[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]どうもOGURI鈴木です!![/voice]

世の中むかつくことが多い

anger-794699_960_720

生きているとイライラすることがとにかく多いです。家のこととか、仕事のこととか、些細ないざこざとか。

もちろんこのムカムカすることは、私だけでなく、みんなにもありえます。

おそらく生きていればすべての人が経験することでしょう。

 

[aside type=”warning”] 今回はイライラしやすい人に見てもらいたいイライラをスルーする技術について紹介していきます。[/aside]

 

イライラをいつまでもため続ける弊害

 

世の中には、むかつくことが五万とありますが、自分で怒りを覚えるだけならば、大丈夫です。

しかし、むかつくことをいつまでも頭の中にとめておくことは絶対にやめておいてください。

 

よく漫画を見ていると、復讐にかられて、宿敵を探して、長い間旅をしているキャラクターが結構います。

復讐に燃えるキャラクターはその後不幸になっているケースがほとんどです。

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]そのような、怒りや、復讐は、自分に何も良い恩恵をもたらさないということをとにかく、念頭に置いておいてください。[/voice]

 

ストレスがたまり続ける

lips-374516_960_720

このように、嫌なことや、怒りをいつまでもため込んで、蓄積し続けると、必ずストレスがたまっていくようになります。

ストレスは、何度もこのブログで話していますが、うつ病やほかの精神疾患などの引き金になってしまいます。

しかもいつまでもため続けておくことで、何の解決にもなりませんし、自分自身を苦しめてしまいます。

ムカムカしているときって本当に気分が悪いものです。

相手に嫌なことを言われた→その怒りがいつまでも消えないでいる

記のようなケースだと本当に腹が立って仕方がないものです。

 

できれば、頭の中にムカムカが残っている場合はそれを早く頭の外に出してしまいたいですよね。

 

むかつくことを対処する3つの方法

three-1181081_960_720

そこででむかつくことがあっても、いつまでの頭の中に残さずに、スルーできるような方法はないでしょうか?

そこで今回は3つのむかつくことを、ため続けない方法について書いていきます。

 

1.言葉を利用する

 

例えばですが、嫌なことがあったとします。

私の経験談なんですが、とにかく、嫌なことがいつまでも頭から離れない時に、無意識のうちに独り言を言っていました。

「あいつむかつく」

「ふざけんなや」

「なめやがって」とそのような言葉ばかり、独り言を話していました。

[aside type=”warning”] みなさんは、何かいやなことがあった時に、無意識にこのような言葉を使っていませんか?[/aside]

 

つかっているのであれば絶対のやめましょう!!

 

使えば使うほど、余計に腹が立ってきます。使う本人は「少しでも発散できるのであれば」という気持ちで使っているかもしれませんが。。

 

余計に悪循環になるということを覚えておいてください。

 

逆に嫌なことを消すような言葉を口癖に

 

汚い言葉をやめてしまい、逆に嫌なことをかき消すような言葉を用いるようにしましょう。

具体的には、「大丈夫」とか「もうええわ」とか、悪いことを受け止めるような言葉です。

「なんとかなる」とかも流すような感じでグッドでしょう。

落ち着いて、独り言を修正してみてください。

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]個人的にその習慣を心がけてから、必要以上にイライラすることはなくなりました!![/voice]

 

2.紙に書いて整理する

 

なんかしりませんが、嫌なことがあった時に、いつまでも、イライラしている理由として、「なんでかわからないけどイライラしてしまう」ということがあります。

 

イライラした理由がすごく漠然としているんですよね。

 

もちろん嫌なことはあったんだけど、具体的にどのような理由でこんなにむかついているということが次第にはっきりしないままイライラしていくのです。

だから、逆に紙に書くことで、どうしてこんなにイライラするのかをはっきり整理していくのです。

 

イライラを紙に書いていると、以外にたいしたことないと考えてしまう

 

紙に書いて整理していくと「意外とたいしたことないな」と思うことがあります。

整理して視覚化していくことで、頭の仲が整理されていき「別にたいしたことないな」と次第に考えるようになるのです。

 

消化するつもりで紙をすてるのもあり

紙に書いて、整理することができたら、ごみ箱に捨ててしまうのも良いでしょう。

整理して考えたことを紙に書いてすてることで、いやな気持ちをリセットすることができるようになります!

 

3.寝る

 

[aside type=”warning”] 上に2つの方法を試してみてもどうしようもない時、もしくは、試そうという気持ちもないぐらいに怒っているときはあえて、寝てしまいましょう。[/aside]

怒りが頭の中にあり、どうしようもない状態というのは、炎にどろどろに溶かされた鉄の状態であるといえます。

 

そのあっついどろどろの状態では、水をかけても一向に固まらないですよね!

だから、鉄を覚ますという意味でも、ゆっくり寝てしまいましょう。

 

時間を置くことで、鉄を覚ますことができるように、自分の気持ちを覚ますことができるのです。

「あれなんでなやんでたんやっけ」と思うようになったら、上記の2つの方法を試してみてください。

 

まとめ

いつまでもむかつくことは頭の中から離れない時は

・イライラを助けるような口癖はやめる

・イライラする理由を紙にかいてみる

・寝てみるこの3点ですね!

いつまでもため続けることは自分にとってよくありません。あえて受け流してみましょう。

 

[voice icon=”http://kenji-depression.com/wp-content/uploads/2016/04/securedownloaddddd-e1460552310766.jpg” name=”鈴木” type=”l big”]受け止めるのも大事ですが、スルーするのも大事ですからね!![/voice]

むかつくことをスルーしてしまい、自分の心の負担を軽くしてしまいましょう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

うつ病はあなたの人生を台無しにします

私は今は薬に頼らずあるもの使うことにより
うつ病を克服し、元気に社会生活を
しています。


  といわれてもくそ怪しいですよね。

  恐らくうつ病に苦しんでいたあの時に見ていたら
「絶対怪しいだろ。これって詐欺なのか?」
と思っているでしょう。

  しかしこれは紛れもない事実なのです。

  うつ病で仕事をいけなくて自分を責める毎日。

現実から逃げるためにお酒に逃げ正直死のうとも思いました。

朝起きると目の前が灰色(グレーの世界)が広がるような感覚もありました。。

  でも、あるものに出会えたことで、

現在はうつ病を克服し、

毎日充実した生活を送ることができています。


意欲が回復し社会復帰できて自信がついた

自分を責めて常に罪悪感を感じていたのが。
嘘のように消えた

朝起きるとすがすがしい朝の光と新緑の世界を

感じ取ることができるようになった
意欲が回復し、冷静な判断とあわせて

人生を自分で生きることができるようになった
ほしいと思います。


  うつ病地獄だった鈴木はいかなる方法でうつ病やアルコール依存を
  克服することができたのか?


  その詳細は以下のリンクからどうぞ。

  ↓   ↓   ↓   ↓    ↓
たった1つで!?看護師鈴木が気分の落ち込みを克服したってよ!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー