(これ以上疲労しない)境界性人格障害の人に巻き込まれやすい5つのタイプと3つの接し方とは

無題の図形描画 (58)
鈴木
どうもメンタルへルス専門家のOGURI鈴木です!!

境界性人格障害という言葉を聞いたことはあるでしょうか?これは通称ボーダーと言われ。

  • 考えの柔軟性を持てずすべてかゼロかの事実しか受け止めることができない
  • 自分の周りの人間を敵か味方かをはっきり決める(自分をよくしてくれる人は味方、攻撃してくる人は敵)など。
  • 怒りや、苦しみの感情をリストカットなどの自傷行為で表現する傾向がある

のような傾向を持つ人格障害になります。

もしかしてあの人はボーダー化かもしれないと思えば境界人格性障害チェックという記事がありますのでそちらを参考にしてみてください。

パーソナリティ―障害を持つ人は自信も苦しいでしょうが、周りの家族や友人もすごく苦しいことになります。

ボーダーの人は周りの家族や友人を巻き込んでしまい、疲れさせてしまうことも少なくありません。

本記事では、境界性人格障害の接し方というものを記事にしていきます

あなたがもし、家族でボーダーを持つ子どもがいたら接し方のポイントを学ぶことができる

という部分に焦点をしぼりお伝えしていこうと思います。

Sponsered Link

まずどういう人が境界性人格障害の人に巻き込まれやすいのか

まず境界性人格障害の人にどんな人が巻き込まれやすいのかを見ていくようにします。

1,すぐに人の態度に過剰反応してしまう人

もしあなたが人の言動や態度に一喜一憂してしまうような人であれば、境界性人格性障害の人の巻き込まれやすいといえます。

ボーダーの人は自信の欲求や意のそぐわないことがあると、あらゆる言動を駆使し時には過剰な行動を起こすことがあります。

その一つ一つに感情反応し、心配してしまうことや言うことを聞いてしまうことによって、当事者はよりその人のことを攻撃や感情のはけ口としてエスカレートしてしまいます。

2,献身的で相手を自分のことのように考えて、心配する人

一般的に見れば献身的で相手のことを考えているような人は立派に映ります。
しかし、ボーダーから見れば格好の的になってしまいます。

常に相手を心配してくれる人は、自分にとって都合の良いもの。時には嘘をついたり、過剰な行動を行うことによって、相手の気を引こうとします。

結果献身的に尽くし自分のことのように考えのめりこむ人は時にはうつ状態などを発症してしまうこともあります。

3,依存症的性格を持つ人

親自身も依存症的なパターンが当てはまります。
これは当事者を世話する人自身も依存的な傾向が強く、世話することや、めちゃくちゃな対応を強いられることによって「自分は必要とされている」というような実感を持ちたがります。

お互いがお互いで依存しあう関係を共依存と言います。

このような依存症的関係はお互いの成長を妨げるので絶対にやめてください。

共依存の記事はこちらを参考にしてください。

4,断言できない人

ついつい迫力に魅せられてしまい、約束できないような約束をしてしまうような人もボーダーの標的になりやすい人です。

ボーダーは、極端な考えを好む人で、あいまいな部分は理解できないのです。
そのため曖昧な約束や意見などを聞くことで、過剰に反応をしてその人を攻撃しようとします。

5,自分を持っていない人

自分の中に大きな我慢や、主張したい意見がなく、知らず知らずのうちに従ってしまう人も含まれます。
知らず知らずのうちに従ってしまっているので、ボーダーは味を占めて、際限ない要求をしてくるために、一生従わなければいけないような状況になります。

 

境界性人格障害の有効な接し方とは

では境界性人格障害の有効な接し方はなんなのか以下にレクチャーをしていきます。

1,冷静に対応をする

過剰な行動や言動を行うことでボーダーはあなたの気を引こうとします。

それに乗ってしまい、過剰に反応をして攻撃したり、機嫌をとるようなことをしてはいけません。
すると行動や言動が余計にエスカレートしてくることは間違いありません。

冷静な態度で接するようにしましょう。

ボダにも苦手なタイプが存在します。
それは、極論を言えば、他人などどうでもいい、自己都合を何より優先させる、というタイプの人です。

  ボダ被害にあわない逃げ切るためのブログ

ここまではいきませんが(笑)ようは境界性人格障害の人は、自分のことを構ってくれない人のことを苦手と感じ距離を置いてしまうことが多いのです。常に反応しないような冷静な態度で接してください。

世話を焼くことが好きな人がいますが逆効果であるということを絶対認識してください。

 

2,できないことははっきりできないという(曲げない)

時に、できないような約束を要求してきた際に、安易に約束をすることは絶対にやめてください。
安易に約束しがまかすことは不可能です。

ボーダーそのあいまいさに興奮や怒りはエスカレートさせてしまいます。

できないことはできないとはっきりと伝えるようにしましょう、そして、その約束したことは一切曲げるようなことはしてはいけません。

時に過剰な反応をすることがありますが、それに負けて屈さないでください。

3,時には逃げる

ボーダーが興奮してあなたに全力で向かってきたとして、対応しても興奮が一向に収まらない場合があります。そういう時はどうするか?

無理せず距離を取り逃げるようにしてください。

あなた自身が刺激物となっているので、逃げることで、距離を取りクールダウンを図るようにしてください。
あなた自身もものすごく傷ついてしまうことになります。

Sponsered Link

最後に

根付いた人格の障害というものは短期間で取れるものではありません。
考えの癖そのものが構築されていますので、数年単位など長い時間をかけて、考えの癖を変えることしかできないのです。

ですから、あなたがボーダーの親だとして一人で解決するということはできないのです。

あなたが困った時のために病院は存在します。病院を受診せずに我慢しているのは本当に辛いことだと思いますので、まずは病院を受診し医療者と問題を共有するようにしてください。

自分の娘が境界性人格性障害かなと感じた人はこの記事を参考にしてみてください。

Sponsered Link

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!