あああああああああ6ああComic3_001

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]どうもOGURI鈴木です![/voice]

お酒が好きなあなた?
ブラックアウトって知っていますか??

 

「なんだよ。そんなに格好いいこと聞いたことがないよ」と知らないかもしれません。

まずはブラックアウトとはなんだろうというのを知っておいてくださいな。

 

意識障害を起こしても、体の動きをコントロールする部位に障害は受けないので、日常的に行っている行為を普通にできるのが特徴です。脳に重篤な障害が起きると、歩けなくなったり、意識を失い倒れてしまうので、ブラックアウトは、ごく軽い意識障害だといえるでしょう。しかし、脳のどの部分で意識障害を起こしているのかは、未だ解明されていません。

からだエイジングより引用

めちゃくくちゃ難しいことを書いていますが、

ようは意識障害を起こしているにも関わらず、

 

運動障害を起こしていない状況といえます。

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]記憶は飛んでて覚えてないけど身体は素面のようぬ動いている状態と考えていい![/voice]

普通意識がなくなると、ばたんと倒れこんで歩けなくなったりすることが多いですよね。

しかし、ブラックアウトであれば、気絶してるにも関わらず体は動くということなんです。


ようは『知らない間に知らない場所で寝ていた』とか

『あんだけ暴れたのに、記憶が一切ない』というふうな

事態を引き起こしてしまうのです。

 

もしかしたらあなたも経験があるかもしれません。

 

[aside type=”warning”] 本記事では、
お酒を飲むことで起こるブラックアウトの危険性を
説明していきます。[/aside]

これを読むことで

ブラックアウトはどういうものかをイメージできる

お酒を飲みすぎて何度もブラックアウトを引き起こしてしまうことはダメだと後悔する

ブラックアウトを起こさないための対策法がわかる

ということをイメージしてもらえるようになります。

 

『なんだよ。そりゃ。人間関係は壊れるだろう。けど俺はお酒が好きなんだ』と思う人もいるかもしれませんが、

もっともっと恐ろしい結末が待ち受けている可能性があるのです。
特に何度もお酒を飲んでいて、

「記憶がない」という状況を何度も経験しているあなたは注意が必要になります!!
何回もブラックアウトを起こしていると、重大なことが、起こりやすくなります。

 

実際に私がお酒をやめてみて感じた効果についてはコチラを参考にしてみてください。

 

どうしてブラックアウトが起こるのか?

というメカニズムはこちらをどうぞ

 

ブラックアウトとは簡単に言えば、記憶が飛んでしまうこと

chile-139629_960_720

もう一度聞きますが、
ブラックアウトという言葉を知っていますか?

 

ブラックアウトを一言でいえば、
お酒を飲みすぎることで、
記憶が飛んでしまうということです。

 

時には社会的に大失敗してしまったという状況を引き起こしてしまうから、

本当に細心の注意を払わないといけないわけです。

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]より深くイメージするために私の具体例を出しておきます![/voice] [aside type=”normal”]記憶が飛んだことがあるOGURIの経験です。[/aside]

以前友人たちと、
ビールをどれぐらい飲めるかという競争のようなものを

していたんです。

 

ビールの缶をどれぐらい飲んで

、積み上げられるのかを競いあっていたんです。(笑

それがつみあがるたびに
「おおこんだけ飲んだな」とかカウントしていたんです。

 

今思えばただのあほでした!!

結末はというとビール10本ぐらい飲んでから
自分の記憶がなくなってしまいました!!

朝起きたら友人に運ばれて床に死人のように寝ていたと報告を受けました。

そこで起きて友人から

「なあ昨日やばかったぞ!」といわれました。

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]ええ。ああ飲みすぎたもんな![/voice]

友人:「いやそうじゃなくて。」

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]ん?なんかあったんか?[/voice]

 

友人:「もしかして覚えてないんか?」

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]いや俺なんかしてたっけ?[/voice]

 

友人:「昨日カラオケの液晶テレビ壊していたで!」

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]まっマジか―!![/voice]

どうやらOGURIはお酒で記憶が飛んでいて、
カラオケ屋のテレビを壊したということらしいです。

 

結局カラオケ屋さんには謝罪して、
10万円ほど弁償することになってしまいました。

 

もちろん記憶が飛んでしまえば、

コントロールすることはできませんから、

ブラックアウトの当事者は何か事件を起こしていても「覚えていない」というでしょう。

 

しかしそれで済んでは警察はいりません。

このように社会的に信用を失う可能性を、

 

ブラックアウトは強く秘めているのです。

 

あなたの人生を確実につぶす

skeleton-801493_960_720

カラオケでの私の例を紹介させていただきましたが、

 

ブラックアウトを起こした人は、覚えていないけど、

 

シラフのように行動をしてしまうということが問題なのです。

気絶しているけど、

 

体が思わぬ方向に動いてしまうと捉えることもできます。
もちろん、その覚えていない行動は、

あなたの人生を確実につぶしているよということです!!

