アルフレッドアドラー嫌われる勇気から学んだ共同体感覚とは

どうもメンタルヘルス専門家のOGURIスズキです。

今回もアルフレッドアドラー嫌われる勇気から学んだことをシェアさせていきます。

「どうして俺は何もできないんだろう。俺には生きる価値はないのか?」と、考えているあなたへ記事を書かせていただきました

どちらかというと、自分に自信がない人(いや。なかなか自信に満ち溢れている人なんてなかなかいないとは思いますが)にぜひみてほしい内容であります。

電車で嫌われる勇気というアドラー心理学をもとにした名著を読んでいたのですが、今日の朝電車で読み直していると「うわ。改めてみるとめちゃくちゃすごいですわ。完全にためになりますわこれは、ぜひブログで共有しないといけないぜ」と衝動に駆られてしまいました。

で、明日仕事のために5時おきにもかかわらず、そんなことはほっぽりだして、1分1秒でも伝えたいと思い、今机にむかってキーボードをぱちぱちやっています(今まで何をしていたんだという感じですが)

で、究極的に何を共有したいのかというと私たちは存在そのものに価値を持っているわけです。
そうです。生きているだけで、本当に素晴らしいのです。

  • 私たちは大きな共同体の中にあって存在そのものが素晴らしい
  • 私たちは、日々の生活の中で家族の一員として。
  • 時には、仕事の中で社会の一員として。

Sponsered Link

私たちは地球という箱の中で生きている

私たちは、日々のライフスタイルの中で、共同体の中で生きています。

共同体というと、家族とか、職場とか、ついつい狭い範囲の中でとらえてしまいますが、アドラー心理学を探求すると、共同体とは世界もしくは地球をとらえていて、私たちはその中の一員として存在していると定義されています。

「うわあ。なんだよそれ。大げさな言い方じゃないの?それいうたもんがちやん!」と、読んだときはかなり心の中で浮かんできました。

世界の一員として自分をとらえると、自分は価値ある存在だと見えてくる

「で、何がいいたいの?」というわけですが。

大きな共同体の一員として自分をとらえることで、自分の存在が価値あるものであると、OGURIの中でかなり実感できたということです。

学校や社会ではついつい自分の行動に焦点を当てがちになってしまいます。

  • ようは、「テストでいい点をとる」
  • 勉強ができる
  • 友達の人気者として生きている

など、自分の行動や振る舞いの中にフォーカスすることが多いということです。

その考えにとらわれてしまうと、ついつい自分の中で自信をなくし、消耗間を半端なく感じてしまいます。

なぜならばそうそううまくいくことがないからです。

常に他人から認められて評価されて生きる。人々の承認を得続けるということは、そうそうできるものではありません。

むしろ失敗のほうが多いでしょう。

そういった状況では、

  • 「自分はどうしてだめな人間なんだ」
  • 「自分では生きている価値はない」
  • 「迷惑をかけているだけだ」

と自分を価値のないものとしてとらえて、苦しんでいる人もたくさんいるのです。

共同体を大きくとらえると、自分の中の存在の価値が実感できる

そこで、自分を世界の一員としてとらえてみるのです。

そうすると、自分の存在そのものに焦点があたることになるのです。

そこにはあなたの行動はとてつもなく小さく映ることになります。

自分の存在そのものは、どういったものなのか?

あなたが存在するということは、あなたは生きているということです。

  • あなたが生きているだけで、両親の心は満たされたものになります。
  • あなたがただ日々の生活をおくっているだけで、何かしらの人が価値を得ることになります。
  • たとえば、あなたがご飯を普通に食べたとして、ご飯の材料が売れることになり、食材を販売する人の価値になります。
  • あなたが、笑顔でいるだけで、周囲に伝染し、世界中の誰かが笑顔になっているのかもしれません。

そうです。あなたは背伸びをしなくても、普通に生きているだけで、そして、存在しているだけで価値があるものなのです。

自分の存在を認めることができたとき、視点は大きく変わる

存在しているだけで世界中に価値を与えている。

地球に貢献することができている。

そう実感することができたとき、あなたの視点は大きく変わります。

つまり、幸せを感じることができるのです。

「自分なんてどうしようもない」とおもい生きている人と、「自分は生きているだけで意味がある」と考える人の生きる人生の幸福度の違いは一目瞭然ではないでしょうか?

だから、今自分の人生に悩んでいる人自身がもてない人に私は声を出して言いたいわけです。

あなたは生きているだけで価値があると!

Sponsered Link

まとめ

自分を大きな世界の中の一員としてとらえる

自分の価値が実感できる。

あなたは生きているだけで何かしら他の人に価値を与えている。

 

そう。私たちは生きているだけで、誰かに価値を与えているのです。

 

Sponsered Link

 

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!