プロが語る!アルコール依存症の離脱症状で怖いのは痙攣だ!!

img_0333.jpg
鈴木
どうもOGURI鈴木だよ!!

 

あなたは、アルコール依存症は、離脱症状があると知っているかな?

 

 

離脱症状を簡単に説明しておく。
お酒をやめると血液のアルコール濃度が急に下がるよね!その時に、身体や精神の症状があなたに、現れてしまうことなんだ!

 

禁断症状とも言い換えることができるね!!

 

 

本記事ではアルコール依存症で一番怖い離脱症状は何かということを紐解いていく!!

アルコール依存症の人はこれを見て2度とお酒を飲もうとはしないでほしいね!!

 

アルコール依存症の離脱症状で一番怖いものは何かというと痙攣発作なんだ!!

 

OGURIは看護師だけど、痙攣と聞いたら、みんな看護師があつまってくるレベルだよ(笑

その時それを見ていたOGURIは「痙攣は大変なんやな!」と思ったけど、それがなんで大変かということはよくわからなかった!

とにかく危険な離脱症状であるということをみんなに知っておいてほしいの。

 

鈴木
本記事のキーワードはTKKだ!(最後のまとめをみたらわかるわ)

 

離脱症状で命に関わる可能性がある痙攣発作

 痙攣ってまずはなんだろう❔

手足をガクガクと大きく震わせる発作です。目は白目をむき、歯をくいしばり、手足を強く曲げた状態から、徐々に手足を伸ばし、ガクガクと筋肉が引きつるような震えの発作に、多くの場合移行します。これを大発作と呼びます。半身だけの場合や、両手足に発作が起きることもあります。発作の間は本人の意識はありません。

柏原脳神経外科病院ホームページより引用

あなたが痙攣見たことあるのなら話が早いね。

 

痙攣を一言で言うと全身ががくがくぶるぶる震えている状態と言っていい。

 

とにかく人が、ぶるぶると震えている姿をイメージしてほしい!!
初めて見たときはめちゃくちゃびっくりしたのを覚えている。

 

どうして痙攣が起きているかというと脳の電気信号が活発に動いているからだ!

脳の電気信号が人をがくがくぶるぶるの状態にしているといっていい!!
 

ちなみに痙攣している本人は覚えていないからね!!

痙攣が起きているときは、自分は意識を失っているからだね!

 

どうして痙攣は怖いのかということ起こってしまった場合直接命にかかわってしまう可能性があるからだ!!

 

ようは死んでしまう可能性があるわけ!

死ぬ=もっとも怖い離脱症状といえるよね。

 

なんで痙攣になると死んでしまう可能性があるのか

痙攣になると、なんで死んでしまう可能性があるのか?

あなたはわかる?

 

アルコール依存症の人はとにかく、それを知っておく可能があると思うんだよ!

 

お酒の離脱症状で死んでしまう可能性があるとわかればお酒をやめようとするでしょ?

その怖さを知ってあなたにお酒をやめてもらいたいわけなんだ!

痙攣は息を止めるから

痙攣発作が起こってしまうとぶっちゃけ息が止まってしまうわけ!!
息が止まると体中の酸素を身体が利用するよね!!息止まっているからね。

 

 

そうすると、いづれ血液の中の酸素がなくなってくるね。

しまいには、心臓が動かなくなってしまうということだ!

 

意識を失うような痙攣がほんの数十秒ほどであれば、痙攣が止まってしまえば徐々に身体が回復してくるよね!

でも、痙攣が起こって止まったと思ってまた痙攣が起きてしまったら!?

 

当然息が止まり続けて生命に危険を及ぼすということだ!!

痙攣発作が何回も起きることを痙攣重積というんだ

ようはめちゃくちゃ怖いということ!特に息が止まる痙攣発作が何回も長く起こり続けるとあなたの命を奪ってしまうということになるの。

 

お酒をやめてどれぐらいの時期で離脱が起きやすいのか

あなたの命を奪ってしまうかもしれない痙攣はどれぐらいの時期で起こってしまうのか知っている?

だいたいお酒をやめて数時間から2日ぐらいまでといわれているんだ!!

お酒をやめてすぐに起こる可能性があるということだね!!

これをお酒をやめて早期に起こるから、小離脱というんだよね。

小=早期というものの見方だね!

 

ちなみに、2から3日以降に起きるのを大離脱というだけど、これはまた次の機会に詳しく説明しておくわ!!

 

予防する方法はないの?

こんなに危険な痙攣をなんとか予防する方法はないかな?

一応あるとはいえる!

 

お酒をやめたとき早い時期から起こる痙攣に備えて予防的にジアゼパムという薬を飲んでおくのだ!

別名セルシンともいうんだけど。これは別名抗痙攣薬とも言われている。

 

ちなみにこのジアゼパムもアルコールのような依存性を持っているから注意がめちゃくちゃ必要なんだ!!

また紹介するわ!

 

ただ痙攣を予防できるからといっていつでもお酒を飲んでいいということでは絶対ちがうからね。

もちろんアルコールは痙攣以外にも離脱症状はたくさんあるんだから!

 

まとめ

アルコール依存症には離脱症状がある。

その中でも恐ろしいのが痙攣という症状である。

お酒をやめて2時間から2日ぐらいまでの間に発生することが多い。

早期離脱=小離脱とも言う。

どうして痙攣が危険かというと呼吸がとまり命の危険性が非常に高いからだ!

 

鈴木
とにかく痙攣は危険だから!アルコール依存症の人はお酒を飲むのは絶対にやめようぜ!

 

 

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!