『お酒を飲んで頭が痛い!』3つの原因とその5つの解消法とは!?

あああああああああああああああgあ_001

どうも!メンタルへルス専門家のOGURI鈴木です!!

私はお酒をやめてしばらくになりますが、先日、父親がお酒をしこたま飲んでおり、
「頭が痛いわー。頭が痛い」と言いながら寝込んでおりました。

 

ということで、身内で済みませんが、父のために記事を書きました。

 

お酒を飲むことで、どうして頭が痛くなるのかということについて詳しく書いていきます。

お酒を飲んでどうして頭が痛くなるのか原因を知ることができる

頭痛に対する解消法を知ることができる

お酒で起きる片頭痛を放っておくと実は
恐ろしいことになる?!

ということをイメージしてもらえるように記事を展開していきます。

実際に私がお酒をやめてみたこんなすごい効果があったので、ぜひ参考にしてみてください。

ああああああああああああああgあ_001

Contents

お酒で頭が痛くなる3つの原因

xzzz紹介_001

「うおー。めちゃくちゃ頭が痛いんや」という風にお酒を飲むとなるわけですが、対策をしようにもまずは

どうして頭が痛いのか?

ということを知っておかないといけません。

そんなこんなでこれからアルコールによる頭が痛くなる原因を紹介していきます。

原因①飲むと頭がすぐに痛くなる場合血管が拡張してしまっている

「お酒を飲むとなんか知らんけど、ちょっとしてからすぐに頭がいたくなってしまうんや」という人はたくさんいるでしょう。

私も以前はお酒はそんなに強くなかったのですが、飲むと「頭が痛い」と、襲い掛かる眠気と共に苦痛を感じていました。

「じゃあお酒をやめろよ」という人もいると思いますが、そういうわけにはいかない時もあります。

お酒の付き合いの場合どうしても断ることができずにお酒を飲んでしまうということもありますから。

で、飲んですぐに頭が痛くなる人の原因としてはアルコールが体内に入った時に追い出そうとしていることによる反応ととらえることができます。

つまり、お酒を「早く追い出さなきゃ」と血管を拡張(広げる)わけです。
※血管が広がるということは、血流を良くするということ、腎臓の血流も豊富になり、尿となり、アルコールが排出されやすくなります。

しかし、その広がった血管が頭の神経を圧迫してしまうのです。

そのために「頭いたっ」という風になってしまいます。

一言で言うと片頭痛というずきずき
とする嫌な頭痛ですね。

 

原因②飲みすぎてアセトアルデヒドが残ってしまっている

「死にそうだ」とよくいう二日酔いという現象によく頭痛が起きますよね。

この現象はお酒の成分であるアセトアルデヒドが分解されず、残ってしまうことによって起きてしまいます。

アセトアルデヒドはいわば毒物と考えてください。お酒を飲むとそのアセトアルデヒドを全力で肝臓さんが分解しようとするわけですが、肝臓さんにも限界というものがあります。

つまり、
お酒をガンガン飲むことで肝臓さんがキャパオーバーを起こしてしまい、
分解しきれずに翌日に持ち越してしまうことになります。

 

体内には毒物が入った状態になっていますから「毒を出さなきゃ」と再び血管を拡張してしまうことになります。

すると神経を圧迫してしまい、頭痛が生じることになってしまいます。

 

原因③脱水(水分不足)

アルコールには利尿作用があることはしっていますか?

利尿作用とは水分を外に外に出そうとおしっこの量が増えることを言います。

 

お酒を飲むとやたらとトイレに行きたくなりませんか「たくさんのんでいるからじゃないか」と思いますが、
それ以上に利尿作用によりたくさんの水分が出ているために水分が足りない状態になります。

 

水分が足りない状態になると、
血液量も少なくなってしまうのです。
するとあらゆるところから、
水分を血管に引き込もうとします。

「脳の水分も借りてしまおう」と足りない水分を脳の水分から補おうとします。

その結果頭が痛くなるという現象が起きてしまいます。

 

水分を取られてしまい脳がちじこまるような動きを行うことで頭痛が生まれる

脳の水分がとられてしまうことで、
どうして頭痛が起こってしまうかということですが、

頭の水分がとられてしまうと細胞の一つ一つが小さくなってしまいます。

すると脳そのものが「きゅーっ」としまるような感じになってしまいます。
その結果「頭痛い」という風になってしまいます。

 

