大きなこととして受け取ってしまいます。

例えば、あなたが職場で仕事をしているときにふと目をやると上司と目があってしまうということがあります。

普通であれば「目があっただけだな」と感じますが、自意識過剰の状態であると「見張られている。自分の仕事の進み具合を見張っているんだ」というふうに解釈してしまいます。

さらに責任感が強い場合だと人の目を気にしつつも「完璧にしないとみんなから責められる」というふうになってしまうのです。

自分への意識の集中と強すぎる責任感から完璧主義を引き起こしてしまいます。

②自分のスケジュールをすべて終わらせないと気が済まない

『自分のスケジュールをその日のうちにすべて終わらせない時が済まない』人も完璧主義者に陥りやすい特徴といえます。

本来であればアクシデントなどもあり、その日のうちにしなければいけない仕事と、次の日に後回しをしないといけない仕事がありますが、完璧に終わらせたい人は、時間がかかってでも終わらせようとします。

その結果徹夜で残業をするようなことにもなり、気づいたらオーバーワークによりうつ病を発症してしまったという人も少なくはありません。

③自分への関心が強い

自分に関心を寄せている場合が強い時も完璧主義に陥りやすいです。

「自分は偉いんだ。だってこんな完璧にこなすことができているから」と考えるからです。
パーフェクトにこなすことに夢中になりやすいという性格があげられます。

④理想が強い

ある意味①のような自分への関心が高いという性格に挙げられます。
「自分はもっと高いステージにいるはずなんや。だからこれぐらいは当たり前のようにこなさないといけないんや」というふうに自分の理想を思い描き、より完璧に済まさないと気が済まないタイプと言えます。

そういう場合少しでもミスをしてしまったことがあれば「もうだめだ」と逆に自己嫌悪におちいりやすいパタンともいえます。

※このように自分への水準が極めて高い人を自己志向型と表現することがあります。比較的社会にも関心を向けており、他人とのユーモアも好む傾向にもあると言われるタイプです。

⑤他者にも完璧を求める

「自分が完璧にしているのだから、お前たちも完璧にすることはあたりまえじゃないか」と自分と同じ水準とルールを他者に押し付けてしまう。

他者指向型というタイプもいます。
この手の人間はできない人を「馬鹿だな」と言って非難することもあります。

エスカレートすると「ここのシステムには自分には合ってない」と組織や国を相手にすることもあります。

⑥極端な思考

極端な思考で一か八かを重視する性格の人も陥りやすいです。

学校で80点をとっても「価値がない」と感じることが多いのです。
80点でも「こんなの0点と同じだ」と極端な思考を持ちます。

完璧主義に陥ることの問題点

ああああああいらいら_001

今までは特徴をあげましたが、どうして完璧主義に陥ることがダメなんでしょうか?
ここでは問題点について説明をしていきます。

①自分で自分を認めることができない

何でも完璧にというキャッチフレーズを持っていると常に自分を追い込むような姿勢をとることになってしまいます。

ましてや、世の中なかなか思うとおりに上手くいかないことの方が多いですよね。そのために少しでも自分の思い描いたいことと離れると、

「もう自分はだめだ」と常に自己嫌悪に陥っていることになります。
しかも自己嫌悪に陥りながら生きていくということを続けていくことになります。

このように生きている限り「自分を受け入れる」ということは一生来ないです。常に「まただめだ」という嫌な自分と隣り合わせに生きることになります。

②頑張ることに命を懸け続ける

完璧を追い求める人は、絶え間なく努力をし続けます。

自分のキャパシテイを超えているのにもかかわらず努力をし続けるのです。

それは「完璧な俺は良い自分。だから常に努力をし続けないといけない」というふうに考えてしまうのです。
知らない間にパンクをしてしまい燃え尽き症候群のようになってしまうこともあります。

③意外と他人から認められない

完璧主義者の人はその分時間もフルに費やします。
そのために仕事をとことん残業までして、仕事を終わらそうとするのです。

それを見ている周りの人は意外にも「あいつは仕事がおそいやつだな」と評価を下してしまうことは少なくありません。

自分は頑張っているつもりでも意外と他人からは認められないということが多いのです。

④世の中が敵のように感じることがある

「俺ばっかり頑張っているのに」となってしまい、周りのことを逆に認めることができないパターンです。自分のことを押し付けてしまい相手がそれに答えられないと「敵だ」というふうになるのです。

下手すれば組織や、世の中にも反抗心を示し「こんな世界に生きているなんて不幸だ」と幸せそのものを感じることもできなくなってしまいます。

⑤途中で投げ出してしまう

「よし完璧にしてやるぞ」という人ほど、事態が大きくそれると「やーめた」というふうに投げ出してしまうことが多くなります。

例えば、まだまだかけるのに、コーヒーでシミを作ってしまったノートがあるとして「こんなのいらない」といびつに感じて投げ捨ててしまうようなものです。

そうなるとせっかく始めたことも、予定通りにいかないと「もういいわ」と根気よく続けられなくなることが多いのです。

 

完璧主義を治すための方法

dawn-190055_960_720

①目標設定を行いその目的にフォーカスする

例えばあなたが「10キロ痩せる」という目標を持ったとして1日ケーキを食べてしまったとしても、定められた期間の中でダイエットすることができればそれはそれで成功なのです。

ですからその目的の意味を考えるということは非常に大事です。
困難があったとしても結果上手くいけばそれでオッケーなのです。

終わり良ければすべてよしなのです。
プロセスそのものに完璧を求めないということが大事です。

②基準を定めて頑張る(やるべき最低ポイントはどこか)

必要最低限のポイントをまずは把握するようにします。

仕事で絶対に見逃してはいけないポイント

テストの合格最低ラインは60点というふうにです。

まずはそのショートポイントを設定し、そこを達成すればよしとするのです。
後のやるべき時は、「まぼちぼちやればいいや」と考えて動けばいいのです。

そうすることであなたの心にゆとりができます。

優先順位を考えると言い換えても良いのかもしれません。

③時間制限を設定する

完璧をより求めて時間を惜しまない人は「まだまだ時間はたっぷりあるから」と時間が無限にあると考えている人は多いのです。

そういう人はまず「時間に制限がある」ということを意識する必要があります。

そうすることで「自分のやらなければいけないポイントを見極めるようになります」

④息抜きを忘れない

完璧を求めて頑張り続ける。休憩することをしない→気づかないうちに効率が落ちてしまっていて、ミスをするようになってしまう→「自分はダメなやつだ」と思う→またミスをする

このように頑張り続けることで悪循環を陥らせてしまうことがあります。

そういう場合は休憩を行うようにしましょう。
小学校でも50分授業して10分休憩という形を取りますが、意味があるものなのです。

⑤自分や他人に期待しない

なかなか自分はコントロールできないものです。完璧主義者の人は「自分でコントロールすることができる」と思い込んでいることがあります。

また自分の考えを押し付け相手が思う通りに動いてくれなかったとしてもそれは相手を思うようにコントロールすることができなかったということだけなのです。

完璧にしようとして相手にも完璧を求めることは自分や他人に過剰な状態になっているといえます。

 

私がおすすめする職場で完璧主義を克服する方法

born-1294717_960_720

では私がお勧めする完璧主義を克服する方法についてお伝えし行きます。

職場で完璧主義をやめる方法は何かというと人に任せるということです。

  • 人の力を借りる
  • 人と協力する

という発想であるともいえます。

それが完璧主義をやめる
一撃必殺法と言えます。

仕事で完璧主義者は、自分の苦手な仕事も自分でやろうとしますし、嫌なことでも「はいやります」と人から見ても完璧な自分を演じようとします。

そこが問題になるのです。

自分で全部やるという視点を変換する

特に、あなたは普段苦手な分野とか、
やりたくないことを、
完璧にしようとしているエネルギーを、人に任せることに使えばいいのです。。

  • 「これは苦手だな」→代わりに任せてしまおう。
  • 「ミスの責任を私が全部受けないといけないのか」→ミスを人に分散させてしまおう
  • 「この仕事は嫌だ。この役割は嫌だ」→人に依頼してみよう。
  • 「ここはわからないや」→人に聞いてみよう

というふうに『自分』から人に発想を変換してしまえばよいのです。

一般研究員たちは、トラブルが起きたとき、なんとか自力で解決しようとする傾向がある。しかし、エリート研究員は、トラブルが発生するとすぐに他者の力を借り、場合によっては丸投げするのである。

書籍:ズルくやれば50倍成功する!より引用

成果をこなしているエリート社員も結構使っている方法です。人に任せる、人と協力する発想は実は自分の完璧主義を抑制し、より良い方向へ導く方法なのです。

鈴木
なんでもかんでも自分でやらずに人の力を借りるという方法を実践してみましょう!
あなたは一人ではありませんから。

Sponsered Link

まとめ

まとめ_001

色々長々と述べてきましたが

完璧主義は、自分の愛や、他人への過剰な反応などが原因で起きていて、デメリットもすごく大きいし何よりも自分がすごく疲れてしまう。

適切な目標設定

基準を決める

時間を設定する

休憩をはさむ

自分や他人に期待しない

ということを実践し完璧主義を克服しましょう。

特に私がお勧めすることは人の助けを借りるということです。

鈴木
自分は一人では生きていけない。だから人の力を借りるという発想を持ってみましょう。

以上長々とよんでいただきありがとうございました!

 

Sponsered Link

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!