 

中には若いころの武勇伝として語る人もいるかもしれませんが(笑
上京はかなり深刻であるということは否めません。

 

酔って記憶をなくす現象『ブラックアウト』の恐怖

tree-247122_960_720

 

アルコールの飲みすぎで起こるブラックアウトは、
軽い意識障害=すなわち気絶のようなものだと思ってください!

 

アルコールは、ほどほどにたしなめば、

リラックスをさせて気分を爽快にさせて

ストレスを解消してくれる働きがあります。

 
しかし、飲みすぎることにより、

血中のアルコール濃度が上がり、

ブラックアウトなどの泥酔状態に発展します。

 

一気飲みや、深酒をすると、アルコールの血中濃度が急激に上昇すると言われています。
血中のアルコール濃度が0.3から0.4%までに上昇するまで飲むと泥酔期という、ブラックアウトを起こしやすい状態になるのです。

(ちなみに、ほろ酔い程度のアルコール血中濃度は0.05~0.1%と言われていますから、

何倍もの血中濃度をほこっているということがわかります。)

アルコールが脳の関門を通り、
攻撃しまくっている状態と考えていいでしょう。

 

そのために私達の大事な記憶の中枢を麻痺させることになります。

特に脳の一部である、記憶を司る海馬という部分が大きくマヒしてしまうことになります。
そのため、『記憶がないんだ』と頭を抱えていることになります。

詳しくはブラックアウトのメカニズムという記事で説明していますのでぜひ参考にしてみてください。

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]ブラックアウトの人が何も覚えていないのは、アルコールが記憶を司る機関を麻痺させるからなんだね![/voice]

もちろんブラックアウト中は、

自分では思い出したくないようなことをしているわけなんですが。
「ええそんなことをしていても覚えていないの?」

ということもたくさんあります。

 

[aside type=”normal”]

・私の働いていた病院にいた患者さんはぶらっアウトを起こして、大阪から東京タワーで目が覚めたという人がいます。つまり、記憶が飛んでいる間に新幹線に乗り東京タワーに登ったということです。

ほかにも気づいたら刑務所だった!
とかそんな状況も本当にありますから!!

気づいたら裸になっていた。巷でニュースが騒がれていますが、他人ごとではないということを覚えておいてください。

[/aside]

 

ブラックアウトを繰り返し起こすと脳が縮小していく

man-845847_960_720

これまでは、

ブラックアウトがどういうものであるということを説明していきました。
次はブラックアウトを何度も引き起こすと、

 

どういうことが起きるのかということを説明していきます。

 

アルコールのとりすぎで、
ブラックアウトを起こしていくと、
 脳にダメージが蓄積されていくのです。

 

そうすると、
どうなるか?

脳がだんだん委縮していくようになってしまいます。
高齢になると認知症を発症しやすくなりますが、

認知症も脳の特徴として委縮が見られている状態になっています。

同じ状態がアルコールを飲むことで起こるようになってしまいます。

 

認知症とは、

今の体験や話したことなどを記憶できないという記銘力低下をひきおこしてしまいます。

萎縮していくと記憶があいまいになったり、

ちょっと前のことが思い出せなくなってしまう。
お酒を飲み続けていると脳が小さくなり認知症のような症状を引き起こします。

 

これは、酔っていない状態。

 

素面(しらふ)でもそんな症状があらわれていくことになります。

 

アルコールをとり続けるといづれ脳萎縮をおこしてしまうにも詳しく書いております。

アルコール性認知症とは、アルコールを多量に飲み続けた事により、脳梗塞などの脳血管障害や、ビタミンB1欠乏による栄養障害などを起こし、その結果起こるとされている認知症です。
また多量に飲み過ぎた事だけでも、脳は委縮するのではないかとも考えられています。
認知症ネットより引用

と、アルコールの常用は脳を破壊してしまいます。

軽い意識障害とはいえ、何度もブラックアウトを起こすと、40代後半以降から物覚えが悪くなってしまうかもしれない。また、ブラックアウトにならなくても、毎晩お酒を飲み過ぎると(1日に日本酒4合を10年間)、脳の萎縮が起こってくる         新酒すると記憶がなくなる心がけたい4つの対策

何度もブラックアウトを起こすことの危険性と、

長く大量に飲むことでも

物覚え事態を悪くさせる可能性があること大きく指摘していますね。

 

つまりお酒を飲み過ぎないことが、ブラックアウトを防止し、脳のエイジングケアになるのだという意識を持とう。「ブラックアウトになるのは、生涯で1度だけ」が医学的常識。2度、3度と繰り返してはいけない。ブラックアウトになる前触れはないので、自分で酔ったかな?と思ったら、それ以上飲まないように気をつけよう。              新酒すると記憶がなくなる心がけたい4つの対策より引用

ブラックアウトを何度も起こしている人は

本当に規格外であるということを知っておいてほしいのです。

 
障害に一度までということが医学的常識の範囲にあります。

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]何度も起こしている人は常識を突き破り、本当に危険な状態であると自覚する必要があります。[/voice]

 

ブラックアウトを防ぐために私達ができる対策とは

man-30322_960_720

散々わたり、ブラックアウトを引き起こすことで

脳に危険なダメージが起こることをお伝えしてきました。
ではどのようにすれば、

ブラックアウトを少しでも防ぐことができるのでしょうか?