脱水が起きることで血がどろどろになり血管が拡張してしまう

脱水が起きてしまうとサラサラの血が水分を失ってしまうことにより
どろどろになってしまいます。

これは何となくイメージできるのではないのでしょうか。

どろどろになった血液は当然体内を流れるには少し遅くなります。
すると身体が「もっと血液をよく流れるようにしなきゃ」と
考えてしまうのでより血管を拡張させてしまいます。

 

その結果、
拡張した血管が頭の神経を圧迫してしまい
頭痛を起こしてしまいます。

 

お酒を飲んで頭が痛くなることを解消するための対5つの対策

私はもうしばらく体験していませんが
あの「頭痛い」という感覚は本当に辛いものです。

 

ここで頭が痛くならないための対策を紹介していきます。

 

①水分を摂取しながらお酒を飲む

よく居酒屋などで見かけますが「ビールをおかわり」と立て続けに飲む人がいます。

もしあなたもそういう人に当てはまるのであれば「合間に水分補給を欠かさないようにしましょう」

「お酒で水分補給をしているよ」と考える人がいますが、
お酒を飲めば飲むほど、身体の水分は出て行ってしまい、
脱水状態になってしまいます。

 

チェイサー(水を合間に補給をする)という言葉があるように、
合間合間にお酒でないもので水分補給をすることが大事になります。

お酒による失われる身体の水分を補給することができる→脳の水分も補給される

→血もどろどろにならず血管が広がらない

水分を取ることで、血液のアルコール濃度が薄まり、尿となり早くアルコールを排出することができる

→血管が広がり頭の神経を圧迫することを防ぐ

 

合間合間にしっかり水分を補給していくようにしましょう。

イケダハヤトしも

ポカリを飲むと頭痛がおさまる

言っていました。

ブログ界のインフルエンサーがこういっているので、
ポカリが頭痛のインフルエンサーになりうる可能性があります(笑

②入浴を行う

入浴を行い、発汗することで、体内のアルコールを早めに外に出すことにつながります。

ただし入浴をする前は

絶対に水分を十分に補給してから入浴を行うようにしてください。

お酒を飲むと体の水分が少なくなってしまうということは繰り返しお伝えしてきました。
脱水の状態で入浴をしてしまえば体内の水分は余計に失われて非常に危険な状態になりうる可能性があるということは絶対に知っておいて下さい。

水分を補給したうえで入浴するということを念頭に入れてください。

③コーヒーや緑茶などを摂取する

COFFEE0I9A8933_TP_V

コーヒーや緑茶などは血管を収縮させるという働きを持ちます。

痛みに対する対策としては、コーヒーや緑茶などに含まれるカフェインが血管収縮に有効です。また、痛い部分を冷やすと拡張した血管が収縮するため、痛みが和らぎます。

WEBホスピタルより引用

お酒を飲むと「早く外に出さなきゃ」と頭の血管が拡張してしまい神経を圧迫するということを繰り返しお伝えしてきました。

つまり、コーヒーや、緑茶に含まれるカフェインが血管の拡張を抑えてくれるということになります。

そのため頭痛が軽快することがあるのですね。

ただし、カフェインには利尿作用があるということは忘れてはいけません。

つまり、
合間の水分摂取は確実に行う必要があります。

④アセトアルデヒドを分解させるような栄養素を取る

アセトアルデヒドの分解を促進させる栄養素はグルタミン・タウリン・オルニチン・セサミンなどがあります。二日酔いに効く栄養ドリンクなどに入っている成分として聞いたことがありますよね。

WEBホスピタルより引用

そう。
お酒に含まれるアセトアルデヒドは肝臓さんが頑張って分解をするわけですが、
お酒の許容量を超えてしまうと、次の日まで残ってしまいます。

俗にいうこれが二日良いという症状になります。

そのために、
アセトアルデヒドを分解しやすいような栄養素を取ってあげるということが大事になるわけです。

食品として摂取するのであれば、しじみ・はまぐり・あさり・タコ・イカ・ごま・ナッツなどに多く含まれています。予防としてこれらをおつまみとして食べるのも有効です。
WEBホスピタルより引用

おつまみや、事前に飲んでおく栄養を活用するようにしましょう。

⑤2日酔いに効くツボを押してみる

手のひらにある健理三針区(けんりさんしんく)というツボを押してみましょう。
このツボはアルコールの分解を促進する働きがあります。

手のひらの下部の中央部分にツボがありますので、
そこを押してしまいましょう。

※近じか画像をアップしようと考えています。

一気飲みだけは絶対にやめろ

girl-287138_960_720

よく飲み会のノリで一気飲みをする人がいますがそれだけは絶対にやめてください。

血中のアルコール濃度が急激に上がってしまい、
「頭痛が」とか言っている暇はなくなってしまいます。
急激に血中濃度が上昇し
最悪の場合死に至る可能性もあります。

また肝臓さんも一気に流れ込んでくるアルコールを分解することができずにSOSをあげてしまいます。
そのSOSは時には吐き気を催すという症状を出しますが、
「はくのは格好悪い」となぜか知りませんが
吐くことを我慢するひとすらいます。

結局アセトアルデヒドは大量に分解することができず、
長い間頭痛を引き起こしてしまいます。

アルコール依存症の人は絶対に
お酒を飲んではいけませんが、
もしあなたがそうでないならば「楽しく安全にお酒を飲む」ということを徹底してください。

 

つまり、楽しくというのはお酒を飲んでいる最中から、
その後の過ごし方も含めて楽しく、そして安全にという意味です。

 

飲んだ時は楽しかったけど、
その後地獄のような思いをする

飲んでいるときすでに気分が悪くて頭が痛い

一基飲みにより命を落としてしまう

馬鹿らしくてやってられません。

とにかくお酒は安全第一と口酸っぱく言わせてください。

 

お酒でよく起こる片頭痛を放っておくと・・・・

ああああああいらいら_001

お酒で偏頭痛が起こりやすいということを
述べてきました。

なぜなら
→アルコールが血管を拡張し
ぞれが脳の血管を広げることがあるということですね。

今まで解消法を紹介してきましたが、
ただやはり偏頭痛のリスクはすごく大きいです。

 

特に毎日、飲むことが大好きな人は
慢性的に偏頭痛のリスクを背負っているという
ことになります。

「そうなんだ。まあ。頭がずきんずきんするぐらいなら
別に放っておいても・・・」

と考える人がいるかもしれません。

果たしてそれでよいでしょうか

 

偏頭痛を放っておくと、脳梗塞、脳過敏性症候群のリスクが高まり悪循環に飲み込まれてしまう?

実はたびたび起こる片頭痛をそのままにしておくと
重大な事態になる可能性があるのです。

「そんなおおげさな」
と考える人もいるでしょう。

しかし、結論から言うと
脳梗塞、脳過敏性症候群を発症するリスクが
限りなく高まってしまうのです。

まず、どうして脳梗塞が起こってしまう可能性があるかというと
血管が拡張してしまうからですね。

偏頭痛は、拡張した血管が
脳の三又神経を圧迫してしまうことにより
ずきんずきんとするような頭の痛みを起こしてしまうのでしたね。

ずばりそのような状態は
脳の血管と神経そのものに炎症を起こさせてしまうのです。

「うーん。大げさじゃないですか?」
果たしてそうでしょうか。

海外の研究では、前兆のないタイプの偏頭痛の人は7倍、目の前がチカチカする前兆(閃輝暗点)があるタイプの偏頭痛の人は25倍ほど脳梗塞になるリスクが高いと報告されています。

そう。お酒から起こる片頭痛を放っておくだけでも
脳梗塞になるリスクはとにかく飛躍的に起こりやすくなります。

 

過敏性脳症候群になることも

eye-491625_960_720

お酒の飲みすぎの偏頭痛を放っておくと
過敏性脳症候群になる可能性もあります。

「何それ?」
あなたは想像もつかないかもしれません。

これは一言で言うと
脳の神経が過敏になり、ちょっとした刺激でも
偏頭痛を起こしやすくなってしまいます。

血管が拡張することで
脳の神経を圧迫することで偏頭痛が起こります。

ようは神経が刺激されるという状態と
言い換えることができますね。

頭が痛いということを繰り返していると
神経の興奮がどんどん積み重なっていき、

ちょっとした刺激で頭痛が起こってしまうのです。
頭痛が起こると、自然と
体中に力が入ってしまうというものが
人間というモノです。

頭痛に加えて肩こりが起こってしまい
首痛などの様々な症状をきたすようになります。

ちょっとした刺激でも
頭痛が起こってしまい、
とてもじゃないが仕事に手がつかなくなってしまう。

楽しむために飲んだお酒がいつの間にか
恐怖の偏頭痛の引き金になってしまう。

偏頭痛を放っておくと脳の血管や神経の
炎症を与えることにより
気付いたら脳梗塞を引き起こす可能性がある。

このようにお酒の頭痛がさらに
偏頭痛を引き起こしてあなたを苦痛にするという可能性を
考慮しておく必要があります。

 

ああそういえばお酒の頭痛に薬を使用することは意味があるのかということに対して

これまでお酒の頭痛の解消法をお伝えしてきました。

そこである質問があったのでここで答えを出しておきます。

その質問とは
そういえばお酒の頭痛は薬で解消することができるのか?という
ことについてです。

例えば

ロキソニン

バファリン

イヴ

などの頭痛薬を飲むことで
お酒の頭痛を解消できるかということです。

実際に2日酔いで頭が痛いということで

「バファリンを飲むわ」という人も
見たことがあります。

しかし結論いうと頭痛薬の使用は絶対にやめてください。

「どうしてなの?大分苦痛なんだよ」
と手をすがるような思いをしている人もいるかもしれません。

しかし飲んだ薬は腸で吸収されて
肝臓で分解をして、薬効を得るものとなります。

ここで肝臓という部分がフル活動しないといけない
ことが問題になります。

肝臓はすでに飲んだお酒によってボロボロに酷使されている
ことが多いのです。

そんな弱った肝臓が今度は薬という荷物を背負うことになります。

その結果。
薬効が十分に発揮できないということに加えて
副作用の方が強調されてしまい
逆効果となることが多いです。

ですから絶対にやめてくださいね。

「うーんなんか信じられないや」
というあなたは一度説明書を見てみてください。

※服薬は飲酒前後にしないようにしてください!
とたいていの説明書に記載されています。

 

でもどうしても薬を飲むことをあきらめられないあなたにはエカスというサプリがおすすめ

pclp1

お酒の頭痛をまぎらわせるために
薬は絶対に使用すべきでないということは
口酸っぱくお伝えしてきました。

でも
「なんか薬のようなものを飲むことで頭痛を解消したいんだ
だから何か飲み薬のようなものはないか?」

とあなたは考えたかもしれません。

そんなあなたにはサプリメントがお勧めです。

私の父親が愛用しているエカスというサプリメントを
おすすめします

 

お酒による頭痛を軽減するにはアルコール分解処理能力をあげること

「お酒をやめれないけど。
頭痛をなんとかしたいんだ!」

そんなあなたは、アルコールの分解能力をあげる必要があります。

ようはお酒を飲むことでたまるアセトアルデヒドを
分解する能力をあげることが大事ということです。

ようは2日酔いの症状に伴い
頭痛は出てきますから

その頭痛を解消するためには

2日酔いの症状を脱するということが先決になります。

そもそも日本人はアルコールを分解できない体質

あなたは知っていましたか?
そもそも日本人はアルコールそのものを
分解できない体質なのです。

ALDHには、アセトアルデヒドの濃度が高くならないと働かないALDH1と、濃度が低い時に働くALDH2があります。ALDH2の働きが弱いと有害なアセトアルデヒドを分解できないため、少量のアルコールを摂取しただけで悪酔いしてしまうのです。

実は日本人は、
アセトアルデヒドを分解する
ALDH2が約半数に不足していると言われています。

ようは、
5000万人近くがお酒に弱い体質と考えることができるのです。

つまり、ちょっとお酒を飲んだだけで
気持ちが悪くなったり、
アセトアルデヒドが分解できないから。

頭痛に苦しめられてしまうということになります。
ずきんずきんした痛みが
いつまでも続くかのような錯覚に陥ってしまいます。

 

肝臓の機能をあげてアセトアルデヒドの分解を助けてあげる

ただでも、アルコールの分解能力が不足している日本人が
どうすればアセトアルデヒドを少しでも早く分解して
頭痛から解放されるようになるか?

と助けを求めるとするのなら、
とにかく肝臓の処理能力をあげてあげる必要があります。

お酒を飲むことで
まずは肝臓がアルコールをせっせと処理することになります。

その勘蔵さんの負担を少しでも減らしてあげることで
アルコールの分解能力をスムーズにし、起こりうる
頭痛を助けてあげることができるのです。

 

エカスの厳選された成分でアルコールの分解能力をあげることができる

結論から言いますと
エカスサプリメントを服用することにより

アルコールの分解能力を飛躍的にあげることができるのです。

ではその厳選された成分を紹介していきます。

ekas_lp2_01

セロシアエキス・・・セロシアエキスには肝機能改善、肝障害抑制の作用があります。継続的に利用することでよりスピーディーに効果を発揮する厳選された成分と言えます。

ekas_lp2_02

 コメコサノール・・・米や大麦に含まれるワックスとしての成分と言えます。これはどういう効果を発揮するかというと悪玉コレステロールを下げるという役割もあります。

また肝機能を改善するという効果に加えてアセトアルデヒドを分解する働きも持つ現在もっとも注目を集めている成分と言えます。

ある検証においてコメコサノール摂取後
180分後にアセトアルデヒド量の検出値が

検出限界値以下になったという報告もされています。

ekas_lp2_02_1

さらにアルコールを分解する成分を
豊富に含んでいます。

ケンボナシエキス・・・東洋から民間薬として親しまれてきました。余分な水分を排出し2日酔いに効く成分として愛されてきました。

Lシスチン・・・Lシステインが結合したアミノ酸です。アセトアルデヒド分解に強力な効果を持ちます

DLメチオニン・・・商品から摂取しないといけない必須アミノ酸の一つです。肝臓の解毒を促進する効果を持ちます

ナィアシン・・・ナイアシンとはビタミン群の一種です。アルコールを分解するたびにナイアシンは消費されていくので分解能力をあげる時は必須の栄養素と言えます。

とにかくこれら肝機能をあげてアセトアルデヒドの分解を
促進させるための成分が絶妙のバランスで再現されています。

 

医師も進める期待のサプリメント

ekas_lp1_07

エカスは医学博士監修のもとで販売されている
2日酔いのサプリメントです。

内分泌をはじめとする
内科専門医の青木先生が進めている。

期待のサプリメントと言えます。

 

実際に私の父親が使用してみての感想

OZPA_otokohasenakadekataruiine_TP_V

では実際に私の父がエカスを使用してみての感想をレビューしていきます。

お酒を飲んだ翌日は必ずしも
頭を抱えては布団の中にもぐりこんでいた父。

朝起きると気持ち悪い喉の渇きと共に
頭痛を抱えて最悪のパフォーマンスを発揮していた
私の父親。

エカスを飲むようになってどのような効果が
見られたのでしょうか?

 

たくさん飲んだ次の日でも2日酔いが大幅に軽減され仕事で最高のパフォーマンスを発揮できるようになったということ

父が半信半疑で買ったエカスを飲み始めて
わずか次の日で2日酔いが大幅に軽減されたということです。

2日酔いがなくなったということは
それに伴うアセトアルデヒドによる

頭痛が大幅に軽減されたということなんです。

そんな頭痛が軽減された今では父親の口癖は

「たくさん飲んでも全然怖くない」

ということです。それも考え物ですが笑

仕事でも最高のパフォーマンスを発揮できて
夜の付き合いにもバリバリでこなしていく。

そんな父に会社の社員は羨望のまなざしで

見つめているということですから
この変わりようをみんなにみてほしいぐらいです。

朝の地獄のような気分が頭痛と共に解消される
あなたもエカスを飲んでみませんか?

OZPA_otokohasenakadekataruiine_TP_V

 

もちろんデメリットもある

「今の父を見ていると、本当にいいことだけしか
ないんじゃないか」
と思います。

しかし、実際にデメリットもあります。
いくら父が効果を実感したと言ってもやはり食事による
食べ合わせや、個人差など効果は必ずしも保証することはできない
ということです。

後は2日酔いにならないのでお酒を必要以上に飲みすぎてしまうということですね。

 

ただ私は全力でエカスをお勧めします!

 

購入を迷っているあなたへ

ekas_lp1_04s

「うーん買おうかな。楽天のストアで見てみるよ」
と言いたいところですが

残念ながら、アマゾンや楽天などの公式サイトでは
購入することはできません。

どこで購入できるのかというとエカス(ekas)の公式サイトです。

公式サイトであれば「1つ試したい」という人は

1個→380円で購入することができます。(送料込)
お得な5個セットなら1,900円(税込)の送料無料で購入できます。

ちなみにこれらお買得の購入は
全て公式サイトからになりますので

購入は公式サイトからよろしくお願いしますね。

↓    ↓     ↓
公式サイトからエカスを購入する

※追伸

この記事ではお酒で頭が痛くなる原因と
その解決策を記事にしています。

また「頭痛薬を飲めばいいんじゃないか」という質問が
ありますが逆効果になるので絶対にやめてください。

そこで即効性の高い
2日酔いサプリメントのレビューを紹介しています。
  

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

kenji

ユニクロのウルトラライトダウンが極めて大好きな31歳。 赤色が好きですが、性格は極めて内向的です(笑 ブログの世界ではわりと自分の考えが表現できるので、みんなの役立つようなコンテンツ作成していきますのでよろしくお願いします!!