驚愕。アルコール依存症が鬱を助けてしまうという残酷な事実とは!?

skeleton-801493_960_720

うつ病専門家のOGURI鈴木です。

世の中嫌なことしかないんだぜ、だから俺は酒を流し込んで明日に備えるぜ!

と、考えて、お酒をストレスのはけ口にしている人はいるんじゃないかな?

ちなみに、俺もそういう風にお酒を飲んでいた。お酒を飲むことで、『嫌なことを忘れられるぜ』ってガチでそう思っていた。

けど、俺は完全にそれは間違いだって気づいたんだよ。

だから俺は酒を飲まない。だって飲むとうつになっちやうからさ。

本記事では

お酒を飲むことはストレス解消にならずに逆に鬱を悪化させてしまう可能性があるということを記事で書いていくぜ。

お酒を飲むことで得られる楽しみはただの幻想だ。

それは、まるでシンデレラの魔法が解けたような世界にひきもどされるからだ。

Sponsered Link

そもそもどうして酒を飲むのか

ちなみに、酒を私たちは酒をのむんだろうか?

付き合いのため?
それとも、快楽を得るため?

いろんな目的があるかのように思う。

けど、一番のお酒を飲む理由としてはたった一つしかないのを知っているかな?

その答えはただ一つ。

お酒に酔うためだよ。

アルコールを取るのはすなわち、酔いたいからお酒を飲むわけだ。

なんや。そんなんわかっとるわい。お酒飲んだら酔うのは当たり前やないかい」と、みんなは心の中で思っているかもしれない。

でも現代社会生きている人は酔うためにお酒を飲んでいる人が、本当に多い。

私たちはストレス社会の中で生きている。すなわち、いろいろ嫌なことを頭の中で抱えて生きているわけだ。

嫌なことをお酒に酔うことで、忘れられると思っている人が本当に多いんだ。
めちゃくちゃ多いんだよ。

 

酔うことで一時的にストレスや嫌なことは減ったかに思うが、実は何の解決もしていない

お酒は酔うために飲む。

理由は、酔うことで嫌なことはストレスを忘れ去ることができるという幻想を抱いている人が多いからだ。

現に鬱病になった人は、アルコールをたしなむ人が半端なく多い。
これでもかというぐらいに多い。

その理由はもはや明確。

お酒を飲むことで、嫌な感情や事実を忘れ去ることができると信じているからだ。

ちなみにOGURIも鬱病がひどかったときはお酒をとにかくひっかけていた。
いや、ひっかけるというレベルではない。お酒を何倍も何倍も。ワインならボトルを何本もあけていた。

それは、どうしてか?酔うためだ。

 

アルコールの良いが覚めると苦痛は数倍になって帰ってくる結果、半端なく鬱が増強している

お酒を飲むことで愉快な気持ちになり、ストレスや嫌なことはアルコールガソリンで一時的に置いてけぼりをした気分になる。

でも、それはただのまやかしである。

酔いが覚めると、実はもっと心の中は不幸になってしまっている。

あなたは、思い当たる節はないだろうか?

お酒をがぶ飲みした次の日の朝。半端なく死にたい気持ちに長追われてしまったことを。まるで地獄の底にたたき落とされてそこからは全く這い上がる可能性は一切残されていないという事態を。

私はまさにそんな気分に陥ったことがある。

もう死にたい

一歩間違えたら、本当に自殺しかねないような。そんな気分を酔いが覚めた後に帰ってきたことを。

どうしてそんな気分になってしまったのか?
答えは決まっている。

嫌な気持ちをただ、お酒でごまかしたからにすぎないからだ。

 

例えば、私たちは日常的に掃除をさぼる。

その時は心の中で「明日かたずければいいや。今日はやめておこう」と、理由をつけてごまかしているにすぎないのだ。ごまかしたものは、もちろん次の日に事実として帰ってくる。

すると私たちはそれに気づく。すなわち、昨日の時よりもゴミがたまっていることに。
ごまかしたつけは後になって帰ってくるから、私たちはさぼった分部屋の掃除をしないといけないというわけだ。

 

 

掃除以外に例えることができるのが借金だ。
不足するお金を一時的に貸し入れすることにより、その場をしのぐことができる。

もちろん、借りたお金は返さないといけない。
いや、むしろ利子がつく分より多くのお金を返さないといけない事態になるのである。

お酒でその場をしのぐことも借金と同じ

お酒で嫌なことを忘れようとすることも借金と同じなのである。
なぜならば、嫌な気持ちやストレスは、後になって返済をしないといけないからである。

いやむしろ、元のお金に、利子を返さないといけないのである。
つまり嫌な気持ちやストレスは、より大きくなって自分の中に帰ってくるのである。

嫌なことを忘れるためにお酒を飲んでも自分の中に倍となって帰ってくる。
鬱病の人がお酒を飲むとより数倍鬱が悪くなってしまう。

そう飲酒(事実のごまかし)得られるプラスのことは何もないのである。

Sponsered Link

まとめ

お酒は借金のようなもの

嫌な気持ちやストレスをお酒でごまかしたとしても、いづれは全額返済しないといけない。むしろ利子がつく分酔いが覚めるとより多くの嫌な気持ちが襲ってくる

結果として鬱病の人がお酒を飲めば飲むほどうつ病を悪化させる。

そう。お酒で得られるものは何もないのである。
むしろ刃のブーメランを投げるようなものである。

そのブーメランは自分に帰ってきて、自分に大けがをおわせるのである。

その刃のブーメランはもちろんアルコールなのだ。

 

Sponsered Link

 

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!