以下に対策を紹介していきます。

 

1,アルコール血中濃度をあげない工夫を行う

血液のアルコール濃度をあげすぎないということが一番大事なことです。
特に一気飲みなどをしてしまうことで、

 

血中濃度は急激に上昇してしまいます。

 

強いお酒を飲む場合などは、時にチェイサーなどを挟み、

 

おつまみなどを食べながらアルコール濃度をあげないという

工夫をすることが必要です。

 

もちろん大量に飲酒するということは論外で

適量を守る努力をしないといけません。

 

適正飲酒量(サッポロビール株式会社より参考)

 ビール1本  ウイスキーダブル1杯  チューハイ1.5本
 日本酒1合  ワイン4分の1本  焼酎0.6合

 

2,早寝早起きをして対応する

早寝早起きすることによって脳を休ませて脳の働きをスムーズにするので、

寝る前の3時間までにはお酒を終わらせておきましょう。

 

尿が作られたり、トイレに行きたくなることによって、

睡眠の質を下げてしまうからです。

 

3,ビタミンB群の摂取を心がける

どうしてもお酒を控えることができないなら、日常的にビタミンB群を摂るように意識しよう。オススメなのはB1 、B6、B12。これらは脳神経を健やかに保つ補酵素だ。

 深酒すると記憶がなくなる心がけたい4つの対策より引用

特にビタミンB1は不足することが多いので、

より摂取が必要となってきます。
アルコールを代謝することでビタミンB1を

多量に消費してしまいます。

不足することで
ウエルニッケ脳症などの物忘れの障害が出ることもあります。

 

 豚肉  大豆  玄米
 鰻  鮭  らっかせい

などいろんなものに含まれていますので、

 

特におつまみを食べながら飲むということを意識しておいてください。

 

4,アルコール濃度が低く抑えられる時間帯を狙いお酒を飲む

体内のアルコール濃度が低く抑えられる時間帯が存在します。
おおよそ15時から22時の7時間と言われています。

この時間帯は代謝が活発で、アルコールの分解も早く、

 

血中濃度が上昇しにくい時間となっていますので。

 

早めに飲酒時間を切り上げることで、

 

睡眠にも悪影響が出ずにより適した睡眠を行うことができるようになります。

 

ちなみにアルコール依存症の人は絶対に断酒をおこわないといけない

ブラックアウトの対策法を書きましたが、

アルコール依存症の人は絶対に禁酒をしないといけません。

 

飲酒のコントロール障害を起こしているから、

一口お酒を口にするだけでお酒がとまらなくなり、

最終的に、記憶がなくなる可能性はとにかく高いのです!!

 

自分でやめたくてもやめれないから依存症という診断がつくのです。
絶対にアルコール依存症の人は、お酒は口にしてはいけません!

もし、アルコール依存症の人で何度もスリップを起こしている人がいたとしたら俺がお酒をやめるためにしている50のことという記事をぜひ参考にしてみてください。

Sponsered Link

アルコール依存症じゃない人の場合

自分の限界量を見極めていくというのが、
とにかく大事です。

 

アルコール依存症じゃないあなたは、
まだ飲酒量をコントロールできる状態にはある。

 

  • 一気飲みをしない。
  • すすめられたままにお酒を飲まない。
  • すきっ腹でお酒を飲まない

 

とにかくアルコールの血中濃度を、一気に
上げすぎないということが大事なんです。

 

アルコール依存症の人は基本的に断酒を継続しないといけません。
意思の力では断酒できませんという記事に書いていますので、アルコール依存症の人は参考にしてみてください。

以上です!長々とありがとうございました!!

次はお酒をやめるためにしている50のことのページです。

ああ。私が実際に断酒をしてみて感じた効果の記事も非常に人気ですね

 

PS

どうして「酒におぼれる」というような

 

ブラックアウトが起こるのか?

 

もちろんお酒に対する依存症という概念がありますが、

根本は自分の気持ちが大きくかかわっているのではないか

と考えています。

 

私はお酒を現実で逃げるための道具として使用をしていましたが

それにはやはり言い知れぬむなしさや苦しみが

自分の中にあったからです。

 

つまり現実から少しでも目をそらすために

お酒を飲んでそれにおぼれる

という日々を繰り返していたんですね。

 

そこで私はあるものにであい、

うつ病を改善することができるようになりました。

 

その結果お酒も手放しブラックアウトのような

 

人に迷惑をかけることもなくなって今では

本当にほっとしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー